イライラを抑えるための感情のコントロール法【怒りは小出しにする】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「イライラが止まらないのを直したいです。

気にしないようにしようとしても、それが出来ません。

感情のコントロールの対処法が知りたいです。」

「イライラすると物に当たることがあります。

怒りがなかなかおさまらないので、悩んでいます。

どうやったらこういうことがなくせますか?」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうしてイライラがおさまらないのか

  • イライラを抑える感情のコントロールの仕方

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • イライラがおさまらず爆発してしまう3つの理由

  • 怒りの感情をコントロールする会話のテクニック

が明確に分かります。


さらに…

こちらの記事も一緒に読むと、イライラした時の対応法がより深く理解できます。



⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうしてイライラがおさまらないのか

気持ちを押し殺して相手に合わせてる

イライラすると物に当たったり、投げつけたり、蹴飛ばしたりしてしまう方は、

自分の気持ちを押し殺して(我慢して)相手に合わせることが癖になっている

という傾向が見られます。


そのため、本当の自分の気持ちが分からなくなっているんですね。


いくら相手との関係で不都合があったり、理不尽なことが起こっても、

「他人を傷つけてはいけない」

「失敗してはいけない」

「他人からの頼みは断ってはいけない」

「他人から好かれなければならない」

「自分の気持ちは抑えなければならない」

という思い込みを持っています。


イライラを鎮めるのが難しい方ほど、この思い込みが強いです。


しかし現実的に考えると、いくらあなたが

「他人から好かれなければならない」

と思って振る舞いを気をつけていたとしても、あなたのことをよく思わない人は一定数存在します。


また、「失敗してはいけない」と考えながら日々の行動に気を配っていても、失敗することはあります。

完璧な人間などいません。


そういう時は、

「他人から好かれた方がいいけど、好かれなくてもいい」

「失敗しない方がいい(成功する方がいい)けど、時には失敗することもある」

くらいに考えていた方が、心の持ちようが楽になります。


もし誰かがあなたのことをよく思っていないと知ったとしたら、それはそれで今からでも対策を打てますよね。


  • 距離を置く

  • 顔をあわせることがある時は発言に気をつける

などして無理に相手と仲良くしないようにします。


職場の人間関係や、ママ友同士の人間関係でこのような悩みを抱えている方は、下記の記事も参考にしてみてください。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/面倒くさい『女子』とのうまい関わり方【巻き込/
~ Window to the mind ~


また、たとえ失敗したとしても、

  • その原因は何だったのか?

  • 次はどうすればいいのか?

を考えることが大切です。

正しいNOの言い方が分からない

もしあなたが

「他人からの頼みは断ってはいけない」

「他人を傷つけてはいけない」

という考えを持っているのであれば、人からの頼みごとを断れなくてストレスが溜まることもあると思います。


正しいNOの言い方が分からないと、

自分のやるべきことで手いっぱいにもかかわらず
       ⬇︎
他人の仕事まで引き受けてしまい
       ⬇︎
結局全て中途半端になって終わらない

ということが起きがちです。


しかしNOを言うことは、相手の頼みごとを拒否するだけであって、相手の人格まで否定するわけではありません。


NOが言えなくてストレスを溜め込む方は、

相手の頼みを拒否する=相手の存在を否定する

という図式が勝手に出来上がってしまっています。


これはあなたが頼みを断られた時に

「私(俺)は嫌われてるんだ。

だからあの人は私(俺)の頼みを断ったんだ」

と考える癖がついてしまっているためです。


正しいNOの言い方 4ステップ

ベストなやり方は、ハッキリと早めに伝えることです。


ステップ①謝る

ステップ②断る理由を伝える

ステップ③断る

ステップ④代わりの選択肢を用意する


例えば、同僚から急な仕事を頼まれて断らなければいけない場合。

ステップ①謝る

「ごめん。
手伝いたい気持ちは山々なんだけど…」


ステップ②断る理由を伝える

「他の仕事が溜まってて、」


ステップ③断る

「どうしても残業できないから、手伝えそうにないんだ」


ステップ④代わりの選択肢を用意する

「一部だけなら手伝えると思うから、それでどうかな?」

「他の人に頼んでもえると嬉しいのだけど。」


こんな感じです。

あらかじめ話し方のパターンを作っちゃいましょう。

上記のステップをメモに書いて、困った時に見れるようにしておくと良いですね。

怒りが弱いうちに小出しにしていない

イライラが抑えられない方は、怒りが弱いうちに小出しにしていないことが多いです。


「怒りの感情をあらわにするのは社会人(大人)としてよくない」

などの”暗黙のルール”のようなものに縛られて、怒りを無理やり否定しようとしているんですね。


そうするとどういうことが起こるかというと、

怒りを感じそうになった時に

「こんな些細なことで怒るなんて大人気ないわよね~…」

と、意識的にわざと怒りを打ち消そうとするようになります。


このようにして日頃から怒りを表現しないようになると、怒りが蓄積されてある日突然爆発したりします。


それが、物に当たる、人に当たる、八つ当たりといった形で、相手には理解できない攻撃としてあらわれます。


イライラしたら怒ってOK

怒りには3段階あります。


この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

イライラを抑える感情のコントロールの仕方

自分と相手に〇〇ではなく〇〇をつける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

日常のイライラを左右する3つの自己表現

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

感情的にならず会話をする4つの流れ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

性格ではなく〇〇を変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment