子どもの暴言への対処法。正しく叱って自己肯定感を高めて、心に余裕を作ろう

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「子どもの暴言に対してどう対処すればいいか悩んでいます。

主人は仕事が忙しく家に帰ってこないので、その反動で子どもが暴言を吐いているのではないかと思っています。

主人の両親と2世帯で生活していますが、自分たちの気分の良い時しか孫たちを構ってくれません。

当てにはできない状態です。

とにかく現時点で私一人でどうやって関わっていけばいいのか、知りたいです。

性格の曲がった子にはしたくありません…」

とお悩みではありませんか?


子どもの暴言はどこの家庭でもあること。


ただ、親が適切な対応をしないと親子関係がこじれて子どもが問題行動に進んでしまうこともあります。


特に小学校高学年くらいになると、発達障害の二次障害、不登校、引きこもり、非行などが始まることが多いです。


だからこそ早めの対処が必要になってきます。


実際、子どもをよく観察して気持ちに寄り添っている親御さんは子どもから信頼されていて、なんでも話し合える関係性が多い傾向にあります。


「でも、どうやって子どもの暴言に対応したらいいか分からない…」


そんな方のために、今回は「子どもの自己肯定感の高め方と心の余裕の作り方」をご紹介いたします。


本記事の内容

  • 子どもの暴言には主に2つの原因があります

  • 子どもの自己肯定感の高め方と心の余裕の作り方


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

子どもの暴言には主に2つの原因があります

暴言は子どもの不安の表れの可能性もある

まず、子どもの暴言がなくならない原因として以下の2つが考えられます。

その①子どもが不安を抱えている

その②親が介入しすぎている


その①子どもが不安を抱えている

例えば、友達のお母さんや近所の人に向かって

「その服ダサいね!」

と叫んでしまう、などですね。


「自分が汚い言葉遣いをしているわけでもないのに、どうして我が子はこんな失礼な言葉を大声で言うのだろう…」

と思うこともあるでしょう。


これは子どもの不安の表れなのです。


「ダサい」と他人に向かっていう時は、その子自身が「ダサいこと」について不安を感じているということなんですね。


なので、子どもの言ってしまった言葉を注意すると同時に、子どもが服装にどんな不安を抱いているのかを観察することが大切になってきます。


そのほかにも「〇〇くんはバカだ!」と叫ぶようなことがあれば、その子は

「自分がバカだと思われていたらどうしよう…」

「バカだとママとパパから見放される…」

などの不安を抱えているのかもしれません。


▼合わせて読みたい

親の注目を得るために兄弟喧嘩をする

その②親が介入しすぎている

これは兄弟喧嘩の場合に起こりがちです。

no-img2″><figcaption class=

「お兄ちゃんが、ぶった!(泣)」

no-img2″><figcaption class=

「そっちが先にやったんじゃん!」



no-img2″><figcaption class=

「お兄ちゃんなんだから、優しくしなさい」

no-img2″><figcaption class=

「あんたも泣いてばっかいないの。何かしたんでしょう?」


実は、子どもは兄弟喧嘩をすることで親の注目を得たいと思っている場合も多いのです。


弟が兄を怒らせて「お兄ちゃんが叩いた!」と言えば、お母さんであるあなたに注目してもらえると思っているのかもしれません。


なので、兄弟喧嘩はよほど危険でない限りできるだけ注目せずに、その場を離れるのも一つの方法です。


子どもが喧嘩をしている時、それは「親の問題」ではなく「子どもたちの問題」と考えるようにしましょう。


たとえ間に入るとしてもジャッジせずに両方の話をよく聞いて、お兄ちゃんには

「お兄ちゃんは〇〇が嫌だったんだね」

「お兄ちゃんがぶつなんて、よほどのことがあったんじゃない?」

と言って、弟には

「痛かったんだね…」

と共感しましょう。


▼合わせて読みたい

ワガママ・いじわる・嘘・反抗は叱ろう

親が子どもの喧嘩に介入しすぎないようにするためには、正しい声かけ・正しい叱り方を知っておく必要があります。


「正しい叱り方をできているのか気になります…」

という相談を受けることもあります。


特に以下の4つはやってはいけないことですので、もし子どもがやっていた場合、毅然とした態度で叱った方が良いでしょう。

①ワガママ

②いじわる

③ウソ

④反抗


そして叱る際には以下の3つのことに注意すると良いと思います。

①人格を否定するような言葉を使わない

②感情的になって怒らない

③短く叱って、長引かせない


ここに書いたことを一通り実践してみてください。


子どもの問題行動の解決を先延ばしにして、1年後も同じことで悩み続けたいですか?

YES / NO


NOの場合は、ここからプレミアム会員の方限定で解説する【子どもの自己肯定感の高め方と心の余裕の作り方】を読んで、人生を素晴らしいものに変えましょう。

子どもの自己肯定感の高め方と心の余裕の作り方

親しか知り得ない〇〇なことを褒めること

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

叱った後は〇〇と声の大きさに注意しよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

子どもは「〇〇〇」のシグナルを出してる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇に感情を出せないから暴言を吐いている

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇の弱さを汲み取って自己肯定感を育む

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment