【性格を変える】悪口や嫌味を言われた時の対処法【自分軸の作り方まで】

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数45,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「他人が自分の悪口を言ってるとそれだけで1日中考えてしまいます。

どうやって気にしないようにしますか?

また、友達がその場にいない人の悪口を言ってる時、それにどう反応したらいいかわかりません。

揉め事になるのが嫌なので言い返さないようにしています。

何となく重くギスギスした雰囲気になっているので、それを改善できるようになりたいです。」

とお悩みではありませんか?


以前インスタグラムでこのような投稿をしました。

この投稿をInstagramで見る

. 【自分の陰口を言われてると知った時の現実的な対処法】 面倒だけど避けられない付き合いをせざるを得ないことってありますよね。 どこにでも「変わった人」や「自己主張の激しい人」は必ず存在します。 そしてあの人を立てたらこちらの人が立たない、というようなパワーバランスが生じることもしばしば… もしあなたが普段親しくしている人から陰口を言われていると知ったら、「こちらは気づいてますよ」とアピールするのが良いでしょう。 例えば「あなたが私の陰口を言ってるっていう噂が流れてるみたいなんだよねぇ…」と本人に言ってみてはどうでしょうか。 . 『まさか、あなたはそんなこと言わないと信じてるけど』というニュアンスを伝えることがポイントです。 というのも、陰口には . ①「自分の方が上に立ちたい」という気持ち . ②「目立っている相手を羨ましい」と思う気持ち . から発生することが多いからです。 そのような心理を知った上で先ほどのフレーズを言えば、相手はドキッとするに違いありません。 その後も相手との付き合いを続けていきたいのであれば、陰口で応戦するのではなく、 . 「あなたが私の陰口を言ってるっていう噂が流れてるみたいなんだよねぇ…」 . と伝えてみることをオススメします。 今日のブログは . 「人生をリセットしてやり直したい。あなたの足を引っ張る原因と、豊かに生きる秘訣」 . です。 他人の評価に振り回されず、人生を一度リセットして自分の選んだ道を進みたいと考えている方は必読です! . . ************************************** 記事はこちらから読めます▶︎ @mindow.jp ************************************** . . #人間関係の悩み #コーチング #対人関係 #自己肯定感 #アラサー女子 #アラサー婚活 #人生変えたい #カウンセリング #パートナーシップ #人間関係 #女子力あげたい #マインドセット #起業家女子 #教訓 #成功法則 #ポジティブ思考 #脳科学 #自分軸 #相談会 #人生相談 #性格診断 #イライラする #不安障害 #完璧主義 #自分を好きになる #自分を変える #保育士の休日 #看護師3年目 #幼稚園の先生

心理カウンセラー 【みほ】(@mindow.jp)がシェアした投稿 –


反響が大きかったので、詳しくブログで解説していこうと思います。


悪口を言ってくる人の顔色を見て気を使ってるにもかかわらず報われずに疲れてしまったり、ストレスを抱えている人も多いことでしょう。


心のモヤモヤをどうにかしたいという気持ちで今この記事を読んでいるのではないでしょうか?


実はかつての私もまさにその一人でした。


今でこそカウンセラーとして問題を抱える人の悩みに向き合い解決するお手伝いをしていますが、以前はよく他人に振り回されて辛い日々を送っていたものです。


今回は「【性格を変える】悪口や嫌味を言われた時の対処法【自分軸の作り方まで】」をご紹介します。


本記事の内容

  • 悪口や嫌味を言われた時の対処法

  • 惰性で付き合うのは卒業しましょう

  • 自分の判断で人生を生きるための自分軸の作り方


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

悪口や嫌味を言われた時の対処法

話の内容ではなく相手の気持ちに注目

悪口や嫌味を言われる時というのは主に2パターンに分かれます。

  • パターン①自分の悪口を言われる

  • パターン②その場にいない人の悪口を聞かされる

今回はパターン②についてお話ししていこうと思います。


悪口を聞かされた時は、話の内容ではなく相手の気持ちに注目してみてください。


きっと相手は、悪口の対象になってる人によって何らかの嫌な思いをしたのだと思います。


その困った気持ちを訴えているのだと考えれば、話の内容に同調するよりも相手に寄り添うという姿勢を示すこともできるのではないでしょうか。


誰だって、できるだけ人の悪口は言いたくないもの(>_<)


相手に合わせて悪口を言ったとすると、自分の口から出たことは事実だからどこでどういう形で自分に返ってくるかわかりません。


なので、一緒になって悪口を言うのは違うという考えが大前提です☆


相手と、悪口の対象になっている人の間に起こったことはあくまでの相手の事情…


それについて立ち入る必要はありません。


相手が誰かとの間で起こった嫌な出来事を「悪口」として話しているのであれば、それを「相手が大変な思いをしたという出来事」として聞くようにしましょう。


▼合わせて読みたい

自分の時間を投入する価値があるか見極める

会うたびに毎回悪口を言うような人は、やはり距離を置くのがベストです。


もし

「距離を置くことで自分の悪口を言われ、仲間外れにされるのではないか」

という不安があるなら、本当にあなたの時間や労力を投入する価値のある相手なのかどうかをよく考えるようにしましょう。


実際にその相手はあなたを大切に扱ってくれているでしょうか?


あなたが困っているようならすぐに手助けをしてくれたり、役に立ちそうな情報を回してくれたりしているでしょうか?


もしそうなら、ある程度は割り切って関わっていく必要があると言えます。


割り切って関わる際のポイントは次のとおり。


①相手の気持ちを想像して、それが正しいかどうか聞く

「今日はイライラしているように見えるけど、何かあった?」


②態度で仕返しをしないこと

例えば無視をしたりわざと大きな音を立てて物をテーブルに置いたりなどですね。


▼合わせて読みたい

惰性で付き合うのは卒業しましょう

とは言っても、惰性で付き合うのはよくありません。


勇気を出して本心をさらけ出して相手と仲良くなる努力をしてみるのも1つの方法です。


「自分をわかってほしいけど、本心をさらけ出すのは怖くてできない」

そんな声が聞こえてきそうです。


過去に同じような経験で悩んだ私だからこそあえて提言したいことがあります。


「本当の気持ちをごまかして自分に嫌悪感を覚えるくらいなら、一度思い切って本心をさらけ出してみたら?

意外と今以上に親しくなれるかもしれないよ♪」

本心をさらけ出して離れていくのであれば、その程度の仲ということ。


ですが、多くの場合あなたの方から本心をさらけ出して失敗談や弱点を打ち明けたりすると、相手は親近感を覚えてくれるものですよ^^

自分の判断で人生を生きるための自分軸の作り方

自分軸を作る方法は、スポーツや料理と同じようにちょっとしたコツを知った上で「それを試してみよう。やってみよう!」と行動を起こせば、どんな人でも手にすることができます。


一度コツを掴んでしまえば「なんだ、こんな簡単なことだったのか」と思います。


他人と比較するのではなく過去の自分と比べることを意識して、続きを読んでみてください^^


読み終える頃には実践へのモチベーションが上がっているはずですよ♪


相手への〇〇や、はぐらかしがないかを考える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

迷いが生じている時は〇〇な〇〇を素直に伝える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

生きづらさを感じる原因は感情の〇〇〇〇にある

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分は何に〇〇しているのか?を振り返ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

居場所を作る方法は〇〇〇〇の人を応援すること

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment