パワハラを招きやすい行動パターンと対処法とは【相手の印象が変わる】

   

「上司への苦手意識が強く、うまくやれません。

私の仕事に対して真剣に向き合って指導してくれるのですが、言い方がストレートで怖いです。

気にしすぎて疲れてしまいます。

どうしたらいいでしょうか?」

「結果重視の上司と仕事の方針が合わなくて悩んでいます。

最近はイライラが抑えきれず反論してしまうこともあります。

どうやって負の感情を抑えればいいですか?」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして自分がパワハラに遭ってしまうのか

  • パワハラを招きやすいダメな行動パターンと対処法

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 上司にパワハラをさせてしまう危険な行動

  • めんどくさい上司の上手な扱い方

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうして自分がパワハラに遭ってしまうのか

結果をコントロールしようとする

上司からパワハラを受けて心身ともにヘトヘトになってしまう方は多いです。


でも、人間関係には自分の努力だけではどうしようもできない部分がありますよね。


  • 会う人全ての人に好かれたい

  • どんな相手でもうまくやろう

などと考えても、それって結構非現実的だったりしますよね。


あなたに非がなかったとしても相性が合うか合わないかという問題もあります。


ということは、上司との関係において一定の結果(うまくやっていきたい)を望んでも、それが実現するかどうかには色々な要因があるんですね。


「上司とうまくやっていけないのは、自分が人に好かれない性格だからだ」

「上司が私の仕事のミスばかり指摘してくるのは、私に何か欠点があるからだ」

と決めつけて落ち込むのは、はっきり言ってナンセンスですよ。

自分にばかり厳しい試練を与えている

こういう時は結果をコントロールしようとすることをやめるのが得策です。


結果というのは、

上司にイライラせずうまくやっていく

ということです。


一方で、過程(準備や努力)は自分でできる部分ですし、コントロール可能な部分ですよね。


結果だけで自分を評価し続けるとしたら、必要以上に自分を苦しめていることになりますよ。


例えば

[過程(準備や努力)]

  • 普段から挨拶をきちんとする

  • 書類を提出する前にダブルチェックをする

  • 遅刻や欠勤をしない


[結果]

  • 上司が評価してくれるかどうか

こんな感じですね。


「私は普段から上司や同僚にきちんと挨拶するし、書類もミスを防ぐためにダブルチェックするようにしてる。

仕事も一生懸命に取り組んでるし、適当にやってるつもりもない。

でも上司が評価してくれるかどうかは私の努力じゃどうしようもないことよね。

コントロールできないことまでコントロールしようとして心配するから不安になるんだわ…

上司に認められたり好かれるかどうかについて、コントロールしようとするのをやめてみよう。」

と考えます。


人間関係で不安になっている時には、

  • どこまでが自分の努力できる「過程」

  • どこからが相手や状況次第でコントロールすることのできない「結果」

なのかを整理してみましょう。


気持ちが落ち着いてイライラや不安が減っていきますよ。

自分と他人を違う物差しで見ている

いきなりですがこんな場面を想像してください。


あなたは今夜、友達と2人で人気歌手のライブに行く約束をしていました。


そのライブは初の東京ドームでの開催ということもあって、大人気のチケットであなたがやっとの思いで手に入れたものです。


でもあなたは当日の朝、熱を出してしまいライブに行けそうにありません。

チケットは2枚ともあなたが持っています。


しかも友達は東京ドームの近くで働いているので、仕事が終わり次第直接会場に向かう予定でした。


あなたは1時間かかる遠方に住んでいます。

こんな時、あなたならどうしますか?


「無理をしてでもライブに行く!」

「熱があるから行けないけど、悪いからチケットだけ届ける」

などなど、色々な意見が聞こえてきますね。


もしあなたが友達の立場ならどうしますか?

友達がライブのチケットを取ってくれて楽しみにしていたのに、当日の朝熱があるから行こうか迷ってると言われたら…


「そんな体調悪いなら無理しないで!

チケットは取りに行くから、家でゆっくり休んでなよ~。」

という言葉がとっさに出てくると思います。


少なくとも

「一緒に行かないんだったら、せめてチケットくらい届けに来てよね」

とは言わないと思います。


それなのに自分のことになると、自分にこのような厳しい言葉を浴びせる方が多いんですね。


自分に厳しく他人に優しいタイプですね。

いつも自分を犠牲にしてしまうので人間関係で気疲れしやすいです。


そういう方は

「もし相手の立場でも同じように思うか?」

と立場を変えて考える癖をつけるようにしましょう。


こんな感じで、自分と他人を違う物差しで見てしまう癖のある方は職場でもパワハラ上司のターゲットにされやすくなります。


「相手はOKだけど、自分はダメ」

という考え方が染み付いてしまっているからですね。


ここからはプレミアム会員の方限定で

あなたのどんな行動がパワハラを招く環境を作り出しているのか?

という解説をして、その対処法についてもご紹介していきたいと思います。


3日間無料トライアルもやってますので、ご興味があればチェックしてみてくださいね♪

パワハラを招きやすいダメな行動パターンと対処法

自分は〇〇〇〇〇と思っている

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

状況を俯瞰して〇〇〇の変化を体験

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

リスクの低い方法で〇〇〇〇〇を検証

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

上司からの依頼をうまくかわすポイント

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

イライラしたら〇〇〇〇をイメージ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment