育児ノイローゼ。プレッシャーをかわして子育てを楽しむには?シンプルな思考

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「育児のことを母親に相談すると、『あんたが親なんだからちゃんとやるのは当たり前よ』と言われます。

少し子供を預かってもらうとすぐ電話してきて『泣いてるから早く迎えにきて!』と、あからさまに嫌な態度を取ってきます。

子供の問題は全て私の責任と言われているような気がして辛いです。

プレッシャーに押しつぶされそうで、家でも実家でも気の休まる場所がありません…」

とお悩みではありませんか?


普段は母親と仲が良くても、育児のことになると親子喧嘩が増えてしまう…という人は多いです。


共働きが当たり前になってきた現代では、育児をする傍ら仕事をしている「ワーキングママ」も多くなってきましたね。


しかし育児をしながら仕事をするにあたって、大きな問題が一つあります。

ワーキングママは『1人でゆっくりする時間がない』という問題です。


平日は

『帰宅→子供の迎え→ご飯→お風呂→子供を寝かせる→スマホぽちぽち→寝る=1人になる時間がほぼゼロ…』

というサイクルになりがちです。


「自分の自由時間が欲しいから、お母さんに子供を見てもらおう…

でもいろいろ小言を言われるとイライラして面倒だから、全部自分でやろう…」

といった感じですべて1人で抱え込んでしまうこと、あると思います。


しかし

「多少無理をして時間を作ってでも、1人になってじっくり考える時間を作る価値は十分にある」

と断言できます。


今回は「周りからのプレッシャーをかわして子育てを楽しむ方法」をご紹介していきます。


本記事の内容

  • これ以上自分を犠牲にして尽くさなくても大丈夫です

  • 周りからのプレッシャーをかわして子育てを楽しむ方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

これ以上自分を犠牲にして尽くさなくても大丈夫です

必要以上に自分を責めて不甲斐なさを感じている

あなたはこんな考えを持っていませんか?

「どんなにしんどくても仕事を休んではいけない」

「いつも夫にも子供にも親切にしなければならない」

「母親を悲しませてはいけない」


これらの考え方を持っていると、物事が思い通りに達成できなかった時に、自分を責めたり不甲斐なさを感じたりしてうつになる可能性が高くなります。


例えば、あなたが「いつも夫にも子供にも親切にしなければならない」と考えているとしましょう。


どうしてもキツくて自分のことで精一杯で、

  • 非協力的な夫に八つ当たりしたり

  • 子供に大声で怒鳴ったり

ということもあるかもしれません。


ただでさえ辛い時に

「あぁ…

私はもっと夫にも子供にも親切にしないといけないのに、できなかった。

最低だ…」

と自分を責めてさらに落ち込むようになります。


そのほかにも

「母親ならどんな時でも全力で私の話を聞いてくれるはず」

「こんなに努力してるんだから報われるべき」

などと期待していると、そうならなかった時にとてもがっかりします。


▼合わせて読みたい

目の前の相手ではなく自分に振り回されている

育児ノイローゼになる要因の1つとして、実母や義母からの心ない言葉があげられます。


そんな時

「義母といると疲れる…」

「(私の)お母さんはいつも私のこと振り回すから…」

と、目の前にいる人があたかも自分を振り回しているように言いたくなることもあるでしょう。


例えば、あなたが、睡眠時間を削って毎朝早起きして家族のためにお弁当を作っているとしましょう。


風邪を引いてもお弁当作りを欠かしませんが、無茶をするので一度風邪を引くと長引いてしまいます。


確かに、家族を喜ばせるために頑張る姿はとても素敵だと思います。


ですが、夫や子供があなたの腕を掴んで「弁当を作れ」と強制しているわけではないですよね。


「自分が多少惨めな思いをしても、家族に尽くさなければならない」

「弁当作りくらいなんて、大したことじゃない」

という思い込みがあるために、「毎朝早起きしてお弁当を作る」という行動を自分で選択しているんですね。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【必読】先のことばかり考えて不安になる時の対/
~ Window to the mind ~

物事の受け止め方を変えればプレッシャーは減る

このようなことを書いても、おそらくほとんどの人は自覚がないし理解できないと思います。


育児ノイローゼになってしまうのは、身の回りの人の言動に振り回されてしまっているからなのです。


あなたと全く同じ状況にいても、育児ノイローゼにならずにマイペースにやっていける人もいます。


その違いは何かというと、「物事の受け止め方」の違いなんですね。


例えば、実母や義母から心ない言葉をかけられた時でも、考え方を変えれば、極端に落ち込んだりイライラしたりすることもなくなります。


不安やイライラが募る時は視野が狭くなって自分を責めがちです。


ですが、「物事の受け止め方」を変えれば育児ノイローゼは治っていくということを知っておくだけでも気持ちが少し楽になるはずです。


そのことで自分を客観的に見れるようになって、悩みの解決が早くなりますよ。


ここからはプレミアム会員の方限定で「周りからのプレッシャーをかわして子育てを楽しむ方法」について解説していきます。

周りからのプレッシャーをかわして子育てを楽しむ方法

不安や怒りに襲われた直前の〇〇〇を思い出す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「それをしても〇〇」と考えると罪悪感が減る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を探すと、追い詰められるストレスから解放

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の意見の鵜呑みはキケン。〇〇の余地を作ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他人と比較した時はもう〇〇の〇〇に話しかける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=
One Comment

Add a Comment