いつも上から目線の”あの人”の上手な扱い方。人間関係で消耗しないためのコツ

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「上から目線のママ友の対処法が知りたいです。

自分の息子は完璧なのか、よほど自分に自信があるのか分かりませんが…

プライドがかなり高くて自分が一番でないと気が済まないようです。

どのようにしてそういう人間は作り出されるんでしょう?

放っておけばいいという意見もありますが、できればそうではないアドバイスが欲しいです。」

とお悩みではありませんか?


ママ友という関係は、子どもの保育園や小学校、住む場所などを変えない限り、続いていくものです。


苦手な人との関係を続けていくというのは、非常に労力のいる行動です。


「向こうから連絡がこない限り自分からは関わりたくない…」

と思ってしまうのも無理はありません。


ですが、ハッキリ言います。


簡単に縁を切れるような関係だったり、逃げられる状況(例えば引っ越すなど)でないなら、相手のペースに巻き込まれないように対策を打つべきです。


中途半端な気持ちで無理して頑張るのが、一番ダメ。

ママ友同士の人間関係に悩んでいるのは、相手も一緒です。


だったらあなたが先手を打ちましょう。


今回は、「人間関係で消耗せずに、上から目線の人と関わる方法」についてご紹介いたします。


本記事の内容

  • 上から目線でいることが許されると思っている

  • 人間関係で消耗せずに、上から目線の人と関わる方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

上から目線でいることが許されると思っている

相手の気持ちを想像する余裕がない

上から目線の相手を上手に扱うと言っても、まずは相手がどのタイプに当てはまるのかを知っておく必要があります。


私は、上から目線の人は大きく分けて3つのタイプがいると思っています。

その①相手の気持ちを想像できない無神経タイプ

その②他人の価値観やライフスタイルを否定するタイプ

その③『他人の物は自分の物』というジャイアンタイプ


その①相手の気持ちを想像できない無神経タイプ

例えば、おでこに吹き出物ができてしまった時。


「疲れてるみたいだけど大丈夫?

何かあったらいつでも声をかけてね」

と言っておけばいいところを、

「肌荒れてるね~!」

と平気で言ってきます。


何も言い返せないような歳下・目下の人にばかり絡んで「何を言っても大丈夫」という状況を作ることもあるようです。


▼合わせて読みたい

自分を正当化せずにいられないほどの不安

その②他人の価値観やライフスタイルを否定するタイプ

例えば、専業主婦の友人から働いていることを非難される場合などです。


「子どもが小さいうちは母親がそばにいてあげるべき」

というように自分の価値観の正当性を訴えて、それを相手にも押し付けようとすることがあります。


その③『他人の物は自分の物』というジャイアンタイプ

人に親切にしてもらうのが当たり前のことだと思っていて、ケチだったり、噂好きだったりするのを隠そうともしません。


「これちょうだい」

「ちょっと貸してよ」

というのが口癖で、自分のお金や物は極力使わずに他人から貸してもらって済ますことも平気でやってしまう人です。


▼合わせて読みたい

心は子どものまま年齢だけ大人になった

どうして上から目線の人が存在するのでしょうか?

それはきっと「許されることを前提としている」からだと思います。


例えば、良識のある大人なら

  • 「相手が嫌がることをズケズケと言う」

  • 「勝手に他人の物を使う」

ということはしないはずです。


ですが、先ほど紹介した3タイプの人たちは、良識ある大人なら持っているであろう『普通の感覚』が欠落しているのかもしれません


そう考えると

「心は子どものまま、年齢だけ大人になってしまった人」

と解釈することもできますよね。


上から目線の人は、土足で相手の境界線に入ってくることが多いです。


基本的なところですが、

「自分の物」と「他人の物」をきちんと分ける意識

を持つだけでも状況が改善されることもあります。


「そんなこと言われなくても分かってますよ」

と思った方もいるかもしれませんが、こういう基本的なところでちょっと気を抜いた途端、目の前の相手が”上から目線の厄介な人”に落ちていくのです。


ポイントは

「自分とはまったく違う感じ方をする人もいる」

ということを理解した上で、相手との境界線を見直してみることです。


そして、ここからプレミアム会員の方限定でご紹介する【上から目線の人の上手な扱い方】を学んで実践すれば、人間関係で無駄なエネルギーを消耗しないで済む方法が分かりますよ。

人間関係で消耗せずに、上から目線の人と関わる方法

責任を追及される前に過剰な〇〇は断る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇することの本来の意味を教えてあげる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を説明してから相手の意見を尊重する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の〇〇を汲み取って受け入れてあげる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

現状の〇〇を受け止めてもらう体験をする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment