夫とうまくいかない…仮面夫婦の関係を修復する方法。愛される妻はこっそり実践中

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「結婚して7年経ちますが、今は夫婦としての生活をしていません。

お互い働いていて休みが違うので基本的にすれ違いです。

以前はよく遊びに行ったりしていましたが、ここ数ヶ月は必要以上の話はしません。

話しかけても、なんだか変な空気が流れます。

犬とはすごく楽しそうに会話しているのが余計に腹が立ちます!

どうしたら普通の仲良し夫婦に戻れるのでしょうか。」

とお悩みではありませんか?


最近ではコロナの影響で状況が変わり、今まではお互いに仕事で別々だったのに

家で仕事をするようになってからずっと一緒にいるというご夫婦もいると思います。


朝から晩まで一緒にいると距離が近くなりすぎて、ストレスが溜まりがちです。


大切なのは相手のことをどのくらい理解しようと努力しているか?ということです。


相手のことを理解できると、その分だけ自分の言いたいことを上手に伝えられるようになります。


長く付き合うほど夫のことがわからなくなってしまうのは、観察力が低下しているからです。


実は結婚生活が長くなればなるほど、一緒にいる時間が長くなればなるほど、観察力をアップして自分の言いたいことをちゃんと言わなければならないんですね。


そこで今回は「夫とうまくいかない…仮面夫婦の関係を修復する方法。愛される妻はこっそり実践中」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 仮面夫婦の関係を修復する3ステップ

  • 夫から愛される妻が夫婦円満のためにやっていること


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

仮面夫婦の関係を修復する3ステップ

①仮面夫婦になった原因を考えてみる

仮面夫婦になった原因やキッカケについて考えたことはありますか?


たとえば

  • お互いに自分の時間を大切にしたい

  • 家の中の居心地が悪い

など、今の状況にいたるまでに何かしらの原因があったはずです。


夫婦が共に人生を歩んでいく上で大切なことは、同じペース(歩幅)で進むということ。


「最近、夫婦らしい会話がないな~」

と感じた時になんとか話題を作って会話をしたけど、かえってギクシャクしてしまった…というご夫婦は多いです。


夫婦の会話の中でも最も難しいものが、夫へのアドバイス


妻として、女性として、良かれと思って言った言葉が逆効果に働いてしまうこともあるんですね。


そんな失敗を防ぐためには以下の2つのことを知っておくことが大事です。

  • その1:アドバイスするタイミングに気をつける

  • その2:沈黙が1番のアドバイスになることもある


男性は何かトラブルが発生したりストレスが溜まると、自分の殻に閉じこもって1人で考え事をしたがる傾向にあります。


なので

「そういう時は〇〇したらいいんじゃない?」

「私だったら△△するかな~」

という発言が余計な助言だと感じてしまう夫も中にはいるわけです。


夫から「お前はどう思う?」などと意見を求められた時にだけ提案するようにすると、意外とすんなり会話ができたりするものですよ^^


▼合わせて読みたい

②2人で共通の話題を積極的に作る

「ずっと黙っている夫を前に、何も言わずにいるなんて我慢できない!」

という人は、積極的に共通の話題を作ってみるといいと思います。


2人とも自分のやりたいことをやめて新しいことに一緒に挑戦することがポイントですよ♪


というのも、どちらか一方が自分のやりたいことをやめて相手に合わせるとなると、のちのち喧嘩の原因になるからです。


あなたが無理して夫のサッカー観戦に付き合ったり、ゴルフを勉強したりする必要はないということですね。


何か2人ともやったことのない趣味や習い事を見つけて、一緒にゼロから始めてみることをおすすめします^^


インドア派なら、同じ本を読んだり映画を観て感想を話し合ってみるのもいいですよね~。


アウトドア派なら、一緒に近くの公園に散歩に行ったりスーパーまで買い出しに行くのもいいと思います。


▼合わせて読みたい

③自分の「会話スタイル」を振り返る

そしてもう1つ重要なのが、自分の「会話スタイル」を振り返ってみるということ。


たとえば

  • 自分が普段、話している内容

  • 話を聞く時の姿勢

などですね。


気づいたら誰かの悪口や噂話が多くなっていたり、話題が偏っているということはありませんか?


あるいは、夫は自分が一通り話してからでないと妻の話が聞けないという傾向はありませんか?


挨拶がないのであれば、最低限「おはよう」「おやすみ」だけでも言うように心がけてみましょう。


3ヶ月続ければ今より状況は改善されているはずです。


夫婦の会話は議論とは違って勝ち負けを決めるものではないので、極力楽しむ姿勢を忘れないようにしてくださいね^^


それでもどうしても仮面夫婦から抜け出せないという人は、意外かもしれませんが親との関係を見直してみるのもいいでしょう。


会話スタイルの癖は親との会話の仕方にそのまま表れていることが多いからです。

夫から愛される妻が夫婦円満のためにやっていること

数ヶ月も夫婦の会話がないからと言って、離婚を真剣に考える必要はありません。


月に1回10分だけでも2人で話せる時間が作れれば、まずはOK◎


夫婦の距離感がわかってくれば、会話が少ないことに違和感を覚えることも少なくなります。


浮気やギャンブルもしない誠実な夫と関係をやり直したいなら、今がチャンスですよ!


親との間で作られた〇〇〇〇が大きな要因

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

お互いの「〇〇〇ー〇〇〇〇ド」を癒そう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

強い絆を生むには〇〇を見せることが大切

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

愛され妻=痛みを越え自分を〇〇にできる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分を縛る〇〇〇〇は、こうやって変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment