何もしたくないときの過ごし方。無気力から抜け出すための3つの習慣

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「最近とても無気力というか気持ちが沈んでいます。

自分でもなぜだかわからず、泣きたくなる時もあれば何を見ても感情が沸かない時があります。

コロナのせいで旅行が中止になったり、外出自粛などで悲しいことばかりです。

職場も常にピリピリした雰囲気が流れていてプレッシャーがすごいです。

コロナ対策で彼との間で温度差もあり、それが原因で喧嘩も増えました。

どうしたらまたやる気が出てくるのでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


誰でもやる気がなくなってしまうということはあると思います。


仕事に対して、子どもに対して、パートナーに対して、がんばりたくないと思ってしまうときもあるわけです。


アクティブに活動していた日に疲れが残ってやる気が起きないということは普通にあると思いますが、休みで何もしていないのになぜか疲れるという人がいます。


やる気を上げるために大切なことは、少しずつでもいいので自分が前に進んでいる感覚を得ることです。


前に進むと言われても今の状況から考えたら無理だと思う人もいますが、そんなことはありません。


今回は、「何もしたくないときの過ごし方。無気力から抜け出すための3つの習慣」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 原因がわかると対処法も見つけやすくなる

  • 外出自粛を活かして、より自分時間を充実させるコツ


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

原因がわかると対処法も見つけやすくなる

無気力の原因である不安の正体を知る

無気力になる原因は漠然とした不安です。

まず大切なのは、見えない不安の形を見えるようにすること。


というのも不安は自分の思いこみが作りあげていることが多いからなんですね。

  • 「この状況の場合はこうするべきだ」

  • 「あの人ならきっとこうするだろう」

などという思いこみだけですべてを判断してしまうと、どんどん不安を抱えて無気力になっていきます。


ポイントは、「私は何が不安なのか?」と自問自答することです。


彼(夫)のこと? 仕事のこと? 子どものこと? 両親のこと? 介護のこと?

など一つひとつ考えてみましょう。


例えば彼とのことが不安なのだとしたら、

  • 結婚してくれないことなのか

  • お金を借りにくることなのか

  • いつも約束を守らないことなのか

不安の内容を細分化して具体的なところまで落とし込むことが大切です。


▼合わせて読みたい

周りと自分のやり方や考え方を比べない

そして、周りと自分のやり方や考え方は比べないようにしましょう。


無気力になってしまうのは、無意識に自分が今置かれている状況と他人のそれを比べてしまっているからです。


「コロナの影響で上司は在宅出勤なのに、私だけ通常出勤…」

「〇〇さんのお宅に比べて、我が家は私のパートの短縮、夫の仕事も減ってる…」

このように考えてしまったときはすぐに気持ちを切り替えて、

  • この状況は私に何を教えてくれてるんだろう?

  • この経験から何を学べるんだろう?

と考えるといいでしょう。


将来への不安からくる無気力は、頭の中でぐるぐると巡っているネガティブな感情を自分で断ち切ることで軽減していきます。


とはいっても

「今の状況のままだとお先真っ暗。

だから今すぐ考え方を変えてがんばらなくちゃ!」

と張り切りすぎると、うまくいかなかったときに必要以上に落ちこみやすくなりますので、

「今の自分でもオッケーだけど、今できることを一つずつやることで、ちょっとずつ自信をつけていけるようにがんばろう」

このくらいのゆるやかな変化で大丈夫です。


▼合わせて読みたい

自分の時間を充実させる

また、目の前の相手が自分の要求に応えてくれないことへの不満が関係している場合もあります。


そういうときは自分の時間を充実させることに意識を向けると、相手や自分への不満も解消されます。


やりたいことがわからないときや自分の能力や体力に限界を感じると、

「私が今こういう状態になるのは、彼(夫)が〇〇してくれないからだ。

家族が〇〇だからだ」

と、身近にいる人に責任転嫁してしまう人もいるようです。


自分の時間を充実するためには以下の3つのバランスを大切にしましょう。

①仕事や家事や育児など、相手のために努力をすること

②勉強や運動など、自分のために努力をすること

③映画鑑賞や散歩など、自分をいたわって癒すこと


「最近①が多いな~」と思ったら③を増やす意識をしたり


「②が少ないな~」と思ったら隙間時間に何か新しいことを始めてみるのもいいでしょう。


まずは自分の時間を作る工夫をしてみることも大事ですよ^^

外出自粛を活かして、より自分時間を充実させるコツ

まだ「ウィズコロナ」の生活に慣れていない方へ。

今すぐ対策を打った方がいいです。


正直な話、日が経てば経つほど「めんどくさ…」と腰が重くなります。


それに、コロナで社会全体の雰囲気が暗くなればなるほど、この今の状況に適応するのも大変になります。


今日があなたにとって一番フットワークの軽い日なのですから、

「本気で無気力から抜け出したい」

「コロナが流行る前のような楽しい生活を取り戻したい」

と思うなら、今すぐプレミアム会員に登録してガンガン動きましょう!


ここからはプレミアム会員の方限定で、【外出自粛を活かして、より自分時間を充実させるコツ】について解説します。

》プレミアム会員への登録はこちら

〇〇〇〇〇で心が安心できる世界を作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇をやることで自分の心を肯定する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

心の状態によって〇〇〇人は変えるべき

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

あなたに〇〇と〇〇を示してくれるか?

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

人間関係の〇〇〇を作って、心を守ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment