価値観を押し付ける人の心理と、ストレスにならない関わり方を徹底解説します

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「姑の口出しをうまく聞き流すことができません。

会うたびに子育てや生活のことにイチャモンをつけてきます。

夫は『言わせとけばいい。聞き流せ』と言いますが、言われた私はウジウジ考えてしまいます。

些細なことから大きなことまで嫌がらせをしてくる姑にストレスが溜まります。

どう対応していいのか分かりません…」

とお悩みではありませんか?


結婚して子供が生まれると一番面倒なのが、『夫の実家に顔を出しに行くこと』ですね。


夫の実家に行くと気を遣うので、どうしても姑や小姑の顔色を伺ったり、口出しされても黙って耐えたりすることもあります。


いわゆる大人の対応というやつですね。


平気で相手を傷つけているのに、それに全く気づいていない人はたくさんいます。


下手に反発すると

「細かいわねぇ」

「どうしてそんなことで怒ってるの?」

と言われるかもしれません。


そう思うとなかなか文句も言いづらいと考える方も多いですね。


そこで今回は、「価値観を押し付ける人の心理と、ストレスにならない関わり方」を紹介していきます。


本記事の内容

  • 黙って耐えたり見過ごしても、相手は変わらない

  • 相手の表情の変化や目の動きをよく観察しましょう


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

黙って耐えたり見過ごしても、相手は変わらない

価値観を押し付けるのは、わざとか無自覚か

自分の価値観を押し付けてくる人には、2種類います。

①悪意を持ってわざとあなたに迷惑をかけている

②自分の発言があなたを傷つけてることに気づかない

②の場合はただ単に鈍感な人であることが多いようです。


人間関係でストレスを溜めないためには、相手の発言にすぐ反応するのではなく

「相手の発言がどのような心理から来ているのか?」

を考えるようにすることも大切ですよ。


あなたのストレス源になっている、”あの人”は以下のどのタイプに当てはまりますか?

  • タイプ1:時間や物の貸し借りにルーズ

  • タイプ2:他人との距離感が近ずぎる

  • タイプ3:自分の思い通りに進まないと気が済まない

  • タイプ4:感情の起伏が激しく周りに気を遣わせる


▼合わせて読みたい

相手の自分勝手な行動を許してはいけない

自分の機嫌がいい時は親しげに話しかけてくるのに、機嫌が悪くなると途端にシャットアウトする人っていますよね。


不機嫌さを隠さないので、「感情のコントロールができない人」と思われがちです。


ですが、このようなタイプの人は実は相手や場所を選んで感情を表に出していることもあるんですね。


「感情のコントロールができない」のではなく、

「感情のコントロールをしなくてもいいと思っている」

ということなのです。


その原因として考えられるのは幼い頃の家庭環境です。


父親や母親が気分屋で突然ヒステリックになったり感情の波が激しいと、

「そういうのが普通なんだ」

「自分もそうしていいんだ」

と学び、今度は自分が周りに対して同じことをやるようになるんですね。


自分が幼い頃に親にされて嫌だったことを、別の人(例えば、あなた)に向けているということなのです。


このようなタイプの人の対処は難しいところですが、1番大事なのは、相手のそのような態度を許さないことです。


というのもあなたが許す限り、相手は

「私(俺)はそれをしてもいい特別な存在なんだ」

と思い込むようになり、状況は悪化していくからです。


▼合わせて読みたい

どんな心理が働いているのかを察すること

”あの人”は、どうしてわざわざあなたの嫌がることをやるのでしょうか?

「最近ちょっと部屋が汚いんじゃない?」

「その髪型、少しおかしくない?」

という発言をされると、デリカシーのない人という印象を持つのも当然のことです。


このような人は「相手をおとしめて、自分の価値を高めたい」という思いを抱いていることがあります。


例えば

「その髪型、少しおかしくない?」という言葉の裏には、「オシャレに気を使っている自分の方が上」という思いが潜んでいます。


「オシャレに疎いあなたには素敵な旦那がいるのに、自分にはいないのは納得できない」

とか

「仕事の面では勝てないけど、容姿では負けたくない」

というような思いが隠れていることもあるんですね。


あなたに対して「自分は正しい」という価値観を押し付けずにいられないのは、相手自身が人生に対する不満を感じているからなのでしょう。


このような背景があることを知らずに相手と関わろうとすると、軋轢が生じやすくなります。


なので、まずは「相手の発言がどのような心理から来ているのか?」を考える癖をつけるようにしてみましょう。


それだけでストレスは軽減するはずです。


ここからはプレミアム会員の方限定で「価値観を押し付けてくる人とストレスなく関わるコツ」について紹介していきます。

相手の表情の変化や目の動きをよく観察しましょう

〇〇〇〇の発言はあなたへの嫉妬があるサイン

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

一段上に立って、怒りではなく〇〇〇を表す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

気を遣って相手の人生を〇〇する必要はない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇そうな相づちで返して期待を裏切ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

人生に恨みを抱く前に〇〇を小出しにする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment