子育て中のイライラをコントロールする。感情のリセットボタンを用意しよう

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「ちょうど2歳離れた兄弟を育てています。

2人とも可愛くてとてもいい子なのですが、私がどうしてもイライラしてしまい、上の子に当たってしまいます。

泣いているのを見て無視したり、気持ちに寄り添おうと思っても気持ちが追いつきません。

母親としてやってはいけないと頭では分かっているのですが、やめられません…

何か対処法はありますか?」

とお悩みではありませんか?


子どもにイライラしたり、可愛いと思えなくなってしまう自分は、母親失格なんじゃないか…


そう考えてしまうこともあるでしょう。


ですが、お母さんも人間ですから感情的になることがあるのは当たり前のことです。


言うことを聞かない子どもにイライラしながらも、しっかりと愛情を注いで親子の信頼関係を築けているお母さんも世の中にはいます。


そのような方のお話を聞いていると、ご自分の怒りをコントロールするのが上手だな~という印象を受けます。


今回は、「子育て中のイライラを上手にコントロールする方法」について解説していきます。


本記事の内容

  • 真剣に子どもを思うお母さんほど悩みが深くなる

  • 子どもの前で怒りを上手にコントロールする方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

真剣に子どもを思うお母さんほど悩みが深くなる

泣くのはよくないと言われて育った

心に余裕がなくなって子どもにイライラしてしまう、という親御さんからの悩みは非常に多いです。


特に子どもが泣く姿を見るとムカッとしてしまうようです。

「泣いて思い通りにしようとしているように見える」

「私を困らせようとしているように見える」

と感じることもあるかもしれません。


このような感情が出てきやすいお母さんは、もしかしたらご自身が子どもの頃に、

「泣けばいいと思うな!」

「うるさい。泣くんじゃない!」

と言われて育ち、泣くことはよくないと思っているのかもしれません。


子どもが泣かなくなったら、確かに楽です。


でも、泣かなくなるということは、「感情を抑圧して何も感じなくなる」ことにつながるんですね。


そうなると、悲しみや不安を感じなくなると同時に、楽しさや喜びも感じなくなって、無表情な子どもになっていってしまいます。


子どもが泣いているのは、自分の思いをうまく言葉にできていないからなのかもしれません。


▼合わせて読みたい

怒れるのは、嫌われない自信があるから

また、イライラした勢いで子どもを怒ってしまうことに罪悪感を持つお母さんもいます。


「怒らないで子育てをするためには、どうしたらいいですか?」

というお悩みはよく受けますが、私が思うに、まったく怒らないというのは無理なのではないでしょうか?


ですが、感情をあらわにして怒れるというのは、

  • 家庭が安心できる場になっている

  • 子どもを怒っても嫌われない自信がある

ということだからだと思います。


親子の信頼関係ができていれば、多少怒っても修正がききます。


なので、怒らないことに労力を割くよりも、信頼関係を作る方にエネルギーを注いでいきましょう。


怒りすぎたなと思ったら、心を込めて謝れば良いのです。


あまり自分を責めすぎず、

「今度同じことがあったらどうしたらいいかな?」

と考えてみてはどうですか?


▼合わせて読みたい

まずは自分の頑張りを認めて褒めること

本ブログでも何度も

「親子の信頼関係を築くためには、褒めることが大切です」

という話をしています。


ですが、

「子どもを褒めようとすると、モヤモヤした気持ちになってできない」

というお母さんも中にはいらっしゃるようです。


そういう時は無理に子どもを褒める必要はないので、まずは自分の頑張りを認めて褒めてあげることが大事かなと思います。


「あまり褒めすぎたら、子どもが甘えてしまう」

そんな風に思っているのかもしれません。


きっと自分に厳しく頑張り屋さんのお母さんなのでしょう。


「私はもっと頑張ってきた。

褒められなくても、認められなくても、歯を食いしばってきた」

という思いがあると、悲しさや羨ましさが湧き出てきて、素直に子どもを褒めることができなくなることもあります。


「本当は私のことを褒めてほしかった。

頑張りを認めてほしかった」

この思いをあなた自身が受け入れられるようになると、心が楽になると思います。


子育てでイライラしてしまうお母さんは、自分にムチを打って頑張りすぎています。


まずはご自身の心の声を聞くことに専念するのが、今のあなたの課題です。


ここからはプレミアム会員の方限定で【怒りを上手にコントロールする方法】について解説していきます。

子どもの前で怒りを上手にコントロールする方法

自分と〇〇を切り離して客観的に見よう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「〇〇〇〇方が良い」で完璧主義を回避

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

イライラする前の〇〇に目を向けてみる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇体験を増やすと気持ちに余裕ができる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

怒りが湧き起こりやすい状況に〇〇を打つ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment