何かとケチをつけてくる厄介な人への対処法。カドを立てずに気持ちを伝える秘訣とは

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「職場で自分の話ばかりしてくる人がいて困っています。

私が飽きた顔をしても気にせず話つづけたり、話題を変えようとしても無理やり自分の話題に戻してきます。

内容は仕事の愚痴とか家族の不満など…

うまくスルーできればいいのですが、最近では私の心が狭いのかと思って自己嫌悪になることもあります。

気まずい雰囲気にならずに自分の気持ちを伝える方法ってありますか?」

とお悩みではありませんか?


相手に何か言われたことがずっと気になってしまったり、他人から言われた批判や指摘に落ち込んで仕事が手につかなくなったりすることって、あると思います。


もちろんそのような相手に対してストレートに自分の思っていることを伝えてもいいですが、そうすると余計に面倒なことが起こりますよね。


なので、カドを立てずに気持ちを伝える方法を身につけておいた方がいいと思います。


本当だったら無視したり言い返したりしたいけど、嫌われるのが怖いなどの理由で言いたいことが言えなくなる人は多いんです。


厄介な人に自分の気持ちを伝えるには、モヤモヤの原因を取り除いて自分に自信をつけることが大切になってくるわけです。


今回は「何かとケチをつけてくる厄介な人との関わり方。カドを立てずに気持ちを伝える方法」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 厄介な人から身を守る上手な接し方

  • 本当に必要な人間関係を築くための5つのアクション


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

厄介な人から身を守る上手な接し方

自己否定が強いとモヤモヤすることが増える

ああ言えばこう言うような厄介な人と一緒にいると、モヤモヤっとすることってありますよね。


多くの人は『自分がモヤモヤする』と自覚はできているようなのですが、『なぜモヤモヤするのか?』まで深く考えていないような印象を受けます。


あなたが人間関係でモヤモヤする原因は大きく分けて以下の3つです。

①我慢強い

②相手に合わせすぎている

③自分の気持ちを無視している


①我慢強い

「私さえ我慢すれば…」「何も言わない方が丸くおさまる」などと思っていませんか?


我慢することも時には大切です。


ですが、ひたすら耐え忍ぶ我慢をするのではなく自制心のある我慢を心がけた方が、厄介な人と関わる時のストレスはグンと減りますよ。


②相手に合わせすぎている

たとえば

  • 空気を読みすぎる

  • 謙虚すぎる

という性格の人の場合、思っていることを相手に言えないままモヤモヤが大きくなってしまうようです。


③自分の気持ちを無視している

相手に合わせすぎるのは、相手への気遣いが過ぎるから起こるんですね。


これは同時に自分の気持ちを無視することにもつながるので、『人は人。私は私』という考えが持てなくなります。


そうすると、常に自分が一歩引いて周りとの関係を築くことが当たり前になってしまいます。


厄介な人から上手に身を守って健全な人間関係を維持できている人は、

「相手には相手の考えがあるように、私にも私なりの考えがある」

と素直に受け入れることができます。


これができるようになるとモヤモヤした気持ちがコントロールしやすくなります^^


▼合わせて読みたい

サンドイッチ法で、やんわり指摘する

ケチをつけてくる人といるとモヤモヤする原因がわかったら、今度はサンドイッチ法を使ってやんわりと相手に自分の意見を伝えましょう。


たとえば厄介な人と話す時に

プラスの言葉(例:相手の行動をねぎらう)
    ↓
自分の意見(例:相手のミスを指摘する)
    ↓
プラスの言葉(例:期待していることを伝える)

という感じで、言いづらいことを伝える前後に褒め言葉やポジティブな言葉を入れて挟み込むやり方です。


特に自分が苦手だと思う相手と話す時ほどこの方法を使うと、カドを立てずにうまく気持ちを伝えることができます♪


▼合わせて読みたい

相手が前向きになれそうな言葉を使う

言葉は受け取る側の解釈によって印象が大きく変わるものです。


相手が聞いて嬉しいと思えるような言葉を選んで使った方が人間関係もスムーズに行くんですね。


たとえばこんなふうに。


「いろいろとアドバイスしてくれて嬉しいです。いつも率直な意見をありがとうございます。

でも私は熟考しながら自分のペースで進めたいので…

〇〇さんのような向上心のある方からの助言は勉強になります。」

これも先ほどのサンドイッチ法を用いています。


瞬間的に前向きな言葉を選ぶのは難しいですが、同じ内容でもポジティブな言い方ができるようになると、あなた自身の人望にもつながりますよ^^


「ケチをつけてくるような人を褒める言葉なんて、思い浮かばない…」

という人は、『リフレーミング辞典』を使うことをおすすめします。(ネットで調べると出てきます)


リフレーミングをうまく使うことで、厄介な人との面倒な会話も前向きに考えられるようになるでしょう♪

本当に必要な人間関係を築くための5つのアクション

人間関係に疲れてしまう人は、自分の感情を偽っていることが多いようです。


素のキャラクターを出せるようになれば、あなたに合った人が寄ってくるようになるので、本当に自分に必要な人間関係を築くことができるようになります。


そうなるためには自分に自信をつけることが大切なんですね。


ここからプレミアム会員の方限定でご紹介する【本当に必要な人間関係を築くための5つのアクション】を読んでさっそく実践してみてください^^


〇〇〇の強化につながることから改善する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇の確保が、心配事を減らす1番の近道

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

見る目を養うためには〇〇〇〇から始める

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇する感情がぶつかるとモヤモヤが募る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

迷って心が消耗するくらいなら〇〇選ぼう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
One Comment

Add a Comment