泣き虫で甘えん坊の子どもに困ってる。どうすれば言うことを聞いてくれる?

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数43,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「息子が甘えん坊すぎます。

私にベッタリで家中あとをついてきます。

可愛くて仕方がないので甘えられるのは嬉しいのですが、あまりにベッタリなので息子の将来が心配です。

この先、集団生活でちゃんとやっていけるのか不安になります。

どうしたらいいか戸惑っています…」

とお悩みではありませんか?


今回は、甘えん坊の子どもに言うことを聞いてもらう方法についてご紹介していきたいと思います。


年齢にかかわらず子どもが執拗に甘えてくるのは、不安が強かったり愛情不足を感じているときです。


日々のトラブルで先生から叱られ友だちからも煙たがられ、気持ちが不安定になって家での甘えが強まるというケースも…


この記事を読み終えたとき、

  • 子どもが甘えてくる心理

  • 子どもに自立してもらうにはどうすればいいのか?

  • 子どもの行動を変えるにはどうすればいいのか?


こんなことがすべて理解できると思いますよ^^


本記事の内容

  • 泣き虫で甘えん坊なのは健全に育ってる証拠

  • 信頼関係を築くために大切なことは「対話」に尽きる


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

泣き虫で甘えん坊なのは健全に育ってる証拠

甘えは自立するために必要不可欠なもの

いろいろな子育ての本を読んだり、実家に泊まりがけで預けてみたり、話して聞かせようとしたり…


子どもの甘えん坊を直そうと工夫される親御さんは多いですが、かえって甘えがひどくなると心配が募りますよね。


ですが、

「自立するためにはその前にしっかりと依存することが大事。
しっかりと『子ども』をしてこそ、大人になることができる。」

ということを忘れないでいただきたいです。


もうすぐ小学校に上がるから自立させなくちゃと引き離そうとばかりすると、それが逆効果になってしまうこともあります。


手をつないだり抱っこなどのスキンシップもたくさんしてあげてください^^


「この子にはしっかり自立するために、今たっぷり甘えることが必要なんだ」

そう考えることで、今までのようにグズグズしたり必要以上に甘えてくることが減ると思います♪


▼合わせて読みたい

気持ちを受け止めることがカギ

甘えん坊の子どもと接するときの基本は、子どもが投げかけてくるメッセージをキャッチすること⭐︎

  • 子ども:ピッチャー

  • お母さん:キャッチャー


子どもがボールを投げてくれたら、どんなボールもまず1度受け止める。


これが大事な基本だと思っています。


例えば登園渋りをするようなら

「そうか~行きたくないんだね…」

「行くのが嫌なんだね」

と一旦クッションのように受け止める^^


「子どもの思い通りにさせたら余計甘えん坊になるんじゃないですか?」

と思う方もいるかもしれません。


ですが、ここで間違ってはいけないのは「気持ちを受け止める」ことは決して「子どもの言う通りにすること」ではないということです。


必ずしも子どもの望みに応える必要はないんですね~。


どんな事情があったかはまだ分からないけど、

とりあえず「幼稚園に行きたくない」という子どもの気持ちを

「あなたは今、幼稚園に行きたくない気持ちなのね。

お母さんはそのことを分かってるよ」

と伝えてあげましょう♪


▼合わせて読みたい

話をしっかりと聞く習慣をつけよう

子どもの気持ちを受け止めるには「よく聞くこと」が大切になってきます。


これも簡単そうでなかなか難しいですよね…


ポイント

どれだけ、子どもに「お母さんはしっかり聞いてくれてる!」と思ってもらえるかが大事!


「こんなことがあった。私は〇〇をした」という事実以上に、

「だからとっても楽しかったんだ〜」

「悔しくて泣きそうだったの…」

という思いを分かってほしいのです。


具体的には以下のことを心がけましょう^^

  • 用事している手を止める

  • 子どもの目を見る

  • 「うんうん」と頷いて聞く

  • 途中で話を遮らない

とは言っても実際に1日中こんな対応をしようと思っても無理なので、できれば1日のうち10分でも「話を聞くタイム」を作ってみてはいかがでしょうか?⭐︎


できることから、小さなことから、まず始めてみる。


それが子どもにとってもお母さんにとっても大きな変化の第一歩になると思います♡

信頼関係を築くために大切なことは「対話」に尽きる

ここからはプレミアム会員の方限定で【信頼関係を築くために大切なことは「対話」に尽きる】をご紹介します。


幼少期からタッチングや抱きしめなどで十分な愛情を注がないと、子どもは自分に自信を持てなくなります。


そのまま大きくなると、いざというときに踏ん張る力が身に付かず人とのコミュニケーションが苦手になる子も少なくないんです(>_<)


ぜひこの記事の続きを読んで親子の対話のコツを学んでください^^


親子の絆が強まりますので♡


子ども目線で〇〇〇〇を共有しよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇をするかより〇をしないかが重要

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

内弁慶の子の〇〇〇の法則を知ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本人が〇〇を出しやすい環境を作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分を〇〇〇することを気づかせる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment