【会話上手】あがり症を克服する方法【自分の意見を言えるようになる】

   

公式LINEでは「今日の一言」を配信中

以下のアイコンをタップして
友だち登録をしてください♡

友だち追加

@482iugpe




心理カウンセラー みほへの
ご相談はこちらまで

オンラインカウンセリングサービス

相談するだけで、心が軽くなる

キャリア・恋愛・人間関係の悩みを
幅広くサポート




こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「私は20代の会社員です。

あがり症で、出番や発表前になると動悸と震えが止まらなくなります。

そのため何回も仕事を変えてきました。

知ってる人の前でも、人が多いと声が裏返ったり頭が真っ白になったり、息苦しくなります。

身近にできるあがり症を克服するトレーニングやアドバイスを教えていただきたいです。」


「特に思春期〜20代で緊張が強い人は多いです。

不安や悩みを多く抱えたり、緊張しやすくてあがり症になってしまうのは、そんなに珍しいことではありません。

それほど心配しなくても自然と治りますので、ご安心ください。」


本記事の内容

  • あがり症を克服する方法

  • 自分の意見を言えるようになるレッスン


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

あがり症を克服する方法

変な人と思われるのが怖いと思っていませんか?

あがり症の人は、「変な人」「みんなと違う」と思われることが怖いと思っている傾向があります。


みんなと同じように見られたいという意識が強いので、自分と他人の行動をいつも見比べてしまう。ということはありませんか?


そのために、「自分は変な人」と勝手に思い込んで、それをひどく気にしていることが原因かもしれません。


例えば会話する時、

  • 相手と目を合わせる時間が長すぎないか?

  • 頻繁に視線を合わせすぎないか?

などと、思いもよらぬことを気にしている人は結構多いです。


このように自分の細かい部分に目を向けると、「自分だけ変なんじゃないか?」という証拠を集めるようなことばかりに目がいってしまうんですね。


その結果、「やっぱり自分は変なんだ」という確信を強めることになってしまいます。


▼合わせて読みたい

逃げたいと思うと辛さが増すだけ

あがり症を克服するための大原則は、「逃げるのではなくぶつかっていく」ことです。


逃げたいと思っていると辛さが増してしまうんですね。


また、逃げていると、苦手な場面(例えば出番や発表の場面)に慣れる機会が失われてしまいます。


そのために抵抗力がつかず、対処力も磨かれないんです。


誰でも多かれ少なかれ人前に出る時は緊張するものです。


その緊張に対処することで、自信をつけていきます。


むしろ1人で閉塞的にしていると気持ちはどんどん落ち込んでいってしまいます。


苦手な場面を自分の成長の機会と捉えて、むしろ積極的に立ち向かっていきましょう!

「苦手な場面は成長の機会」

「たとえ心が傷ついても、命に別状はない」

そう覚悟を決めて、人の中に飛び込んでいきましょう。

嫌な気持ちを広がらせないようにする

とは言っても、やっぱり怖いですよね。


そんな方にやっていただきたいのが、「心の隔壁法」という心理的技法です。


これは緊張や不安の軽減に役立つだけでなく、その他のストレスや人生におけるいろいろな問題の対処にも役立ちます。


実際に私が自分でやってみて、多少なりとも効果があったものです。


やり方は以下の通り。

ステップ①:紙の真ん中に大きな円を書く

この円が自分の心全体を表します。


ステップ②:生活の領域をリストアップする

例えば、仕事、友達、健康、趣味など。


これらを円の中にそれぞれ書いて、領域として線で囲みます。

ステップ③:今心配していることを、該当する領域に書き込む

例えば、仕事で大きなミスをして頭の中はそのことでいっぱいだとしたら、仕事の領域に「仕事でミス」と書き込みます。

そうすると、問題は仕事のことであり、それ以外の領域とは無関係だということがはっきりと分かります。


これによって問題が小さく感じられるようになります。


ステップ④:対処法を決めて書き込む

例えば、「とにかく明日1番で上司に事情を説明して、指示を受けよう」と書き込みます。


そして、仕事でのミスは家で心配してもしょうがないから、今は家でゆっくり休もうと決めて、気持ちを切り替えます。

自分の意見を言えるようになるレッスン

心配なことがあると、それだけに心が占領されて他のことが手につかなくなりがちです。


ですので、まずは心の隔壁法を用いて気持ちの整理をしてみてください。


あがり症を克服するためには、苦手な場面から逃げないことが大原則ですので、自分の意見を言う練習も欠かせません。


これができないと大事な場面でチャンスを逃してしまいます。


ここからご紹介する方法を実践して、人前で自分の意見を言うトレーニングを行ってください!


大切なのは「〇〇たい」という気持ち

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

エクスポージャー法のやり方

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇な目標設定がポイント

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

あがり症を克服しなくても成功できる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

人生で〇〇を置くものを明確にする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment