話を聞いてくれない夫が話を聞いてくれるようになる方法。難しいスキルは不要

   

この記事を書いている人
– Writer –


東京都出身の心理カウンセラー

3年間心理学を独学後、社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

インスタグラムでは37,000人、有料ブログでは月間16,000人の方々の心の支援を行なっている。

「夫婦問題」「子育て支援」「自己成長」を中心に悩みの対処法を発信している。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫が話を聞いてくれなさすぎて、夫に何かを話したい、共感したいという気持ちがなくなってしまいました。

夫が話す時は私はできるだけ話にノッたり質問したりします。

でも夫は私の話をただ”聞いている”だけ、全く盛り上がりません。

自分の知らない話はケチをつけたり否定したりするので、嫌になります。

これから仮面夫婦になりそうで不安です…

何か対策があったら教えてください。」

とお悩みではありませんか?


本記事の内容

  • どうすれば夫は話を聞いてくれるか?を考えよう

  • 「話を聞いてくれて優しい夫」に変えて夫婦円満になる


本記事を読むことで

  • 夫があなたの話を聞かない理由

  • 夫があなたの話を聞くようになる方法

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうすれば夫は話を聞いてくれるか?を考えよう

妻のイライラを助長させる、夫の決まり文句

「そんなことで心配する必要なんてないだろ~」

「お前の言いたいことは分かったよ。

なら〇〇〇〇すべきだよ」

「なんでお前は他人に対してそういう付き合い方しかできないんだよ。

だからそんな目に遭うんだよ。

直した方がいいよ。」

など、夫からこんなことを言われるとイラッとしたり悲しくなったりますよね。


そしてこんなふうに思い始め、夫婦のすれ違いが始まります。

no-img2″>
 <figcaption class= あなた

「あなたは私のことなんて少しも思ってくれてないのね」

no-img2″>
 <figcaption class=

「そんなことないよ!お前のことをちゃんと考えてるよ。

第一、今こうやってお前の問題を解決しようと色々頭を悩ませてるのが、分からない?」


no-img2″>
 <figcaption class= あなた

「いつも理屈ばっかりで、あなたには情がないわけ!?」

no-img2″>
 <figcaption class=

「それの何が悪いんだよ!

お前はこの問題を他にどういうやり方で解決しようと思ったんだよ?」


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/夫婦仲が良いと子供も幸せに育つ%E3%80%82夫が惚れ直す/
~ Window to the mind ~

命令口調は夫の抵抗を強くさせてしまう

不毛な争いは疲れます。


夫があなたをないがしろにするのは、愛していないとか、全く気を遣っていないというわけではありません。


もちろん妻のことは気になっていますが、それを表現する時間と心の余裕がないのです。


男性は家庭が安定している時、仕事にもっと精を出すようになります。


一生懸命に働いてより多くのお金を稼ぐことが、妻や家族の幸せにつながると考えているからですね。


仕事モードに入っている時に、妻から命令口調でものを頼まれていい反応を示す男性はあまりいません。


たとえ妻の要求通りのことをしてあげようと思っていたとしても、妻の態度が気にくわないとすぐに「ノー」と答えてしまうのです。


例えば

「テレビを観ながらご飯食べないでよ!」

「下着のままウロウロしないでくれない?」

など、自分では言葉を選んで丁寧な言い方をしたつもりでも、思いもよらない誤解を生むこともあるということです。


▼合わせて読みたい

話は簡潔に。長くなるほど拒絶が増える

男性は、

  • 自分のやったことが「当然のこと」ではない

  • 妻が喜んで感謝してくれている

ということが分かると、妻の話をもっと聞いたり、頼みに積極的に応えてあげようとします。


もちろん初めからこのような反応を期待してはなりませんが、命令口調で頼みごとをせず、忍耐強く接していくうちに少しずつそうなっていきます。


夫に頼みごとをする時のポイントは3つあります。

その①タイミングを選ぶ

その②命令するような口調で頼まない

その③用件は短く分かりやすくする


夫に助けてほしい時や自分の抱えている問題について話す時は、変に回りくどい言い方は避けましょう。


「私のことを大切に思ってるなら、夫の方から手を差し伸べてきてくれるはず」

と思い込むと、夫に対して丁寧な口調で頼みごとをすることを怠けるようになります。


夫が変わるまで待つのは簡単ではありませんが、自分の心を変えることは自分の意思次第でいくらでもできるはずです。


「これまで色々努力してきたけど、やっぱり変わらなかったんです」

という方は、今まで間違った知恵や方法でやってきたからです。


今その知恵や方法を変えていかないと、3年後に夫婦のすれ違いが悪化して離婚する可能性が上がります。


ここからプレミアム会員の方限定で、夫があなたの話をもっと聞くようになって夫婦円満になる秘訣について解説していきます。

「話を聞いてくれて優しい夫」に変えて夫婦円満になる

自分に〇〇〇は期待されていないと思っている

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫は〇〇ないし、〇〇〇ないと動かない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

単なる情報提供ではなく〇〇を直接伝える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇感は露骨に出さない方が望みが叶いやすい

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

反抗的な態度を〇〇〇〇として受け取らない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment