何かと否定的な言葉を返してくる人との関係、続けますか?3つのタイプと対策方法

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数40,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「職場で苦手な人がいます。

その人は中堅看護師で一見仕事ができると周りから評価されていますが、明らかに後輩の仕事は手伝わずに自分の仕事だけサッサと終わらせて帰ります。

また、他人を馬鹿にするような物言いが多くて腹が立ちます。

私はもともと苦手なタイプがそんなにないので、これほど近づきたくないと思う人は久しぶりで自分でも困っています。

どうすればこういう人をかわすことができるのでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


嫌いな人がいるのはごく当たり前のことなんです。


いいところもあるから仲良くするべきなのか、自分にも悪いところがあるから我慢するべきなのか。


それができないから苦しいんですよね。


本当に辛いのは、なんで嫌いなのかわからないのに嫌い続けてしまうことだと思います。


無理に相手のことを好きになろうとすれば、あなた自身がノイローゼになってしまいます。


相手へのイライラが我慢できずに感情のコントロールができなくなれば、

あなたが『トラブルメーカー』というレッテルを貼られて周りから白い目で見られてしまう可能性だってあるんです。


そんなサイアクな結果を避ける方法はただ1つ。


苦手な人をうまく取り扱う方法を身につけること。


今回は「何かと否定的な言葉を返してくる人との関係、続けますか?3つのタイプと対策方法」をご紹介します。


本記事の内容

  • 身近にいる、取り扱い注意なキケン人物3パターン

  • 離れたくても離れられない人との賢い付き合い方


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

身近にいる、取り扱い注意なキケン人物3パターン

そのときの気分で意見や行動が変わる

機嫌がいいときは何を言っても気にせず笑い飛ばしてくれる陽気な人なのに、何かのきっかけで機嫌が悪くなると突然ムスッとして

「そんなこと自分で考えてよ!」

と言ってくるような人っていますよね。


まるで二重人格かと思ってしまうこともあるでしょう。


このようなタイプの人への対応法としては以下の2つがあります。

①しばらく我慢して、とりあえず相手を持ち上げる

②相手は子どもと割り切って付き合う


①しばらく我慢して、とりあえず相手を持ち上げる

あまり深刻に考えすぎず

「どうせいつものこと。そのうち変わるよね」

くらいに考えて適当に相手に合わせましょう。


可能であればいろいろな場面で「先輩ができた人ですから」と持ち上げておくと、あなたに対する態度が変わってくるはずですよ^^


②相手は子どもと割り切って付き合う

仮に相手が年上で目上の人だとしても、中身は子どもだと割り切ることも大切です。


そうすれば多少相手が理不尽な態度を取ってきても「仕方ない」と許せるようになると思います。


▼合わせて読みたい

自分の考えを一方的に押しつけてくる

思い込みが激しくて自分の考えを一方的に押しつけてくる人に困っている人も多いです。


「ちゃんと〇〇してくれる?」

「私もこうやってきたんだから、あなたも文句を言わずにこういう風にやって」

というように1つの考えに強いこだわりを持つ人も中にはいますよね。


実はこういうタイプの人は新しいことに対して臆病な一面を持っています。


なので、なんとか自分に有利な方向に持っていこうとする『事なかれ主義』な傾向あるんですね。


このような人に対しては『今は相手に従い、将来性がなくなれば遠ざかる』という対応を取ることをおすすめします^^


相手の言うことを一生懸命に聞いてそれを最大限取り入れようと努力する姿勢を見せれば、相手にとってあなたは『かわいい後輩』に映ります。


努力を続ければ必ず報われるときがきますが、それでも相手が変わらない場合は職場を変えるなどの選択も視野に入れましょう。


▼合わせて読みたい

たまに見下したような態度を取ってくる

仕事はできるけど見下したような態度を取ってくるという人との関わり方も難しいですよね。


「まだその仕事やってるの?要領悪いんじゃない?」と小馬鹿にしたような発言をしたり、

あなたが忙しそうにしているのをわかっているのに、わざと隣に来て世間話を始めたり。


「あなたの仕事の尻拭いをしてるんです!」

と思わず心の中で叫びたくなってしまいます。


そんなときは『早いうちにキッパリと線引きをしておく』ことをおすすめします。


一度相手の尻拭いをすると、それが当然だと思われてしまうからです。


あまりにもあなたの都合を考えずに話しかけてきたり、余計な仕事を増やすようであれば、

「急ぎの用事じゃないなら今は忙しいからできません。

他の人に頼んでいただけますか?」

というふうにキッパリと断って、相手のペースに巻き込まれないようにしましょう。

離れたくても離れられない人との賢い付き合い方

いますぐ相手との関係性を変えるつもりはなくても、賢い付き合い方は知っておいた方がいいです。


ストレスや疲労が限界に達するとうまく立ち回る余裕すらなくなってしまうからなんですね。


苦手な人と関わるときのポイントを抑えておくだけでも、【人間関係のトラブルにおける対処法を知っている】という安心感が生まれて、疲労で倒れる前に手が打てるようになります。


プレミアム会員への登録は無料。


過去記事300本以上が読み放題なので、いまのうちに登録しておくべきです^^


ここからはプレミアム会員の方限定で、【離れたくても離れられない人との賢い付き合い方】についてご紹介していきます♪


好意的な相手でも〇〇〇〇〇ことがある

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

もっと怖いのは相手の〇〇〇による孤独

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手ではなく「〇〇」がどうしたいか?

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

できるところから〇〇するだけでO K!

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

感情と〇〇を切り離せるように練習する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment