反抗的な子供につい口出ししたくなった時に読みたい記事5選

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「子供が言うことを聞かなくて、毎日イライラしています。

私もあまりごちゃごちゃ言いたくありませんが、注意しないと予定がスムーズに進まないので、つい口うるさく言ってしまいます。

ちょっと口を聞いただけで駄々をこねたりするので、悪循環に陥っています。

何か良い対処法はありませんか…」

とお悩みではありませんか?


読んでほしい人

  • 子供の駄々っ子に振り回されている

  • 子供に響く効果的な声かけが知りたい

  • 聞き分けの良い子になってほしい


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

子供が反抗的な態度を取るとき。聞く耳を持つようになるための工夫

》子供が反抗的な態度を取るとき。聞く耳を持つようになるための工夫

言うことを聞かない子どもと毎日一緒にいると、つい「愛情」よりも先に「怒り」がきてしまうこともありますよね。


そんな子どもと真正面から向き合おうとすればするほど、余計にストレスが溜まってしまうなんてこともあるでしょう。


親の言うことを素直に聞くような子どもに育てるためには、あるコツがあります。


この記事では、聞く耳を持たない子どもの心理と、その心理を使って育て直しをする方法について解説しています。


》子供が反抗的な態度を取るとき。聞く耳を持つようになるための工夫

駄々っ子のしつけは難しい?子供のワガママや自己主張への対処法

》駄々っ子のしつけは難しい?子供のワガママや自己主張への対処法

小さな子どもを育てているお母さんを悩ませるのが、『駄々っ子への対応』です。


家庭内でルールを決めて、子どものワガママを聞かないように努力しているお母さんも中にはいるようです。


ですが、それでも自分のやり方が正しいのか分からず、イライラして我が子を好きになれなくなる時もあると思います。


あまりにも駄々っ子やワガママがひどいと、友達や兄弟姉妹とトラブルを起こす可能性もあります。


実は、終わりの見えない『駄々』を終わらせる方法があるんです。


この記事では、あなたがいつも子どもの『駄々っ子』に振り回されてしまう原因と、解決法について詳しくご紹介しています。


》駄々っ子のしつけは難しい?子供のワガママや自己主張への対処法

【診断】子供の特徴によって響く言葉が違う【タイプ別言葉かけ4パターン】

》【診断】子供の特徴によって響く言葉が違う【タイプ別言葉かけ4パターン】

この記事では、子どもの性格特徴に合った言葉かけの例を紹介しています。


子どもが反抗的な言動をする原因の1つが、子どもの性格に合った言葉がけをしていないということです。


大人と同じように子どもにもいろいろなタイプの子がいます。

性格によって響く言葉も違ってくるんですね。


まずは性格特徴チェックシートを使って、お子さんのタイプを知りましょう。

(全部で4パターンあります)


その上でタイプ別の言葉かけを実践してみてくださいね。


》【診断】子供の特徴によって響く言葉が違う【タイプ別言葉かけ4パターン】

ふてくされてヤル気を出さない子供を、苦労の少ない大人に育てる方法

》ふてくされてヤル気を出さない子供を、苦労の少ない大人に育てる方法

「気づいたら子どもと距離ができていて、自分の子なのにどうコミュニケーションを取ったらいいか分からなくなってしまった…」

なんて思ったことはありませんか?


ヤル気を出さない子どもを立派な大人に育てるための1番の近道は、『親が子どもの話を聞く』ことなのです。


もちろんお母さんも忙しいので、1人の子どもの言うことをじっくり聞いている時間はないでしょう。


この記事では、限られた時間を使って子どものヤル気をアップさせる環境の作り方をご紹介しています。


》ふてくされてヤル気を出さない子供を、苦労の少ない大人に育てる方法

子供が親を困らせることをする時。育てやすい子供にするための工夫とは

》子供が親を困らせることをする時。育てやすい子供にするための工夫とは

子どもが親を困らせることをするのは、お母さんをイライラさせたいわけではありません。


実は子ども自身も「自分が何をしたいのか」「自分は何が欲しいのか」をうまく表現できずに、ストレスを抱えていることもあります。


この記事を読むにあたって考えていただきたいのが、

あなたにとっての「育てやすい子」とはどういう子どもか?

ということです。


というのも、この定義は人によって違うにもかかわらず、周りの意見に流されて自分を追い込んでしまうお母さんが非常に多いからです。


子育てがうまくいかない時は、お母さんの考え方が子どもの現状とズレている可能性があります。


そのズレを修正して育てやすい子にする方法を解説している記事です。


》子供が親を困らせることをする時。育てやすい子供にするための工夫とは

おまけ

【暴言暴力減る】3日で効果が感じられる、育児観察ノートの作り方と使い方

》【暴言暴力減る】3日で効果が感じられる、育児観察ノートの作り方と使い方

子どもの「お母さん、もっと私のこと見て!」という欲求を満たすためには褒めることが大切です。


ですが、ただ闇雲に褒めればいいというわけではありません。


親の気分次第で褒めることの基準が変わってしまえば、子どもは親に不信感を抱いてしまうからです。


なので、この記事でご紹介している「育児観察ノート」を使いながら、お子さんを褒めるようにしましょう。


そのことで効果がアップして、「お母さんは私のことを認めてくれて愛してくれてるんだ」という実感を子どもに与えることができます。


》【暴言暴力減る】3日で効果が感じられる、育児観察ノートの作り方と使い方

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment