他人にイラっとした時の対処法

   

他人の発言にイラっとした時に、どうすればいいか知りたい方へ。

周りの言ったことに腹が立ってしまう。

さらにひどい時には八つ当たりをしてしまう。

何かいい対処法があれば知りたい。 と考えていませんか?

他人の発言にイラっとした時どうすればいいのか

意見を曲げるのではなく受け流す

自分の意見を曲げるのではなく、相手の意見を受け流しましょう。

自分と相手は違う人間なんだと認めることで怒りを抑えられるようになります。

  

「同僚に、”まだ結婚しないの?子供は30までに産んだ方がいいよ”と言われた。」

「後輩に、”そんなこと知ってて当たり前ですよね?”と言われた。」

など、つい腹が立ってしまうような発言をされた経験がある方がいると思います。

イライラした時、言い返す勇気が出なくて言い合いになるのを避けようとした結果、

自分の意見を曲げてしまう方がいます。

「確かにあなたの言ってることがあってるかもしれないね。」

「そうですね〜。そっちの方が正しいと思います。」

など。

  

しかし、自分の意見は主張しても大丈夫です。

わざわざ相手の言うとおりにする必要はないです。

よっぽど感情的になって話さない限り、言い返したところで言い合いになることはありません。

 

「私はこういう風に思ってるんですよね。
 
 〇〇さんの言ってることはよく理解できます。

 そういう考え方があるのは思いつきませんでした。

 参考にさせてもらいますね。ありがとうございます。」

と言って受け流しましょう。

人の考え方や価値観はさまざまです。

誰とでも仲良くしようとすることは無理です。

「この人にはこういう考え方があるんだな〜」という風に軽く考えられるようになりましょう。

攻撃しない

相手を攻撃しないようにしましょう。

他人を攻撃することで何もない自分を奮起させているような人を相手にやりあおうとしても、

自分が疲れるだけです。

カッとなったら負けです。

相手のペースに巻き込まれてはいけません。

  

イラっとさせられたら、まずは10秒数えましょう。

怒りがおさまるまで待ちます。

腹が立った勢いで相手に言い返して取り返しのつかないことになってからでは遅いです。

人が相手に怒りをぶつけるときというのは、実はその相手に助けを求めようとしています。

  

「本当は助けて欲しいけど言えない」

だからその代わりに

批判的になったり、わざと意地悪なことを言ったり、八つ当たりすることで

相手にメッセージを送っているのです。

自分の考えに自信がなくて自分軸を持っていない人ほど、

他人の発言に感情的になりやすくなる傾向があります。

そしてそういう相手を攻撃しがちです。

何かを否定していないと安心できないからです。

 

しかし相手を攻撃するといずれそれが自分にも跳ね返ってきて苦しい思いをすることになります。

相手に言わせておけば良いのです。

イラっとした時の「ムカつく!」という負の感情は、

もっと他の大きな目標のための行動の燃料として使う方が賢いです。

感情を整理する

自分の感情を整理しましょう。

冷静になることで状況を客観的に見ることができるようになります。

他人に言われたことが気にかかると、そこから負の連鎖に入ってしまいます。

 

「言い分は理解できるけど、言い方がムカつく」

という怒りから始まって、

「そんなひどいことを言ってくるってことは、きっと私のこと嫌いに違いない。」

「イライラしてしまった後、どうして抑えられないんだろうと考えて落ち込んでしまう。」

といった心配や不安に襲われます。

自分の感情を整理するためには、自分の感情をしっかりと理解することが大切です。

  

怒りというのは二次感情です。

人は、その下にある本当の感情「寂しさ」「悲しさ」を隠すために怒りという感情を使っています。

だから、他人の発言に最初はイライラしていたのに、

家に帰って一人で考えていたらだんだん不安になってきた。 ということが起こるのです。

  

そして、感情を整理するためには感情を切り離すという作業を行うことも大事です。

特に、いつもイライラさせてくる人がいる場合、その人と話す時はあまり感情を入れないようにしてみましょう。

「意見を曲げるのではなく受け流す」の項で書いたように、

「この人にはこういう考え方があるんだな〜」と軽く流すと良いです。

イライラした時にセットでやるべきこと

相手からの評価を気にしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分のペースを貫く

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分に合ったストレス発散法を探す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment