もし夫が私の心を映し出す『鏡』だとしたら?制限を外せば自由と幸せが増える

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫との夜の夫婦生活について悩んでいます。

夜の夫婦生活なしで一生やっていけないし、愛されてるとも思えないと夫に伝えました。

ですが『今はそういう気分になれない』と言われました。

私はそれを理解できず、数年に一度爆発して夫を責めます。

真面目にぶつかって話してほしいです…」

とお悩みではありませんか?


「しばらく黙っていれば、いつか戻ると思い続けていた」

「夫を責めてるけど、話し合ってくれない」

と言っている方がいますが、ハッキリ言ってそのスタンスですと夜の夫婦生活の問題は改善しません。


これは多くの方が誤解しているのですが、

「夫婦としての会話が減るから、手繋ぎやハグなどのスキンシップがなくなっていく」

という事実を、みなさん知らないのでしょうか?


どうも、スキンシップがない=愛情がない=価値観が合わない=夫婦の会話がなくなる…と考えているようです。


しかしこれは全くの誤解です。


価値観が合わなくてもスキンシップを日頃から取る夫婦はいますし、夫からの愛が感じられないと思っても積極的に夫婦の会話をしようとする夫婦もいます。


今回は、夫婦がすれ違う原因と、「自分への制限をなくして、夫とのラブラブを復活させる方法」について解説します。


本記事の内容

  • 夫によって幸せレベルが上下すると思い込まないこと

  • 自分への制限をなくして、夫とのラブラブを復活させる方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

夫によって幸せレベルが上下すると思い込まないこと

気に入らない態度を気にせずに生きていけるか

①最近夫といると疲れる

②夫には用件だけのメールを送っている

③夫の表情の変化まで見ていない

④普通に喋っているつもりなのに、怒鳴り声と言われた

⑤夫のことは自分が1番よく分かっている


突然ですが、上記の文章に3つ以上当てはまった方は本記事を要チェックです!


毎日顔を合わせる夫が、自分の想定外の言動や行動を取ると「気に入らない」と思うことがあります。

  • 夫がつまようじでシーハーする

  • 臭い足をボリボリ掻いた手でお茶を飲む

  • 便座を下げない

  • 会話中に「お前には分からないことだから」と言う


このようなことが気になって仕方ない場合、あなたはストレスが溜まりますね。


自分が受け入れられない言葉や仕草をいかに気にせず生きていくかが、円満夫婦とギスギス夫婦の分かれ道になります。


とは言っても、想定外のことを受け入れるのはなかなか難しい…

そんな時はモナリザの微笑みを真似してみるのも良いかもしれません。


▼合わせて読みたい

年経っても夫婦は他人ということを忘れない

夫婦は他人です。


他人だから恋愛関係に発展し、浮気問題には腹を立て、自分だけをもっと愛してと欲求がエスカレートしていきます。


離婚を踏みとどまった方の理由を聞いていると、

「夫は私とこんなに感じ方が違うんだと認めた瞬間、スッと楽になった」

という方が多いということに気づきました。


よく価値観が一緒とか、趣味が合うという言葉を聞きますが、それは生活全般に合うというわけではないようです。


例えば、妻は綺麗好きで毎日お風呂に入らないと気が済まないのに、夫は2日1度しか入らずそれで十分清潔だと思っている。


夫は野菜の煮物が好きで生野菜は苦手だが、妻は生野菜でないとビタミンが摂れないと言ってサラダばかり作る。


などなど…


いちいち

no-img2″><figcaption class=

「直してよ!」

no-img2″><figcaption class=

「お前が我慢しろ!」

と言い合うことは不毛です。


目の前にいる人は違う人。

  • 「自分の感情を押し付けない、要求しない」

  • 「相手は違う人」

と毎日唱えましょう。


▼合わせて読みたい

子どもを褒める感覚で夫を月2回褒めてみる

もし夫があなたの心を映し出す『鏡』だとしたら…?


夫のことを褒め続けたら、夫もあなたのことを褒めてくれるようになるかもしれません。


子どもを褒める感覚で夫のことを褒めてみると、意外と夫婦円満が進むケースもあるのです。


見えないプレッシャーを背中に乗せたまま『夫』という役割を担っている男性も多いはず。


「あ~疲れた…もういっぱいいっぱいだ…」

と限界に達する前に、以下のような褒め言葉を月2回は注入しましょう。


「あなたが頑張って働いてくれてるから、安心して子育てできるよ」

「パソコン直してくれてありがとう。
さすが理系の頭の良さ、実感!まいりました~」

子どもを褒めるのが上手な方は、きっと夫のことを褒めて気分上々にさせてしまうパワーも持っているはずです⭐︎


夫にイライラしたらモナリザの微笑みを真似し、

不毛な言い合いになったら「相手は違う人」と唱え、

子どもを褒める感覚で夫を月2回褒める。


夫との関係がギクシャクしている人は、これらをもっと実践していきましょう。


また、本記事を読んでいる方の中には、夫とのすれ違いで夜の夫婦生活に問題を抱えている方もいると思います。


そんな方のために、ここからはプレミアム会員の方限定で【自分への制限をなくして、夫とのラブラブを復活させる方法】をご紹介していきます。

自分への制限をなくして、夫とのラブラブを復活させる方法

冷やかしや驚きに動じず一緒に〇〇〇に入る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

いかに子どもの〇〇を気にせずできるかが肝

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

夫婦の会話を弾ませる雰囲気は〇〇にはない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇会話ができてこそ大切な話ができる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇に触れながら気持ちを伝えると効果UP

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=
One Comment

Add a Comment