子どもに暴言を吐いて叱る夫をなんとかしたい!その真意と、妻ができる対応法を徹底解説

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫の子どもに対する態度が本当に嫌です。

子どもの行動や言動にイラッとすれば、人格を否定するような言い方をします。

暴言を吐くため、特に下の子は夫に懐いていません。

普段は子どもの行事にも参加して気が利く優しい人なのですが、子どもがしつこくイタズラすると、怒鳴ったり無視したりします。

夫が話し合いにならない人なので止めることもできません。

暴言を吐かれてもなお、パパーと笑顔で言う子どもを見ると不憫でなりません…」

とお悩みではありませんか?


子どもの叱り方がわからなくて悩んでいる親御さんは多いです。


悪い叱り方をしてしまうと子どものメンタルに問題が生じたり、友達や兄弟とトラブルを起こしやすくなります。


なかなか友達ができなかったり、逆に距離感が近すぎて避けられてしまったり、暴力を振るってしまったり…


親の叱り方だけで子どもの人生や性格が大きく変わってしまうということはありません。


大切なのは、叱った後のフォローの仕方なんですね。


今回は「子どもに暴言を吐いて叱る夫をなんとかしたい!その真意と、妻ができる対応法を徹底解説」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 夫と子どもの両方にフォローを入れるときのコツ

  • 変化やストレスに強い子どもに育てるためにできること


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

夫と子どもの両方にフォローを入れるときのコツ

夫の言い方にもっと気をつけてほしい

「あっち行け、こっちくんな!」

「ゴロゴロするな!」

「早く風呂入って寝ろ!」


こんなふうに、夫が子どもに暴言を吐く理由としては

①今いる環境が合わずにストレスを感じている

②子どもの言ってること、やってることが理解できない

③気持ちをうまく表現できない

④体調不良、睡眠不足

などが考えられます。


そして結果的に夫の思いが子どもにうまく伝わっていない場合が多いんですね。


怒鳴れば怒鳴るほど子どもには「怒られた」という印象が強くなります。


なので余計、夫が何を言いたいのか伝わりにくくなるというわけです。


夫にもっと言い方を気をつけてもらうためには、あなたの言い方はおかしい!と伝えるよりも

『怒りに任せて言っても本当の思いは子どもには伝わらないと理解してもらうこと』

『夫が本当は何を伝えたくて怒鳴っているのかを考えてみること』

この2点が大切なんですね。


▼合わせて読みたい

子どもを傷つけているという自覚がない

そして、ビックリする方もいるかもしれませんが、夫は子どもを傷つけているという自覚がないのかもしれません。


というのも夫自身が、かなり強い言い方をする親に育てられた可能性が高いのです。


夫の中では『暴言』ではなく『正しい言葉』という認識なのかもしれません。


妻であり母親であるあなたができることは、夫の思いを代弁して子どもに伝えてあげること。


「お父さんは〇〇が将来困らないように言ってるんだよ?」

と言っても子どもの心には響かないことがあるんですね。


「あっち行け、こっちくんな!」

「ゴロゴロするな!」

という発言が、「お父さんは〇〇が将来困らないように言ってるんだよ?」とイコールにならないんですね。


子どもには、

  • どうしてお父さんはそんな言葉を言うのか?

  • どんな思いが背景にあるのか?

が理解できないんですね。


なので、夫が強い口調で叱る理由やその背景について子どもと一緒に話してみるのもいいと思います。


たとえば

  • お父さんがどのような家庭で育ったのか?

  • だから厳しい口調になるのかもしれない

ということを話してみます。


▼合わせて読みたい

余裕があれば夫に子どもの気持ちを代弁

余裕があれば、その後に子どもの気持ちを代弁して夫に伝えてみましょう。


「感情的になればなるほど怒られてるって感じがして、あなたが本当に伝えたいことが伝わっていないのかもしれない」

「あなたも本当は怒鳴りたいわけじゃないのよね?

次はこんなふうに言ってみたらどうかな?」

という感じで伝えてみます。


ただ、話す最中でお互いにヒートアップして夫婦喧嘩になることもありますので注意が必要です。


でもここを通らないと夫が子どもに暴言を吐く理由や背景が理解できず、夫婦間の溝も深まってしまうんですね。


きっと夫には夫なりの真っ当な理由があるはずなので、それを知ろうとするために気持ちを聞いてみることが大切です。


夫婦関係が安定すれば、子どもとの関係が安定して信頼関係も築けるようになります♡

変化やストレスに強い子どもに育てるためにできること

幸せな子育てをする上で大切なことは、変化やストレスに強い子どもにすること。


そのためには子どもの自分らしさを尊重しつつ子どもに責任感を持たせて自立させることが重要になってきます。


親から精神的に自立できれば、父親から暴言を吐かれたり周りの友達から陰口を叩かれても気にならない生き方ができるようになるんです^^


ここからプレミアム会員の方限定で紹介する【変化やストレスに強い子どもに育てるためにできること】を実践して、親子の信頼関係を築いてくださいね^^


子どもなりの”〇〇〇”になることを目指す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を受け入れると精神的自立が早くなる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

責任感をつけるためには親の〇〇〇が必要

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

まずは朝〇〇〇〇〇ことから始めてみよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇でできたことに、自信のヒントがある

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

Add a Comment