子どもに友達がいない?大切なのは親が子どもを思いやりながら育てること

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「子どもに友達がいません。

子どもに聞いたら『友達なんていらない。作らない。』と言います。

たまに誰もいないところで一人で会話をすることがあります。

子どもに友達ができないのは親の責任なのでしょうか。

友達を増やしてあげたいのですが、どうすればいいのでしょうか。」

とお悩みではありませんか?


我が子の友達関係は、親にとっても興味深い問題であり心配のタネですよね。


友達関係は、人が一生を生きていく上でとても大切なものです。


いくら頭が良くて才能があっても、友達とうまくやっていけなかったらそれを生かすことはできません。


なぜなら仕事は一人ではできないからです。


我が子が成人して社会に出た時に苦労しないためにも、事前にポイントを抑えて勉強しておきましょう。


今回は『思いやりのある子どもに育てる方法』をご紹介します。


本記事の内容

  • 親子関係こそがすべての人間関係の基礎です

  • 「もし自分だったらどうか?」と想像してみる


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

親子関係こそがすべての人間関係の基礎です

親の前以外での子どもの姿を把握する

「うちの子は一人でいることが多くて、友達がいるのか心配です…」

という悩みを解決するために必要なのは、

『我が子の現状をできるだけ詳しく理解すること』

です。


というのも、子どもの現状を正確に把握できるようになると問題が解決に進むことが多いからです。


学校で嫌なことがあっても、テストの点が悪くても、先生に叱られても、友達と楽しく遊んだりすればもう元気は回復です!


子どもが悲しいのは友達とうまくいかない時です。


たとえ一人で遊ぶのが好きな子でも、誰かとうまくいっていない時はそれを楽しむこともできなくなってしまいます。


とは言っても、親は子どもの「親の前での姿」しか見たことがないので、我が子の本当の姿を知らないということもあるでしょう。


特に我が子の友達関係については、現状を把握するのも難しいと思います。


▼合わせて読みたい

友達ができない子どものタイプ4種類

ではここで、まずは「友達ができない子ども」のタイプを見ていきたいと思います。

  • タイプ①
    友達がほしいのにできない。
    特に避けられている様子はない

  • タイプ②
    友達がほしいのにできない。
    どうやら避けられている様子

  • タイプ③
    もともと一人でいる方が好き。
    必要に応じて友達と遊んだりすることはある

  • タイプ④
    そもそも友達をほしがらない。
    一緒に遊んだりする気もない


実は、もともと友達といるより一人で何かをしている方が好きなのに、親が心配しすぎてその子のペースを乱してしまっているケースもあるんですね。


その反対もあり得ます。


子どももなかなかそういう気持ちを表に出さないので、親も何も手立てを考えることができないまま過ぎてしまうこともあるようです。


我が子がどのタイプか分かったら、それぞれ以下のような対策を打ってみましょう。


▼合わせて読みたい

子どもの気持ちを思いやりながら改善

タイプ①の場合

「特に避けられている様子はない」という部分に着目してあげることが大切です。


あとは友達を作ったり、友達付き合いを続けたりするスキルや自信を身につけられれば良いでしょう。


タイプ②の場合

お子さんが避けられる理由が何かということを探る必要があります。


例えば、いじめられやすい要素として以下のようなものが挙げられます。

  • 不潔な感じがする

  • 持ち物や服が汚れている

  • 引っ込み思案

  • 気が弱く、嫌と言えない

  • だらしがない

  • マイペース

  • 自分勝手で思いやりがない

  • その場の空気が読めない

  • 自慢が多い

  • 冗談が通じない

  • 運動が苦手

  • 年齢より幼いか、大人びている


これらはあくまで一部ですが、もしお子さんにこのような要素が見られる場合、親子で改善に努めることが大切です。


タイプ③の場合

それほど心配する必要はないと思います。


親としては一人の時間が充実するように手助けしてやることも大切でしょう。


そういう時間が充実すると、気分転換に友達と話したり遊んだりすることも多くなりますよ。


タイプ④の場合

もしかしたら病的なものも考えられるので、医療機関で診てもらうべきです。


まず正しく判断してもらわないと、いつまでもああでもないこうでもない、と悩み続ける時間ばかりが長くなってしまいますからね…


我が子に友達がいなくて心配になった時は、まずお子さんが4タイプのうちどれに当てはまるのかを見極めることから始めましょう。


その後に、今からプレミアム会員の方限定でご紹介する【思いやりのある子どもに育てる方法】を学んで、子どもの友達との関係をうまく調整するスキルを磨いてあげましょう!

「もし自分だったらどうか?」と想像してみる

〇〇で平気でいられる力を身につけよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

誰かといないと、〇〇なのかもしれない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

子どもの〇〇体験を全力で手助けしよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

寄せるべき〇があることが自信に繋がる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親が〇〇〇を意識すると子どもも真似る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment