【タイミングが大切】話を聞かない人の扱い方【相手との絆を強くする】

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数45,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「私の彼は人の話を聞きません。

2人で盛り上がってても『ここ〇〇だった』と急に話を変えてきます。

ナメられてるのかなって思っちゃいます。

話の途中なのに申し訳なさもないし私の方が不機嫌になります。

私の伝え不足が悪いんですか?

一緒にいても楽しくないです。」

とお悩みではありませんか?


話を聞かない人って一緒にいるとイライラしますよね。


今回のお悩みは相手が「彼氏」ですが、そのほかにも、

自分の進みたい道とは違っていても親の期待に応えようとしてしまう子供。

経済的に自立できずに夫に従わざるを得ない主婦。

雇用に縛られて会社の理不尽な要求を受け入れなければならない会社員。


このような人たちも同じように人間関係でストレスを抱えていると思います。


自分を押し殺して生きることで「自分の人生は他人にコントロールされている」と思い込んでしまっているのかもしれません。


だから、「この不愉快な気持ちはあの人のせいだ」と考え始めるです。


そんなあなたに今回は「【タイミングが大切】話を聞かない人の扱い方【相手との絆を強くする】」をご紹介します。


「自分の人生の主人公は自分」☆


この意識を持ち続けられると相手ともっと親密な関係になれますよ^^


本記事の内容

  • 話を聞かない人の扱い方を伝授します

  • 良好な人間関係とはこういうことを言います

  • ギクシャクした相手との会話がスムーズになる方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

話を聞かない人の扱い方を伝授します

思い通りにならない現実への不満がある

相手に何かを強制する人、その逆に相手の言いなりになってしまう人。


相手に一方的に自分の話をする人、いつも聞き役に回って自分の意見が言えない人。


一見真逆のように見えますが実はどちらも「思い通りにならない現実に不満を感じている」という点では同じなんですね。


恋愛関係や夫婦関係がうまくいかないのは、お互いの思い違いや誤解があるからです。


それが生まれる原因の1つが「本音」と「建前」。


この「本音」と「建前」はだいたい半径3メートル以内の人間関係で頻繁に起こります。


私たちは普段の人間関係において、とても狭い範囲でちょっとした批判や挑発の言葉に怒ったり落ち込んだりしています。


そして知らず知らずのうちに

「自分のことを理解してもらえない」

「このままでは許さない」

などのマイナスの感情が溜まっていくんですね。


「次こそは…。見返してやる」という気持ちは毒にも薬にもなります。


「こういう状況になったのは自分のせいでもある」と謙虚にとらえることができれば、前を向いて解決の糸口を探せます。


あなたはどちらを選ぶことが正解だと思いますか?


▼合わせて読みたい

問題は半径3メートル以内の中で解決する

そこで私からの提案はこちら。


人間関係の問題を、半径3メートルの中で解決すると考えてみるのはどうでしょうか?


はじめのうちは意見が噛み合わないかもしれません。


ですが、お互いの素直な気持ちについて正面から向き合って「お互いの関係性を良くするために」どんな方法があるかを話し合いましょう。


お互いに何が嫌で、何を譲ることができるのか。


ここで覚えておいてほしいことは「私たちは相手をコントロールできない」ということ。


綺麗事のように聞こえますが、相手を認める気持ちがないと相手もあなたのことを認めようとはしません。


あなたの周りに、自分の考えを押し付けたりしないけど時には自分の意見をはっきり口にしてくれる人はいませんか?


「それもそうだね」

「なるほどな~」

と柔らかい受け止め方をしてくれる人のことです。


人間関係において自分の優位性にこだわる人は白黒の決着をつけたがります。


そこで押し合いが始まると喧嘩に発展するわけです。


でも「それもそうだね」と言われると押し合いも引き合いも始まりません。


言われた方は自分の意見をとりあえず聞いてもらえたので満足するからです。


「それもそうだね」というのはどんな場面でも使える言葉ですね。


▼合わせて読みたい

良好な人間関係とはこういうことを言います

良好な人間関係とは、問題や苦労のない間柄を言うのではありません。


日々の些細な問題を「仲良くしたい」「大切にしたい」と思う相手と一緒に考え乗り越えていく関係性のことです。


批判より褒め言葉を。しかめっ面より微笑みを。責め言葉より許しと励ましを。


相手が喜ぶことや感動することを見つけるために神経を集中させれば、きっとそれは見つかります。


あなたが相手を尊重して認めてあげることで、相手からも同じ贈り物が返ってくるはずです^^

ギクシャクした相手との会話がスムーズになる方法

夫や彼との関係がうまくいかないのは、あなたのせいではありません。


会話のコツを知らないことが全ての原因です。


大切な人がいるのにお互いの感情をぶつけ合うだけでは、損しているも同然です。


ここからご紹介する「ギクシャクした相手との会話がスムーズになる方法」を読んで、この先の人生を最愛のパートナーと一緒に充実させる時間を築いてくださいね。


「〇〇」と「〇〇」のバランスに気配りを

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の〇〇が少ないとイザコザの原因に

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「でも」より「 〇〇〇」をたくさん使おう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分にとって大切な〇〇〇をはっきりさせる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇を広げる努力をしてみる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment