夫婦関係を悪化させる3つのNGな行動と理想の夫婦のあり方とは?

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫は『夫婦仲過ごしたいね』と言ってくる割には、私の話を真剣に聞こうとしません。

喧嘩の原因は夫の勝手な言い分や行動なんです。

どうすれば悩まずに過ごせるようになりますか?」

「過去に嘘をつかれたことで、どうしても同じことを責めてしまいます。

結婚生活も長くなって、夫婦の夜の営みの方もマンネリ気味です。

価値観が合わないことが増えてきて、どうしたらいいか分かりません…」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どのような行動が夫婦関係を悪化させているのか

  • マンネリを解消して理想の夫婦になるためにやること

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 夫婦関係を悪化させている行動パターン

  • 浮気疑惑の夫を取り戻すコツ

  • 夜のマンネリを打破する方法

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どのような行動が夫婦関係を悪化させているのか

大事な話を平日にしようとする

仕事や子育てでストレスが溜まって、夫に相談事を持ちかけたい時もありますよね。


そんな時、聞いてるような聞いてないような曖昧な態度を取られたことはありませんか?


「私の話よりスマホのゲームの方が大事なの!?」

とイラっとしてしまいますよね…


夕飯やお風呂を終えて

「さて、ビール飲みながらテレビでも見てゆっくりするか~!」

というタイミングで

「ちょっと話があるんだけどさ…」

と切り出すのはあまり良くありません。


話を聞いてもらうためには、その場の空気を読むことが大切になってくるんですね。


些細なことがきっかけで夫婦関係が悪化してしまう人の特徴として、大事な話を平日にしようとする傾向が見られます。


仕事を終えた後はヘトヘトで、

「家ではゆっくり自分の好きなことをしてくつろぎたい…」

と思っていますよね。


そこに無理して割り込んで自分の話を聞いてもらおうとしても、適当な返事であしらわれてしまいます。


よほど緊急な場合以外は、平日の夜には込み入った話を持ち出すのは避けるのが無難です。


相談事は出来るだけ休日に話をすることをオススメします。

平日の夜は、自分のしたいことや体を休めることを優先にしましょう。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/助けを求めるのが苦手な人へ/
~ Window to the mind ~

家のリビングで真剣な相談をする

夫婦関係を悪化させるNG行動の2つ目は、家のリビングで真剣な相談事をしてしまうということです。


オススメなのは家以外の場所、例えば

ホテルのロビーやラウンジ

が1番良いです。


なぜかというと、比較的席と席の間にゆとりがあって適度な静けさが保たれている場所が多いからです。


話し合いをするにはもってこいの場所なんですね。


場所を変えると気持ちも切り替わるので、あえてテレビのないところを選べば夫も自然とあなたの話に集中してくれますよ。


あまり周りに人がいるところで話したくないような話題であれば、ゆっくり散歩しながらの相談も効果があります。


緑は人の心を落ち着かせる効果がありますから、一石二鳥です。


逆にオススメできない場所は

  • ファミレス

  • カフェ

のような、他のテーブルとの間が近すぎるところです。


周りに自分たちの会話が聞こえていないか気になってしまって集中が削がれます。

また、車の中も避けましょう。


車での移動中、話すことがなくてついつい相談事をし始める方もいるかもしれません。


しかし、車のような密閉された狭い空間だと、話題によっては険悪な雰囲気になりがちなので、話す内容には注意が必要になります。

話す前に要点が整理できていない

NG行動の3つ目は、話す前に要点が整理できていないということですね。


相談事が長くて愚痴や噂話になったり繰り返しが多いと、

「話長いなぁ…なんで怒ってんだろう?」

という感じで、相手が途中から興味を示さなくなる可能性が高いんですね。


相談事がある時はあらかじめ整理して、分かりやすく話せるようにしておくと会話がスムーズに運びますよ。


例えば、あなたが子供の将来について夫と話し合いたいと考えているとしましょう。


しかし最近の夫は仕事が忙しく終電帰宅も多いので、将来の話どころか週末の予定さえ立てられないような状況です。


日頃から夫婦で話し合う機会が少ないと、お互いに溜まった感情が一気に溢れ出ることがあります。


「ねぇあなた、子供の将来について話したいことがあるんだけど…」

       ⬇︎

「どうしていつもそうやって肝心な話を後回しにして、向き合おうとしないの!?」

       ⬇︎

「週末の家族の予定すら立ててくれないじゃない!」

       ⬇︎

「子供と全然遊んでくれないし…」

       ⬇︎

「私のこと考えてくれてないのね!」

といった感じで本来の相談事からどんどん話が逸れて、あなたの主張が夫にとって分かりにくくなっていきます。


次々に話題が膨れ上がってしまうと、まずその情報量に圧倒された夫はウンザリして喧嘩腰な物言いしかできなくなります。


こうなるのを防ぐために大切なのが「伝えたいことを事前に整理する」ということなんですね。


「今週の休みは、子供の塾について話をする」

というように、話題にしたいことを1つだけ選び、それだけに焦点を絞ってください。


焦点を絞ると具体的な話し合いができるので、夫も困惑することなくあなたとの話し合いに真摯に応じてくれるようになりますからね。


このようにして夫と建設的な会話ができるようになれば、マンネリ解消まであと一歩ですよ。


ここからはプレミアム会員の方限定で

マンネリを解消して理想の夫婦になるためにやること

をご紹介していきます。

マンネリを解消して理想の夫婦になるためにやること

浮気疑惑が出たら〇〇な妻を演じる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇をすると気が利く嫁と思われる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇〇〇までのきっかけ作りが命

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

2週間分の出来事を〇〇で〇〇する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ラブラブが復活するエクササイズ3選

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment