自己嫌悪から抜け出すには【積み重ねが大事】

   

ママ友との集まりの後「話しすぎちゃったかな?変な人だと思われなかったかな?」と気にして自己嫌悪になって落ち込んでしまう。

簡単なことで失敗するとすぐ自分はダメだと思い込んでずっと考えて、他のことをしようとしても失敗したことで頭いっぱいになって空回りしてしまう。

とお悩みの方向けの記事です。

どうやったら自己嫌悪から抜け出せるのか?

自己否定する人から離れる

自己否定する人からなるべく離れましょう。

なぜなら、気づかないうちに周りの発言にプチ洗脳されて自分を嫌うようになるからです。


「どうせうまくいかないよ。」などが口癖になっている人と付き合うのはやめましょう。

ネガティブな感情は伝染しやすいので、あなたまで自己否定するようになります。


✔︎ネガティブの悪循環

気づいたら自分まで「どうせ私なんて…」「私にはできるわけない。」が口癖になる



できない自分を追い込む



実際に「努力をしない」という形で行動に移さなくなっていくので、本当に何もかもうまくいかなくなる ↓

「ほら、誰も私を理解してくれないじゃない。」と考えてどんどん悲観的になっていく


しかし、それはあなたの頭の中で思っていることがネガティブだから行動がネガティブになるのであって、それをポジティブなものに変えていくことをするのが大事です。

明るくてポジティブな発言をする人の近くにいるようにするといいでしょう。


✔︎例えば

「〇〇さんはいつも服とかネイルに気を使っててオシャレですね〜!」

「〇〇さんはテキパキしてて仕事が早くて憧れます!」

こういうことを言ってくれる人を自分の周りに置くようにすると、自然と「これからもオシャレに気を使うようにしよう!」とか「今後も仕事、頑張ってやろう!」という意欲が増します。

そして実際に行動に起こして努力するようになるのでもっと結果がついてくるようになります。

自分を責めて落ち込むことが少なくなります。

相手の気持ちを憶測しない

相手の気持ちを一方的に憶測しないようにしましょう。

なぜなら、不安になることに時間とエネルギーを使っていると、いつまで経っても成長のチャンスを逃してしまうからです。


✔︎例えば

「友人とのランチの後に『私ばかり話しすぎちゃったかな?変な人だと思われなかったかな?』と心配してしまう…」

「上司からせっかく褒めてもらっても、『きっとこの言葉には裏があって私の機嫌を取るために言ってるに違いない!』と、素直に喜ぶことができない…」

などです。


相手が本当にどう考えているかは本人に聞かない限り分かりません


「この間の〇〇さんの発言って、実はこういうことだったのかな?!イライラしてきた〜!」と考え始めると頭の中はそれだけでいっぱいになります。

しまいには「あの人は自分をムカつかせる存在に違いない」という「答え」を無理やり探そうとし始めます。


✔︎しかし当の本人は…

・たまたま機嫌が悪かっただけ

・思っていることを素直に口にしただけ

・表現の仕方の違いで誤解が生まれてしまっただけ

などの理由で悪気があったわけではなく、あなたを傷つけていることに気づいていない可能性もあるのです。


相手がどう思っているかはいくら考えても正解を見つけることはできないので、それがもしネガティブなものであるならば考えない方がいいのです。

また、相手に嫉妬したり不安になる余裕があるくらいなら、どうやったらその羨ましい立場になれるかを考えましょう。


嫉妬や不安の感情は、「なんでも完璧にこなす(ように見える)相手」「これといって何一つずば抜けてできることがない(と思い込んでいる)自分」を比べるために使うものではありません。

相手の長所と自分の短所を比べるのはやめましょう。

自分の性格のせいにしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自己嫌悪に陥った時にセットでやるべきこと

自己肯定感を高める

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

褒めと自意識過剰を明確にする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分にとって大事なものを確立する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment