夫婦なのに価値観が違いすぎると思ったら、どうやって歩み寄ればいいの?

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫婦間で日常生活での細かな摩擦が生じて、喧嘩になることがよくあります。

私はどちらかというと神経質な方で、食事のマナーや家事のルールについて、夫に色々と口出しをすることがあります。

ですが夫は仕事が忙しくストレスも溜まっているようで、なかなか改善してくれません。

夫婦なのにどうしてこんなに気を遣わなきゃいけないのか理解できません。

こんなことが一生続くのでしょうか…」

とお悩みではありませんか?


長年一緒に生活をしていると、どんなに仲の良い夫婦でも夫への不平不満は出てくるものです。


そんな時、つい「夫が変わってくれれば私も変わるのに…」と思ってしまいがちです。


ですが相手を変えることって難しいですし、喧嘩を防ぐために自分の意見を言うことを我慢するのもストレスが溜まりますよね。


実はもっと簡単に解決できる考え方があるのです。


今回は、「夫婦なのに価値観が違いすぎると思った時に、上手に歩み寄るコツ」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 相手の感情を受け入れてから自己主張しよう

  • 価値観の合わない夫に歩み寄る時のポイント


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

相手の感情を受け入れてから自己主張しよう

結婚当初は相手の価値観に近づこうとしがち

将来のことを考えて堅実にお金を貯めたいあなたに対して、無頓着としか思えないほど大ざっぱにお金を使ってしまう夫。


家事を手伝ってくれるのは嬉しいけど、食器の扱いが乱暴な夫。


あなたの都合も考えないで、仕事や友人との付き合いを優先してしまう夫。


no-img2″><figcaption class=

「私、最近こんな音楽を聞いてるの♪」

no-img2″><figcaption class=

「ヘ~」


あまりに冷淡なほどに興味を示さない夫に、

「裏切られたような感じがします…

結婚前の夫はあんなじゃなかったのに。

私を騙していたのでしょうか?」

と思ってしまう女性は多いようです。


もちろん騙していたなんてことはありません。


もしかしたら釣った魚に餌はやらないという心理が影響している可能性もありますが、だからと言って妻を騙そうとしたわけではないでしょう。


お互いが強く惹かれ合っている状態である結婚前というのは、どちらも無意識のうちに相手の価値観や好みに近づこうと努力するもの。


▼合わせて読みたい

喧嘩はしていいが、コツを抑えることが大切

以前インスタグラムでも何度か投稿していますが、夫婦喧嘩にはコツがあるんですね。


喧嘩の始まりはお互いの主張のぶつかり合いもあるかもしれませんが、喧嘩も盛りになるとただの感情のぶつかり合いになってしまうことも多いのではないでしょうか。


感情の爆発という点で言うなら、どちらかというと女性の得意科目(女性の方が感情を表に出すのが上手)です。


なので、夫婦喧嘩のとりあえずの勝者は妻になりがちです。


とは言っても夫も負けてばかりはいられませんから、言葉で勝てないとなると肉体の力で抵抗するしかなくなります。


追い詰められると、間接的な暴力や威圧的な態度などでその場をしのごうとする夫も増えてくるわけです。


価値観が合わないことが原因で、互いに悔しさや痛みばかりが残ってしまう喧嘩になることを避けるためにも、

「喧嘩は感情のぶつかり合い」

ということをしっかりと確認しておくと良いと思います。


「こうあるべき」

「こうしなくちゃいけないのに、こうしてほしいのに、してくれない」


これらは喧嘩の始まりにしばしば行き交う言葉であり、これらの言葉の裏に潜んでいるのは、

「自分の思っていることを受け入れてくれない」

ことに対する悲しみや虚しさがあるのかもしれません。


▼合わせて読みたい

自分の感情を一旦脇に置けるかどうか

では、価値観が違う夫にイライラしたら、どうやって歩み寄ればいいのか?


それは夫婦喧嘩のコツを知ること。

つまり「夫婦喧嘩は感情の押し付けあい」ということを知ること。


価値観が違ってもうまく折り合いをつけてやっていけている夫婦は、この点を必ず理解しています。


  • 「そういうこともあるよね」

  • 「言われて初めて気づいたよ」

  • 「なるほど、そうね」

こんな言葉を差し出しながら会話を展開するのがコツです。


「でも夫は私の思いを分かってくれようとしないんです」

そう嘆く方は、夫を分かろうとしていないのかもしれません。


夫を分かろうとしないでいながら、夫の思いや感情を受け入れないでいながら、でも自分の思いや感情は受け入れてほしいと考えているのかもしれません。


「自分の思いや感情を脇に置いて、相手の感情や思いを受け入れることから始められる人」

のことを、大人と言うのではないでしょうか。


価値観の違いからイライラや夫婦喧嘩が増えた方は、まずはこのことを理解して実践できるようになりましょう⭐︎


ここからはプレミアム会員の方限定で、【価値観の合わない夫に歩み寄る時のポイント】についてご紹介します。

価値観の合わない夫に歩み寄る時のポイント

結婚後は〇〇を閉じて良い面だけを見せ合う

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫婦の会話は〇〇〇〇〇〇を意識した内容で

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

退屈は当たり前?お互い〇〇〇〇ことをやる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫の価値観は〇〇〇ではない。と割り切る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

育ち方の違いを考慮して新しい〇〇〇を作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment