3歳の娘が嫌い。愛情を注げないのは母親失格?できるところから始めよう

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数43,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「相手が子どもと分かっていても、つい本気になって言い返そうとしてしまうんです。

娘が自分勝手でワガママなところが許せません。

遊んでと言われるのが苦痛で、今忙しいからと家事を言い訳に逃げてしまいます。

母親としてダメだなと思って自己嫌悪です…」

とお悩みではありませんか?


子どもの気持ちを聞いて感情的にならないで、しっかり話せばきっと子どもも分かってくれるはず。


頭で理解できていても、いざやろうとするとうまくいかない。


そういうお母さんは少なくありません。


分かってるけど、できている人って一握りなんです。


でも「自分は母親失格なんじゃないか」という気持ちがあるのは、それだけ自分と向き合おうとしているサイン^^


あと一歩で乗り越えられますよ♪


そこで今回は「3歳の娘が嫌い。愛情を注げないのは母親失格?できるところから始めよう」をお伝えします。


本記事の内容

  • 3歳の娘が考えていること

  • そのうち爆発してもオッケーです

  • 3歳の娘との接し方【十分、間に合います】


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

3歳の娘が考えていること

  • その①ママから愛されてる実感がほしい

  • その②自分で経験しないと理解できない

その①ママから愛されてる実感がほしい

保育園に通い始めると集団の中での生活が始まりますよね。

  • 家の中→ママと私の一対一の関係

  • 保育園→たくさんの友達との関係


保育園でのストレスをうまく発散できず、家でお母さんにぶつけてしまう子はいます。


大人の場合は自分の感じてることを言葉で伝えたり、その状況を遠ざけることができます。


でも子どもはそれができない分、お母さんに反抗したり攻撃をすることでしか表せないんですね。


中にはカンシャクを起こすことでしか自分のしんどさを表現できない子もいるわけです…


「本当に私のこと気にかけてくれてる?」

「ママーもっとこっち見てよー!」

こんなふうに思っていて、たまに親の気持ちを確かめたくなることがあるんですね。


集団生活に馴染めるか馴染めないかは、その子の個性によるので良い悪いはありません。


大切なのはお母さん自身が「この子は大丈夫」と信じること。


そして本人の気持ちを第一に尊重してあげること^^


▼合わせて読みたい

その②自分で経験しないと理解できない

子どもには先を読む力がないので、例えば走り回ってぶつかって転んで痛い目にあうという経験を積むことで

「走り回ると痛い目にあうことがある…」

ということを学んでいくんですね☆


大きな声を出して騒いだり、急に走り回るということ自体は何ら困ったことではありません。


それにイライラしてしまうお母さんにも問題はありません。


むしろ大きな声を出して力いっぱい走り回れることは、エネルギーが高く元気があって行動力のある子なので素晴らしいことなのですよ^^


ただ、その力を出すタイミングや場所を選んでコントロールすることが必要になりますよね。


どうやって経験を積ませればいいのか?

何度も何度も訓練をすることが1番効果的かなと思います。


例えば病院や図書館では静かに振る舞わなくてはならないということは、大人にとっては当たり前ですが子どもには当たり前ではありません(>_<)


もし言われた通りにできなくても怒らなくて大丈夫です。


いずれ必ずできるようになるので、それまでちょっとずつステップを踏んでいきましょう^^


▼合わせて読みたい

そのうち爆発してもオッケーです

「母親なんだからがんばらなきゃ。自分の気持ちは二の次!」になっていませんか?


ママはいつも太陽でいなければならないと考えると、自分らしい子育てからどんどん遠ざかってしまうことがあります。


大切なことは「ママだって疲れることもあるし、イライラして爆発しちゃう時もある」ということを認めること♡


爆発してもオッケーです。


娘が言うことを聞かないと、情けない気持ちになって自分を責めてしまうのはどのお母さんにもあります。


なぜなら、あなたの子どもだけじゃなくどの子どももやるから。


だからあなたが子育てに向いていないなんてことはないのです。


繰り返しますが、そのうち爆発してもオッケーですd(^_^o)

3歳の娘との接し方【十分、間に合います】

ここからプレミアム会員の方限定で「3歳の娘との接し方」について詳しく見ていきます。


この記事を読み終えた時には、どうすれば娘がかわいいと思えるようになるのかが分かります^^


ポイントは、子どもが大人になった時にどんな感情を持つ日々を送ってほしいか?


これが重要になってきます。


最後までじっくりとお読みください♪


コツ①〇〇〇〇会で困難に強くさせる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

コツ②意識して〇〇を取ることも大切

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

コツ③問題ではなく〇〇〇〇と捉える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

コツ④自分への〇〇〇〇を下げてみる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

コツ⑤怒鳴りそうになったら〇〇〇を

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment