困った行動を繰り返す子供は愛情不足や発達の遅れがある?真相を解明します

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「子供が同じことを何度もしつこく繰り返したり、友達を叩いたりします。

発達障害なのかと思って検査をしましたが、異常はありませんでした。

他のお子さんは注意すればすぐに言うことを聞くみたいです。

私の育て方が悪かったのか、周りに話しても理解してもらえず、この悩みにどう対応したらいいか困っています。」

とお悩みではありませんか?


困った行動を繰り返す子供にイライラしないで接するのは忍耐力がいりますよね。


しかし、怒りをぶつけないことは親子の信頼関係を築く上で重要なポイントの一つです。


子供の気持ちを理解したいなら避けては通れない道であり、同時に子育てへのストレスを感じているお母さんにとって一番の難所でもあります。


というのも、困った行動を繰り返す子供は

「お母さんは本当に僕(私)のことを見てくれてるのかな?」

という点をしっかりとチェックしているからです。


もし子供の小さなサインを見逃してしまえば、知らず知らずのうちに親に対して不信感を抱くようになってしまいます。


子供に心を閉ざされないためにも、ポイントを事前に学んでおきましょう。


今回は「困った行動を繰り返す子供は愛情不足や発達の遅れがある?真相を解明します」を解説していきます。


本記事の内容

  • 怒らなくても子供に気持ちを伝える方法はあります

  • 愛情不足や発達の遅れはお母さんの愛情でカバーできる


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

怒らなくても子供に気持ちを伝える方法はあります

周りの心ない言葉にプレッシャーを感じている

先に結論から申し上げると、困った行動を繰り返す子供は愛情不足、もしくは発達の遅れがあります。


お子さんの困った行動や育ち方について自分を責めてしまう親御さんが非常に多いです。


お話を伺っていると、その引き金になっているのはほとんどの場合、周りの人からかけられた心ない言葉なんですね。


両親や親戚からの言葉にプレッシャーを感じてしまう方もいるようです。


「お母さんのせいで子供がこんなことになっちゃって、かわいそうね…」

「よそのお子さんと違うのは、あなたが甘やかしすぎたからじゃないの?」

など。


困った行動を繰り返すお子さんのことを思って、普段からあなたは育児に奮闘しているはずです。


大切なことは

周りの意見に流されず、あなたのペースでお子さんを見守っていくこと


たとえ他の子と違っても構わないと思えるようになることが、お子さんの成長につながる第一歩です。


▼合わせて読みたい

まずは親が子供の行動に理解を示すこと

「愛情不足だからあなたの今までの愛情のかけ方が悪かった」

というわけではないし、

「発達の遅れがあるから我が子は他の子とは違う育て方をしなければならない」

ということはありません。


親子の信頼関係が作られれば自然と困った行動は軽減していきます。


信頼関係を作る場合、まず子供自身が親から受け入れられていると実感できることが前提となります。


一見すると子供はあなたと一緒に行動できているように見えても、実はあなたのことを受け入れていないということもあるんですね。


子供自身は自分の思い通りに行動しているだけで、要求が通らないと大騒ぎするようになります。


あなたが子供の言いなりになるのではなく、子供の気持ちを受け止める。

そして子供もあなたの気持ちを受け止める。


このような相互のやり取りができて初めて信頼関係が作られたことになります。

「怒る」のではなく「叱る」ことを心がける

「叱っても仕方がないと頭では分かっていても、心のブレーキが効かなくて、子供といる時は愚痴まじりの小言が出てしまうんです…」

もしあなたにそのような自覚があるのであれば、自分ばかりを責めないでください。


子供を叱りそうになったら、まずは3回深呼吸をしましょう。


そして「怒る」と「叱る」の違いを知って、うまく「叱る」ように心がけてみましょう。


  • 「怒る」は、自分の感情をただ子供にぶつけているだけ

  • 「叱る」は、冷静に子供を正しい方向に導こうとすること


例えば

友達とトラブルになった時は

「お友達におもちゃを貸してあげられるかな?」

「キレイな言葉を使おうね。

ママはこう言った方がいいと思うよ。」


食器を落としてしまった時は

「大丈夫?怪我はない?

ビックリしたね…

一緒に片付けようか」


大切なものをなくした時は

「せっかく買ってあげたものがなくなって悲しいなぁ。

どうしたらなくならないか、一緒に考えよう」

こんな感じですね。


怒らなくても、子供に親の気持ちを伝える方法はいくらでもあります。


まずは上記の例を参考に、お子さんが困った行動をした時のあなたの言い方を今すぐ変えましょう。


今から変えないと、お子さんが大きくなってからもっと深刻な問題行動を起こすようになってしまいますよ。


ここからはプレミアム会員の方限定で、親子の信頼関係を作りながら愛情を注ぐ方法について解説していきます。

愛情不足や発達の遅れはお母さんの愛情でカバーできる

友達を叩いた時は子供と一緒に〇〇をする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本人の〇〇を認め、助けを求める方法を教える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

同じ行動を繰り返したら〇〇を貼って対応

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

不安なことを質問するのは〇を〇〇してるから

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇しをやめてこれからできることを考えよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment