【詳しく解説】あなたと子どもが繰り返すダメな行動パターンとは

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

以前インスタグラムでこのような投稿をしました。


「最近子どもが言うことを聞かなくて育てにくいと感じています…

親の接し方の何が影響しているのでしょうか?」

「ワガママで自発的に何かをやろうとしない子どもにイライラする日々です。

なるべく怒らないで付き合いたいと思っているのですが…

つい喧嘩っぽい言い方になってしまいます。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして子どもが言うことを聞かないのか

  • 親としてどのような行動を取ればいいのか

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 子どもが言うことを聞かないワケ

  • 怒らないで言うことを聞かせるベストな親の行動

が明確に分かります。


さらに

子育てがうまくいかずに疲れてしまった方は、下記の記事も一緒に読んでみてください。



どのような親の行動が子どもへの影響を与えるのか

兄弟姉妹で比べる

子どもが親の言うことを聞かない理由の1つ目は、兄弟姉妹間で比べるということです。

親自身が幼少期に、親から比べられて育った経験がある可能性が高いからです。


例えば、

「出来のいい上の子は可愛がってよく面倒を見てあげる。

その一方で、手がかかって育てにくい下の子はつい扱いが雑になっている」

「上の子の用事を優先して、下の子を家で一人で待たせる」

などです。


このようなケースの場合、特に下の子に恐怖感を植え付ける原因となります。

そして不安が強くなると子どもが自分の行動にブレーキをかけるようになります。


十分に愛されていないと感じている子どもはわざと問題行動を起こすことによって、

「私のことももっと見てよ!」

と親の愛情を必死で得ようとします。


問題行動を減らすためには、親にもっと愛情をかけてもらって

お母さん・お父さんは私(僕)のことが本当に好きなんだ!」

と身を持って感じる体験が必要になります。


親が子どもに愛情をかける詳しいやり方は、下記の記事で解説しています。

良かったら一緒にチェックしてみてください。



家族の誰かが傷ついていると、

その本人(親)ではなく、代わりの誰か(子ども)が問題を引き受けてしまう

ということがしばしば起こります。


親が自分の問題を受け入れて解決できるようになると、自然と子どもへの接し方も変わっていきます。


そして兄弟姉妹を比べることもなくなります。

世間体を気にして無意識に追い詰める

2つ目は、親が世間体を気にして子どもを無意識に追い詰めてることです。


世間体を気にする人は、姑や親戚から子どもの教育に関して何か言われるたびに気にして傷ついてしまいます。


それがきっかけで何をするにも一生懸命になります。

特に子どものことに関してはより熱心になって厳しく指導するようになります。


例えば、

「子どもが不登校になってしまった…どうしよう」

「何もしないでずっと家にいる子どもをどうにかしないと!」

などです。


実はこれらの悩みは子どものための悩みではありません。


親が自分の世間体を気にして

「なんとかして早くこの問題を直さなければ!」

と思っていることが多いのです。


子どもが不安や不満を感じ、それをどう解決していいか分からない時。

  • 言葉を上手に話せなくなったり

  • 人や物を叩いたり

などの症状が出ることがあります。


大人の場合は

  • 気の合う友達に愚痴をこぼす

  • カウンセラーに話しを聞いてもらう

などして自分で問題を解消する方法を考えつくことができます。


もし「私(俺)は子育てや夫婦関係の愚痴を話せる友達がいない」と悩んでいる場合、下記の記事も一緒に読んでみてください。



しかし子どもの場合は

周りの大人がうまく受け止めてあげないと、言葉にできない不満がどんどん溜まっていく

ということが起きます。


親の心に余裕ができて世間体を気にしなくなって他人の意見に左右されなくなると、親として自信が持てるようになります。


子どもを大切にすることは

  • 好きなものを買い与える

  • なんでも許してあげる

ということではありません。


  • ダメなことはダメ

  • できないことはできない

ときちんと子どもに教えることが大事です。


子どもの苦しみと喜びを自分自身のこととして一緒に抱えていくのが親の役目

だということを覚えておきましょう。

親の夢や希望を押し付ける

3つ目は、親自身が子ども時代に叶えられなかった夢を子どもに押し付けているということです。


例えば、

「有名な大学に進んで名の知れた企業に就職することが夢だった。

でも家庭の事情で大学進学を諦めた。」

という過去を持っている親がいたとしましょう。


そして自分の子どもができた時、

「自分の子どもには絶対に同じ辛い思いをさせたくない」

と思うようになります。


もちろん、子を守る親として子どもに苦しい思いをさせたくないと考えることは当たり前です。


しかし親の期待や思いが強くなりすぎると、

子どもがそのプレッシャーに耐えきれず押しつぶされてしまう

ことがあります。


子どもの勉強に力を入れる親の元で育った子どもは、勝ち負けにこだわるようになります。

「これが僕(私)が唯一できる親の期待への応え方なんだ!」

と子どもなりに解釈するからです。


この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親の行動が子どもをダメにしているときにやるべきこと

親が自分の問題と向き合う

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫婦関係を見直す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親になっても成長し続ける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親としての自分を責めない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

Add a Comment