余計な一言が多い人との付き合い方

   

どうやったら余計な一言が多い人とうまく付き合えるのか知りたいという方へ。

沈黙が続くのが嫌でつい余計な一言を言ってしまって後から後悔することがある。

おしゃべりで余計な一言で友達を傷つけてしまう子どもに悩んでいる。

子どもを叱るときに余計な一言を言う夫に困っている。

ついでに、余計な一言を言いそうになったら気をつけた方がいいことがあれば知りたい。 

と考えていませんか?

どうやったら余計な一言が多い人とうまく付き合えるのか

相手と戦おうとしない

相手と戦おうとしないでください。

余計な一言をわざわざ言って攻撃してこようとしてくる人は、実はあなたに興味があって

かまってほしくてやっている場合があります。

そういう人には戦うのではなく好意を向けてみましょう。

形だけでもいいので感謝の気持ちを伝えてください。

「ご指摘ありがとうございます。」「〇〇さんの意見いつも参考になります。」

など。


感謝されて嫌な思いをする人はいません。

そのうち「あの時余計なこと言いすぎたかな」と、相手の心の中に罪悪感が積み重なっていきます。

それに耐えられなくなった相手は好意を返してくれるようになります。

中には、もうこれ以上失うものがなくて捨て身で引きずりおろそうとしてくる人もいます。

そういう人を無視する力も必要です。


正面からぶつかり合うのではなく、相手の力を使って相手のバランスを崩し、

自分の有利な状況に持っていく方がよいです。

もし余計なことを言われて言い返したくなったら、相手に花を持たせていい気分になってもらうのです。

相手の攻撃にやられているフリをします。

無駄に戦って相手をさらに敵にしてしまって自分の将来を危うくするより、

相手を自分の味方にした方が、相手との仲も悪くならないし自分の未来も明るくなります。

なので相手と無駄に衝突しないように気をつけましょう。

相手を敵と思わない

相手を敵だと思わないようにしましょう。

対人関係において「敵」という発想は必要ありません。


人は否定されると否定した人に敵意を持ち、肯定すると肯定した人に好意を持ちます。

敵の言うことを素直に聞く人はいません。

敵意を持たれたら主張の内容など関係なしに話し合いにならなくなります。

人のことは否定しない方がよいです。

もし言い返したくなったら先に相手の意見を肯定してから自分の主張を述べてください。


相手を敵とみなすということは、相手を排除するという考えです。

これは人生経験の不足からくる勝手なイメージであることが多いです。

いわゆる「食わず嫌い」のようなものです。

歳を重ねて人生経験が増えるとともに人に対する寛容度も増えていきます。

敵とみなしてしまうほど苦手意識がある相手でも、

いざ飛び込んでみたらそれほど嫌いになれない相手だということもよくあります。

無理に好きになる必要はないですが、わざわざ嫌いになって敵とみなす必要もないです。

相手を敵とみなして、会社内で共通の敵を作ってグループの結束感を強めることは無意味です。

固定的な付き合いを深くするよりも、誰とでも柔軟に付き合えるスキルの方が大事だからです。

敵を作ってもいいことはないので、相手を敵と思わないようにしましょう。

自分の時間価値を考えてみる

自分の時間価値を意識して考えてみましょう。

他人に固執することは時間の無駄です。


1時間あったら何ができるかを考えてみましょう。

相手に余計な一言を言われて傷ついたり、その日1日中イライラしたりするくらいなら、

・英語の勉強をする

・本を読んでスキルアップを目指す

・恋人と楽しい時間を過ごす

・友人と趣味を共有する

など、自分の好きなことや好きな人に時間を費やした方が賢明です。

自分に与えられた時間は有限なので使い方を間違えるとあっという間に終わってしまいます。


例えば、

職場で上司や同僚に自分の作った資料に関して皮肉を含めた意見を言われてカッとなったとしましょう。

しかし退社するまでは何度も顔を合わせなければいけません。

そういう時は「お昼までの残り2時間はこのことについて一切考えない」という風に

時間を区切って強制的に思考を停止させましょう。

その2時間の間は自分の仕事に集中したり別の同僚に声をかけたりなど、

とにかくそのことについて何時間もダラダラと考えることを止めましょう。

余計な一言を言いそうになったら気をつけた方がいいこと

邪魔なプライドは捨てる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

お節介にならない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分を見失わない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment