夫からの暴言を我慢する?3つの効果的な言い方で理想の夫婦関係を作る?

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「怒ると暴言を吐く夫に困っています。

『お前なんかどうでもいい』『なめてんのか!』と言ってきます。

冷静になると謝ってくるのですが、正直だんだん恐怖に感じてきて夫の顔色を伺うことも増えてきました。

私の気持ちを汲み取ってくれないのでそのことを伝えたら、『お前の言い方が曖昧なんだよ』とズレた回答が返ってきます。

妻の気持ちを夫にわかってもらうのは、無理なのでしょうか…」

とお悩みではありませんか?


暴言を吐く夫、いわゆるモラハラ夫に悩まされている女性は結構います。


きちんと謝って反省するような誠実な夫の場合、周りに相談したところで

「いい旦那さんじゃない」

と言われて終わり…なんてこともあると思います。


夫が1日中ずっと暴言を吐いてくるというよりは、


夫に言われたことが心に残ってそれを引きずって時間を無駄にしたり

場合によっては1週間もそのことを引きずってしまうということもあるのではないでしょうか。


もちろんコミュニケーションの問題もありますが、夫婦間のトラブルにおいては自分がどれだけ気持ちをリセットできるかということが大切になってきます。


今回は「夫からの暴言を我慢する?3つの効果的な言い方で理想の夫婦関係を作る?」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 夫の暴言への対処法は3つあります

  • 支配的な夫に対して自己主張できるようになる方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

夫の暴言への対処法は3つあります

「ちょっと話してもいい?」の前置き

夫が文句を言い始めたなと思ったら、「ちょっと話してもいい?」と前置きしてから話し始めるようにしましょう。


「私だってやらなきゃいけないことがたくさんあるの!」

などと言うと、自分が非難されたと勘違いして余計にイライラする夫が多いからです。


夫が暴言を吐く原因は、あなたへの期待が裏切られた(と思っている)からです。


もっと俺に感謝してほしい、尊敬してほしいという気持ちが背景にあります。


なので「ちょっと話してもいい?」と前置きをしてから話し始めるということは、夫への敬意を示すことになるんですね。


「今日、〇〇(子どもの名前)と日中やったこと話してもいい?

でも先に断っておくけど、いまの生活に私は満足してるし、あなたを責めてるわけではないからね。」

このようなフレーズを加えると、イライラしている夫も耳を傾ける努力をしてくれます。


自分が一生懸命働いてきた以上、妻は幸せであるに違いないと思っている場合も多いです。


そういう時に妻から「ちょっと話してもいい?」という前置きがないと、たちまち欲求不満になってしまうんですね。


▼合わせて読みたい

何をしたらいいのかを伝えてあげる

不機嫌モードに入っている夫と話す時は、話を切り出す前にあらかじめ「あなたにこうしてほしい」と伝えることが大切です。


「あなたは何もわかってくれないじゃない」

という言葉を何度も聞かされた夫は、反射的に自分を守ろうとして暴言を吐くようになるからです。


「あなたは何もわかってくれないじゃない」という言葉の本当の意味は、

「いま私はアドバイスとか解決策がほしいわけじゃないってことを、あなたはわかってくれないのね」

ということなのです。


ですが、夫はこれを「妻は俺の頑張りにケチをつけている」と勘違いして文句を言うようになります。


まずはちょっと立ち止まって、

「間違って伝わってたのかもしれない。

もう1回同じことを別の言い方で言わせて?」

と声をかけてみるといいでしょう。


▼合わせて読みたい

いますぐ解決策はいらない旨を示す

いますぐ解決策がほしいのではなく、ただ話を聞いてほしいだけという旨を夫に示す必要があります。


とは言っても「黙って話を聞いてちょうだい!」なんて言い方をすれば喧嘩になるのは簡単に想像がつきますよね。


相手に意見を伝えたり頼み事をする時はタイミングが重要です。

①夫にも1人になる時間が必要だと理解する

②夫がやってくれることに口出しをしない

この2点をおさえておくことが大事です。


女性の場合だと誰かと話すことでストレスを発散しますが、男性の場合は1人になって考え込むことでストレス発散をします。


あなたが夫の力になろうと頑張れば頑張るほど、逆効果になってしまうこともあるということなんですね。


最近夫の暴言が増えたり不機嫌モードに入っている時間が長いと感じたら、

「いまは放っておいてほしい時期なんだな」

と考えるようにしましょう。


そして夫と話し終えた後は「何も言わなくていいからね」と一言伝えてみてください。


こうすることで夫はあなたの前で身構える必要がなくなり、わざわざ声を荒げてまで妻と会話をする必要はないということに気づけるようになります。

支配的な夫に対して自己主張できるようになる方法

今の夫婦生活に不満を抱くのは、あなたのせいではありません。


妻の気持ちを考えずに一方的に感情をぶつける夫が原因です。


ですが今のうちにそのような夫に自己主張する方法を知っておかないと、老後に熟年離婚する可能性が上がります。


今からプレミアム会員の方限定でご紹介する【支配的な夫に対して自己主張できるようになる方法】を読んで、理想の夫婦生活を手に入れてくださいね。


》プレミアム会員への登録はこちら

夫の発言を理解するには〇〇が必要

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇を整理して話題を切りかえる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫からの批判には〇〇〇で交わそう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分の中の〇〇〇が暴言を悪化させる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇での思いが夫婦関係に出ている

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

Add a Comment