よい人間関係を維持するコツ

   

気が合わない人のことをふと思い出すとイライラしてしまう。
どうやったら深入りしないでよい距離感を保てるようになるんだろう?

仲が良かった人たちから避けられる気がする。
どうしたらいいか分からなくて落ち込む毎日で深く考えないようにしたい。

とお悩みの方向けの記事です。

どうやったらよい人間関係を維持できるのか

相手のサインを読み取る

相手から出るサインを読み取ってブレーキをかけられるようになりましょう。

なぜなら、相手は自分の気持ちをくんでもらえたことであなたへの安心感や信頼感を取り戻すからです。


例えば、

「最後に話したときあの人の態度、素っ気なかったなぁ…」と感じた場合。


相手のそっけない態度にイライラしたりモヤモヤして焦って会話を続けようとしても状況は悪化するだけです。

そういうときは自分が一旦話すのをやめて、相手が話し始めるまで10秒待ちましょう。


そして「自分の会話が相手にとって負担になっているのではないか?」と考えてみましょう。


もし「最近少し相手に甘えて話しかけすぎていたかもなぁ…」と思った場合。

自分の行動にブレーキをかけてしばらくその人と話すのを控えてみましょう。


ある日突然相手に避けられてから「自分の行動は相手に負担をかけてたんだ。」と気づく人がいます。

相手からしたら、それが我慢に我慢を重ねて限界に達した末の結論なのです。

こういう状況が起きる前に事前に気づけるとよいでしょう。


こういうことを言うと、

「相手のサインはどうやって読み取るんですか?」

と言う人がいます。


✔︎相手のサインとは具体的に…

・最近メールの返信が遅くなったり文章が短くなった

・誘っても断られることが増えた

・個人的な質問をしてもあまり答えてくれなくなった

などです。


「どうせ自分のことじゃないし。」と相手への負担が重くなっていようとも

無視するのではなく、相手の最近の行動や言動に何か変化はないか読み取ってみましょう。

起きている問題を客観的に見る

起きている問題や状況を客観的に見ましょう。

なぜなら、起きている問題から目をそらして見て見ぬふりをしても状況は改善しないからです。


今自分に起こっている問題、もしくは過去に起こった問題ときちんと向き合ってそれを受け止めてください。

そして、過剰反応しないで事実を客観的に冷静にとらえることが大切です。


起きている問題を客観的に見るためには、自分の行動を振り返る力が必要です。

「行動を振り返る力」と言うと何か特別な努力が必要なように聞こえますが…

1.1で書いたように、

相手のサインを読み取れるようになれば自然と自分の行動を振り返られるようになります。


その問題から一歩下がって、木の上からその問題全体を眺めるような感覚を持ちましょう。


✔︎問題を客観的に見たときに…

・雑に扱われている(メールの文章や、話してるときの反応など)

・見下されている

かどうかを確認してみましょう。


「自分はこの人から大切にされてないかもしれないな。」と感じたらその人とは距離を置いた方がいいです。


自分が巻き込まれている問題を客観的に見ることは難しいです。

しかし、自分の考えていることと相手が求めているものはズレていることが多いということを理解しておくことも大切です。


「どうしても感情的になってしまって問題を客観的に見れない」という場合は、

身近にいる友人に相談してどう思うか判断をしてもらうのもよいでしょう。

最後の決断は自分で下す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

よい人間関係を維持したいときにやるべきこと

自分に合った相手を見つける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ポイント①気分や態度が一定しているか?

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ポイント②目線が対等で押し付けがないか?

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment