自己嫌悪になった時の脱出法

   

どうすれば自己嫌悪をやめられるのか知りたい。

自己嫌悪に陥っていてそんな自分が嫌になる。

仕事がうまくいかなくてイライラしたり落ち込んだりを繰り返している。

抜け出せないのが辛い…。

ついでに、何か、自己嫌悪を繰り返すのを防ぐ方法があったら知りたい。 と考えていませんか?

なぜ自己嫌悪に陥ってしまうのか

完璧主義者で無価値感を持っている

完璧主義の人は自己嫌悪に陥りやすいです。

「完璧を求めるあまり、仕事を期限内に終わらすことができない」

「育児に追われて、掃除や料理をきっちりできない自分が許せない」

などのように、責任感が強いので周りからのプレッシャーを過度に受け取ってしまいます。


自分に期待しすぎるのをやめましょう。

自分がいくら完璧を求めても完璧にはなりません。

「自分が頑張ったところで大したことはできない」

と知り、最初から完璧にこなすことは不可能だということを理解しましょう。

肩の力を抜いてこだわりをなくすと楽になります。

また、完璧主義が起こるときは自分の価値を自分で認められていない場合もあります。


ほぼ終わりかけの作業に、

「これがまだダメだ!」「これはもう少し修正しないと」

と足りないものに目を向けてわざわざ忙しくてしまうのは、無価値さからきています。

「与えられた仕事をきちんとこなさないと嫌われるのではないか?

必要ないと思われるのではないか?」という恐れが隠れています。

全て完璧に行おうとすると疲れてむしろ全てが中途半端になるので、

60%できればオッケーくらいにハードルを下げて作業を行うと良いでしょう。

誰かと比べて劣等感を抱いている

他人と比べてばかりいると、自信がなくなる上に劣等感が増します。

「友達が少ないことにコンプレックスを感じている」

という人は、他人に振り回されないライフスタイルを持っているということです。

薄っぺらい話しかできない友達が10人いるより、心を許してなんでも話せる友達が1人いる方が良いです。

友達が少ない=中身のない人間ではありません。


「SNSで他の人の華やかな生活を見て、自分は一体何やってるんだろうと考えてしまう」

インターネットが普及した今だからこその悩みですが、

SNSというのはその人の人生のハイライトだけを集めたものです。

他人の良いところだけを見てそれを自分の悪いところと比べるのは意味がありません。

また、劣等感を抱いているということを悪いことだと捉えないようにしましょう。

なぜなら、劣等感を持っているということは

相手よりも上に行きたいという向上心があるから生まれるものだからです。

このことを踏まえておくと、

「あ〜また他人と比べちゃった。自分ダメだな〜」

という悪いループにハマってしまうのを防ぐことができます。

他人に勝つことより自分に勝つことを考えましょう。

一番比べていい対象は過去の自分です。

1年前の今の自分と比べて自分はどれだけ成長しただろうか?

という視点で物事を考えるようにしてみましょう。

子ども時代に十分な自己肯定感が育まれなかった

子ども時代に親から無条件で愛情を受け取ることができなかった子どもは、

自己肯定感が育たないまま自己嫌悪を植え付けられて大きくなることがあります。

「誰のおかげでここまで育ててもらったと思ってるの?」

「お母さんはあなたのためを思ってこんなにしてあげてるのに…」

「お父さんはお前たちのために毎日辛い思いをして働いてるんだぞ!」

というような言葉を聞かされて子ども時代を過ごした人は、

自分は価値のない人間なんだという思いを抱えながら成長していることが多いです。


親から認めてもらったと感じることが少なく、

そのままの自分を受け入れてもらえない経験をしています。

そのせいで大人になった今でも

「いい人でいなきゃ認めてもらえない」「人の期待に応えなければいけない」

という思い込みで苦しんでいます。

子ども時代にどれだけありのままで生きられたかが、その人の自己肯定感の高さにつながっています。

自己嫌悪になってしまう原因に、自分の子ども時代が影響していることがあるということを知りましょう。

どうすれば自己嫌悪をやめられるのか

応援してくれる仲間に囲まれる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自己否定する人と付き合うのをやめる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分に自信を持つ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←
One Comment

Add a Comment