人と接するのが怖い。強いこだわりが不安を強める?トラウマを克服する方法を教えます

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「過去に人間関係でうまくいかなかったことがきっかけで、人間不信になっています。

基本的に苦手だと思っていることが相手に伝わらないように、むしろ好意があるように接しているつもりです。

なのでどんどんストレスが溜まっていきます。

結婚はしていますが、今は仕事や義理家族との付き合いを維持するのが精一杯で、子どもも考えられません。

こんな感じで生きてていいのでしょうか…」

とお悩みではありませんか?


人と話すときは会話が盛り上がらなければならないとか、年上の人に好かれるためには上手に敬わなければならないとか考えてしまいがちですよね。


ですが、実際には会話の内容そのものはあまり重要ではありません。


なぜならその相手と信頼関係が築けて、かつお互いに心を許せていれば、良好な人間関係を築くことは可能だからです。


なので過去のトラウマが原因で人付き合いが苦手な人も

コミュニケーションがうまくいかずに感情が不安定になりやすい人も

親しい人間関係を作ることはできます。


今回は、「人と接するのが怖い。強いこだわりが不安を強める?トラウマを克服する方法を伝授します」についてご紹介していきます。


本記事の内容

  • コントロールできることが増えるとメンタルは安定する

  • 対人関係能力を鍛えて人生をストレスフリーで歩む方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

コントロールできることが増えるとメンタルは安定する

本音と建前を見極めてうまく立ち回る

相手の本音と建前を見極められるようになると、コミュニケーションも円滑になるのでメンタルが安定しやすくなります。


大切なことは2点。

①相手の会話パターンに気づくこと

②本音を隠して話すのは相手なりの気遣いの可能性もあること


人と接するのが怖くなる原因の1つが、相手の言っていることと態度が矛盾しているということです。


例えば

「近くにきたらまた遊びにきてね」

と友人に言われて遊びに行ったら迷惑そうな顔をされたり、

「うちの息子は大変でしょ~?」

と姑に言われたので夫の愚痴を言ったらムッとされたなど…


このような態度を取られると、相手の言葉と態度のどちらを信じたらいいのかわからなくなりがちですよね。


「回りくどい言い方をしないで、もっとはっきり言ってくれればいいのに!」

と思う気持ちもわかります。


ですが、回りくどい言い方をすることがその人にとっての気遣いであることも考えられますよね。


▼合わせて読みたい

相手の言葉を受け止めつつ自分の意見を伝える

本音と建前を見極めてうまく立ち回るためには、相手の言葉を受け止めつつ自分の意思も伝えることが大事です。


「近くに買い物にきたらおいしそうなケーキがあって、つい〇〇さんの分も買っちゃったの^^

ご迷惑じゃなかったらどうぞ…♪」

と、かわいらしい言い訳をして渡し、相手の反応を見ながら会話のやりとりをするのもコミュニケーションの一つです。


人間関係における気配りは慣れの部分が大きいので、はじめのうちはうまく立ち回れなくても問題はありませんよ◎


このようなやりとりを何回も重ねるうちに場の空気を読んだり、相手の本音と建前のアンバイを見極めるのがうまくなっていきます。


▼合わせて読みたい

悪く物事を受け止め過ぎていないか振り返る

また、人と接するのが怖いと感じる人は少し物事を悪く受け止めすぎている可能性があります。


自己否定の癖がついていたり、見捨てられることへの強い不安があるのかもしれません。


幼い頃に不安定な環境で育ったことで、無条件に安心することができないのでしょう。


両親が喧嘩を繰り返したり

父親が浮気や暴力を繰り返すような家庭で育っている人は

どうしても人を信用することに抵抗を感じてしまうようです。


物事を悪く受け止めすぎてるな~と思ったときは、

①相手の些細な言葉や素振りを『自分への否定』と捉えない

②いつも変わらないスタンスで付き合ってくれる人を見つける


この2つを意識することがメンタルを強くする上で大切になってきます。


いつもと変わらないスタンスで付き合ってくれる人というのは

  • 「〇〇すべきだよ」と強迫的な発言をしてこない人

  • 嫌なことは嫌、できないことはできないと伝えても関係性が悪化しない人

などですね。


このような人たちとは健全な人間関係を築けるので、「人と接するのが怖い」と感じることも少なくなると思いますよ^^

対人関係能力を鍛えて人生をストレスフリーで歩む方法

人間関係がうまくいかない…と悩んでいる方に伝えたいのは、「やみくもに心をすり減らしてがんばってもうまくいかないよ」ということです。


「このままずっと嫌な人と顔を合わせながらの人生って、どうなんだろう…」という不安が頭の中をぐるぐる巡りますよね。


しかし不安を抱えたまま人と接していても絶対にトラウマは克服できません。


気を遣って顔色を伺ってばかりの人は、相手からなかなか心を開いてもらえないからです。


そんな将来にならないために今あなたがやるべきことは、たった1つ。

「焦らず自分自身としっかり向き合うこと」


人間関係でストレスを溜めやすい人はこれができていないことが多いので、自分に意識を向けることが大事ですよ。


ここからプレミアム会員限定でご紹介する【対人関係能力を鍛えて人生をストレスフリーで歩む方法】を読んで、自分自身と向き合う方法をマスターしましょう!

》プレミアム会員への登録はこちら

自分の〇〇〇ことに力を注ぐと楽になる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇を見つけると、ストレスは減る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇な価値を考えすぎないで行動する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇しのぎの態度を取ると後から後悔

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を達成することだけに意識を向ける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment