【最近、不満が多い…】産後の旦那へのイライラを抑えるリセット方法

   

この記事を書いている人
– Writer –


東京都出身の心理カウンセラー

3年間心理学を独学後、社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

インスタグラムでは37,000人、有料ブログでは月間16,000人の方々の心の支援を行なっている。

「夫婦問題」「子育て支援」「自己成長」を中心に悩みの対処法を発信している。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「産後はうつのような状態が続いていたのですが、そんな中で育児の不安や辛さを夫に話したところ、『俺にはよく分からない』と言って聞いてもらえませんでした。

”俺は仕事を頑張ってるんだ”アピールがすごくてウンザリします。

どうすれば気持ちが楽になるのでしょうか?」

「産後、時短勤務を始めたことによって早めに家に帰れるようになったので、平日でも旦那と話す時間が増えました。

でも旦那との考え方とか、私への態度が気になって、好きではなくなりました。

どうやって改善したらいいですか…」

とお悩みではありませんか?


理想の夫婦像や結婚生活を思い描いていたのに、全然違う…なんて思うこともしばしば。

慣れない子育てに、やることなすことすべてイライラ。


でも子供が生まれてからも夫と仲良く結婚生活を送っている人もいます。

その違いって何なのでしょう?


この記事を読み終えた時にはその答えが理解できて、夫へのイライラがなくなって笑顔が増えることをお約束します。


本記事の内容

  • 怒りではなく、悲しみやショックをアピール

  • 理解のない夫への不満をなくすための感情リセット法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

怒りではなく、悲しみやショックをアピール

イクメン神話を捨てた方が楽になれる

出産して身も心もボロボロなのに、育児や家事を手伝ってくれない夫を見ているとイライラしますよね。


今時は夫も育児に熱心に取り組んで当たり前という概念が浸透しつつあります。

自分だけが夫選びに失敗したような気分に陥るのも仕方のないことです。


「もっと子供と私に関心を持つべきでしょ!

なんでいつも仕事ばかりで私の大変さを分かってくれないの!?」

と、つい口に出したり、言わないにしても無意識に言動にあらわれてしまうこともあります。


でも、すべてのことを最優先して育児に協力的な夫は現実的には決して多くないんですね。


あなたの周りの人の夫や、SNSで見つけた男性がイクメンに見えたとしても、実際のその人の生活ぶりや態度を見たわけではありません。


愚痴を言うのが嫌いで隠している人や、少し自慢したくて理想の話にすり替える人だっています。


周りの人と比べるとキリがないですから、「他人は他人。自分は自分」と考えることも大切です。


▼合わせて読みたい

夫は妻を助けられないことに挫折を味わう

そもそも男性は、仕事の効率や物事の達成に価値を置く傾向にあります。


自分の能力によって何か目標を達成したり成功してはじめて、満足感を得て自分に自信が持てるようになるんですね。


あなたが夫から気持ちを無視されると

「この人は本当に私を愛してくれてるのかな?」

「私なんてどうでもいい存在で、価値のない人間なんだ」

と悲しくなったり、イライラしたりしますよね。


それと同じように、男性は自分の能力が認められずに目標が達成できないことが続くと、

「自分(の能力)は認められていない」

と感じて挫折感を味わうんですね。


例えば、あなたが育児の大変さについて話し始めた場合。

「この問題の解決に失敗したら、妻を余計に傷つけるかもしれない…」

という恐怖に敏感になります。


夫はあなたのヒーローでいたいのです。


だから、あなたが落ち込んだりしている姿を見ると、それは自分のせいなんだと感じてしまいます。


「俺が妻にとって役不足なんだ」

という恐れを感じたくないがために、あなたの話(悩み)を聞こうとしないのです。


▼合わせて読みたい

言い返したり黙り込むのは喧嘩の元になる

夫が心ない発言をした時にやってはいけないことが2つあります。

その①言い返すこと

その②黙って聞き流すこと


その①言い返すこと

「その言い方はなくない?どういう意味!?」

と感情的に反論するのは喧嘩の元になります。


その②黙って聞き流すこと

あなたが何も言わないと

「妻も俺の意見に同意してるんだ」

「このくらいなら言っても大丈夫だな」

と思って、夫の心ない発言を増長させてしまいます。


そんな夫への対応として大切なのは、

「冷静になって、あなたの感情を一言だけ伝える」

ということです。


少し間を空けて

「それってすごく悲しいよ…」

「今のその言葉、ガッカリした…」

と言いましょう。


夫との関係がうまくいかない人は、これができていないです。


あなたがイライラすることで問題を大きくしたり、逆に黙ってストレスを溜め込むよりも、夫に自ら「悪かった」と思わせること。


それが重要なのです。


ここからはプレミアム会員の方限定で、妊娠・出産・子育ての大変さを理解できない夫との賢い接し方について解説していきます。

理解のない夫への不満をなくすための感情リセット法

100%夫と〇〇〇〇〇ことはないと意識する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇方を変えると夫の配慮が見える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「昔は何事も〇〇〇〇〇〇てくれた」が夫の本音

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫婦〇〇を意識して、世話を焼きすぎない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫には〇〇〇式の考え方があることを知る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment