話を聞いてくれない相手に気持ちを伝えるポイント。内容ではなく話し方や聞き方が大切です

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「話をしている時に話を聞かない同僚にイライラします。

『聞いてる?』と聞けば『ちゃんと聞いてるよ』と答えるものの、後から『え?そんな話、聞いてない』と言ってきます。

私も気を遣って顔色を伺いながら伝えているつもりですが、コミュニケーションがうまくいきません。

同僚から質問してきて答えてるのに聞いていないと、すごくイライラします。

どうしたら自分の話が相手に伝わるようになりますか?」

とお悩みではありませんか?


相手が自分の話を聞いてくれないと、嫌われてるのかもしれないと思って不安になりますよね。


たとえば恋人同士で大きな喧嘩をして嫌われてしまったり、友人と仲違いしてしまったなどの場合だと、明らかに嫌われているということがわかると思います。


ですが、仕事関係の相手からなんとなく良く思われていないような気がする…という経験をしたことがある方もいるでしょう。


イライラしたりモヤモヤして落ち込んで悩むこともあると思います。


ハッキリとした原因がわからないと、どんな対処をすればいいかもわかりませんよね。


そういう時はまず自分の中の感情と向き合ってみることが大切なんです。


そこで今回は「話を聞いてくれない相手に気持ちを伝えるポイント。内容ではなく話し方や聞き方が大切です」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 話を聞かない相手に気持ちを伝えるポイント

  • 自己嫌悪から抜け出して強いメンタルを作る方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

話を聞かない相手に気持ちを伝えるポイント

イライラ・モヤモヤの原因を整理しよう

みなさん忘れがちなんですが、人間関係でイライラ・モヤモヤした時にその原因を整理してみることってすごく大切なんですね。


原因がハッキリしていないと対応策も思いつかないからです。


「自分の話ばかりで、こちらが話をしても上の空で聞いていない」というのは、基本的にあなたのせいではなくて同僚の問題です。


一方でその同僚にイライラ・モヤモヤするのは、あなたの中の問題です。


この2つを分けずに一括りにして考えてしまうと、頭の中がごちゃごちゃして解決できなくなってしまいます。


相手に振り回されてしまうことが多い人は、『相手の問題』まで『自分の問題』と考えて背負いすぎてしまっていることが多いです。


相手との会話がうまくいかなかった時に、

「私のやり方がよくなかったのかな?

どうすればよかったんだろう?」

とへこんでしまう方も中にはいます。


ですが、コミュニケーションがうまくいかない原因が100%あなただけにあることって滅多にないんです。


そもそも会話することのゴールは『相手を不快にしないこと』ではないからですね。

  • 「どうして同僚は私の話を聞いてくれないのか?」

  • 「なんで私はその同僚にイライラしたりモヤモヤするのか?」

というところを掘り下げて考えてみましょう。


▼合わせて読みたい

相手の問題と自分の問題を分けて考えよう

例をあげるとするなら、同僚があなたの話を聞かないのは以下のような理由があるかもしれません。

①自分のことにしか興味がない

②あなたのことを軽く見ている

③仕事が大変で気持ちに余裕がない

④あなたの話を聞いていないことに気付いていない


さらに、あなたが同僚にイライラしたりモヤモヤしたりする理由は以下のようなものが考えられます。

①自分に興味を持ってくれていないことが不愉快

②自分の話も聞いてほしいという気持ちが隠れている

③本当は恋愛とか芸能人のことなど色々な話をしたい

④適当に扱われていることが悲しい


この中で自分の気持ちに近いものがあればピックアップしましょう。


ここくらいまで具体的に考えられるようになると、気持ちはずいぶん落ち着いて楽になっているはずです。


物事を客観的に考える余裕も生まれていると思います^^


▼合わせて読みたい

自分と相手のプライドを尊重しながら話す

気が合わないな~と感じる同僚に自分の気持ちをうまく伝えるコツは、自分と相手のプライドを尊重しながら話すということ。


「自分の話ばっかりで私の話なんてまともに聞いてくれないじゃない!

これじゃ仕事がスムーズに進まないでしょ!」

と感情のままに同僚を責めれば、一時はスッキリしても相手を傷つけてしまいかねません。


心優しい方であれば後から自己嫌悪に陥ってしまうこともあります…


そういう時は、先にネガティブなことを伝えてその後にポジティブな言葉で補うというやり方をおすすめします^^


人は無意識のうちに言葉の後半に注目する癖があるからです。

なので言葉の順番に気をつけることが大事なんです。


たとえば

「飲み会は好きだけど、お金かかるよね~」

よりも

「お金はかかるけど、飲み会は好き」

の方が響きがいいと思いませんか?


内容は同じでも話す順番を逆にするだけで相手への印象がガラッと変わります。


そしてもう1つ付け加えるとしたら、

  • 何をやるのか

  • どうやってやるのか

  • なんで(同僚が)やらなければならないのか

この3点だけに絞って伝えるようにするとあなたの話が相手に伝わりやすくなりますよ♪


同僚のような仕事関係の相手であれば、共通の話題である『仕事』のことだけを簡潔に話して、プライベートな話や雑談は控えるようにするのもいいかもしれませんね^^

自己嫌悪から抜け出して強いメンタルを作る方法

ストレスを減らすためには早めに自己嫌悪から抜け出すことが大切です。


『早め』というのは、自己嫌悪に陥ってひどく落ち込んだ状態から元気な状態に戻るまでの『時間(日数)』を早くするということです。


そのためには強いメンタルを持つことや自分に自信をつけることが不可欠なんですね。


詳しいやり方はここからプレミアム会員の方限定でご紹介していくので、気になる方はいますぐ会員登録してつづきをチェックしましょう♡

〇〇が苦手なのは過度の自己意識のせい

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇や〇〇が多い幼少期を過ごした影響

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇をなくすと、メンタルが安定する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

嫌われる…という恐れは〇〇〇からくる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

第三者を使って本人を〇〇〇ことも有効

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment