【距離感が大事】結婚後、疎遠になった友達との付き合い方【サポート役】

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数46,000人)有料ブログ(年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「結婚を機に女友達が疎遠になるのはよくあることですか?

早くも2~3人から距離を置かれていると感じます。

時間が経てば元どおりになるのでしょうか?」

「仲の良い女友達が、結婚をしてからあまり連絡をくれなくなりました。

予定を断られることも増えてギクシャクしています。

どのような距離感で付き合ってけばいいのか分かりません。」

とお悩みではありませんか?


「この子は信頼できる。私のことを分かってくれる」と思っている友達が、結婚を機に疎遠になったら寂しくなりますよね。


「仕事ばかりの毎日で、このままでいいのかな」

「理想のパートナーを見つけるのは無理かも」

「頑張ってるのに報われないのはなんでだろう?」

そんな風に思ったことはありませんか?


実は多くの女性が同じような悩みを抱えています。


一生懸命生きている純粋な人ほど、つい頑張りすぎてしまうようです。


今回は「【距離感が大事】結婚後、疎遠になった友達との付き合い方【サポート役】」についてお伝えしていきたいと思います。


結婚も含め、将来に漠然とした不安がある人は最後まで読んでみてくださいね。


本記事の内容

  • 結婚後の女友達との付き合い方を教えます

  • ギクシャクしてしまうのは当然のことです

  • 将来への漠然とした不安を取り除く方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

結婚後の女友達との付き合い方を教えます

恋人ができると、突然その人中心になってしまうという女性は多いです。


なぜなら恋人は「他の人ではなくあなたがいい」と言ってくれる貴重な存在だから。


結婚するとなると「他の人ではなくあなたを生涯のパートナーにしたい」ということなので、ますますその程度は強くなります。


結婚してから態度が変わった友達に対して不満や嫉妬を抱いてしまうと、感情を振り回されて苦しくなります。


これはあなたと夫とどちらが重要かと比べられる話ではないからです。


今まで仲が良かったとしても、相手に無理に合わせて行動する必要はありません。


「前みたいに遊びたいと思えなくなった」と感じる時は、それに合った距離を取るのが適した時期なのかもしれません。


一種のスタンバイ状態に入るというイメージを持つといいと思います。


▼人間関係に悩んでいる人はこちらの記事もおすすめです。

ギクシャクしてしまうのは当然のことです

①友達の結婚を喜べず嫉妬してしまう

結婚してから友達と疎遠になった時、取り残されたような気分になることがあります。


「一緒だと思っていたのに裏切られた」とか「彼女ばかり幸せそうで羨ましい」という感情もあると思います。


人は、自分にとってネガティブな話を聞くと「もう傷つきたくない」という態勢に入ります。


それは警戒心や自信のなさとして表れることが多いです。


特に自分が結婚していない場合、どうしても意識が結婚に向きます。


「自分は結婚できるのかな?」

「こんな私ではきっと無理…」

と強く感じてしまうことも多いでしょう。


でも誰しもそういう気持ちを抱くもの。


「今はショック受けたからこんな気持ちになってるんだな」と捉えれば、必要以上に自分を傷つけなくて済みます。


その上で

「あなたは今でも私の大切な友達だから、誰にも話せないことがあったら相談してね」

と伝えて、自分の立ち位置を明確にしておくのもいいと思います。


▼感情のコントロールができない人はこちらの記事も一緒に読みましょう。

②結婚を妬んでくる友達に困っているなら

あるいは、あなたの結婚を妬んでくる友達に困っている人もいると思います。


例えば独身で仕事をバリバリする友達と、結婚を機に専業主婦になったあなた。


このようにライフスタイルが変わると疎遠になるというケースはよくあります。


でもどのライフスタイルが正解ということはありません。


ある人にとっては専業主婦が正解に見えるかもしれないし、そうでない人もいるでしょう。


友達の態度を正論として受け止めてしまうと、自分の人生を否定することになるし自分が間違ったことをしているような気にもなります。


友達からの非難や嫉妬に関しては

「それはあなたが考えていることなんだよね。

色々な考え方があるよね」

と捉えることが大切です。


冷たく聞こえるかもしれませんが、これが適切な境界線の引き方です。


基本的に、相手の人生を尊重して対立しないこと。


これがどの人間関係においても重要になってきます。

将来への漠然とした不安を取り除く方法

将来への漠然とした不安は、他人と比べるところから始まります。


「どうして何もしてない”あの人”の方が幸せなんだろう?」

そんな風に心が疲れてしまったら…


大前提として、他人と比べて得られる幸せはほんの一瞬だと知ってください。


「よく見られたい」と背伸びして頑張り続けても、あなたらしさはすり減る一方で軸はどんどんブレてしまいます。


不安を取り除く方法をマスターして、「自分はどうしたいのか」の基準を明確にしましょう^^


目の前の相手を〇〇の自分と思って接する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

不快な発言こそ、まず〇〇〇〇る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「 〇〇〇〇ないと怖い」から抜け出そう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇大丈夫という経験を増やす

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分の〇〇〇をしないように

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment