人間関係がうまくいかない…嫉妬や孤独を抱く原因と、それを乗り越えるコツ

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数42,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「職場で人間関係がうまくいきません。

上司はその日の気分によって話し方を変えてきますし、部下には無視されて辛いです。

自分は一生懸命仕事をしているつもりなので何がいけないのか分かりません。

特に上司は私とは合わないと思ってるのがひしひしと伝わってきて、風当たりも強く関係が悪化しています…

もう転職するしかないのでしょうか。」

とお悩みではありませんか?


多くの人は自分の気持ちをある程度、隠したり偽りながら生きていく必要があるわけです。


特に職場の人間関係に関してはそれが顕著で、嫌な上司がいたとしても表面上は仲良くしなくてはなりません。


おかしなことを言ってくる部下がいたとしても面と向かって「バカか」とは言えませんよね。


良好な人間関係を築くためには、やはりメンタルを鍛えるのが1番だと思います。


とは言ってもメンタルを鍛えるのはなかなか難しいものですし、1度湧き上がった感情を消すことも難しいです。


かと言って自分の周りから嫌いな人が全員いなくなればそれで幸せになれるのか?と言えばそういうわけでもないと思います。


それじゃあどうすればいいのか?という疑問に答えるために、今回は「人間関係がうまくいかない…嫉妬や孤独を抱く原因と、それを乗り越えるコツ」についてご紹介します。


本記事の内容

  • 他人に嫉妬を抱いたり孤独感を抱く原因って?

  • 良好な人間関係の中で楽しく生きるためのヒント


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

他人に嫉妬を抱いたり孤独感を抱く原因って?

あえて空気を読まないという選択もある

何をするにも相手の顔色を伺ってしまって、言いたいことを言えない。


このような悩みを抱えている人は空気を読みすぎているのかもしれません。


もちろん相手への気遣いや優しさのために空気を読むこともときには大切ですが、読まなくていい空気も存在するということを知っていただきたいなと思います。


良かれと思ってやっている思いやりが空回りして人間関係がうまくいかなくなることはよくあるからです。


人によって思いやりを感じる基準ってバラバラなんですね。


せっかく良かれと思って行動したのに、自分の期待に反する反応を相手がすると

「信じられない!そんなことする(言う)なんて」

と傷ついたりしてしまうと思いますが、これは自分が勝手に良かれと思ってしただけという可能性もあります。


相手が絶対にそれに感謝して受け取る義務はありません。


だから、自分にとって不快だと感じる言動を見聞きしたときは

「あんなことでもあの人は良かれと思ってやってるんだな」

と考えるようにしてみてください。


これを頭に入れておくだけでも心が少し楽になるはずです。


▼合わせて読みたい

生きてる以上、人間関係の悩みはつきもの

人間関係で悩むのは生きてる証拠と言ってもいいくらいで悩みは次から次へと出てくるものです。


意見がずっと平行線のままで物別れで終わってしまったり、あるいはぶつかり合ったりすることもあると思います。


そのようなとき、難しいけどシンプルな解決法があります。


それは「ごめんね」を自分から先に言ってみるということ。


人が怒るのは「私(俺)のことを大切に扱ってくれなかった」ときが多いです。


あなたがどう思ったかにかかわらず相手は

  • 「否定された」

  • 「言い分を聞いてもらえなかった」

と感じてしまうものなんですね。


特に男女間には大きなズレが生じやすいと言われています。


なぜなら「大切にしてくれてるなら、〇〇してくれるはず」という勘違いがあるからです。

  • 「私(俺)の誕生日を覚えているはず」

  • 「メールや電話をもっとくれるはず」

  • 「私(俺)の健康を気にしてくれるはず」


もしお互いがこれを心の中で思っているとしたら、何をしても何を聞いても「あの人は私(俺)を大切にしてくれてない」としか思えなくなってしまいます。


そんなときもし相手が「気づかなくてごめんね」と言ってくれたら、どうでしょう?


今すぐできるできないは別として先に謝れるということは、それだけ器が大きいということ。


そういう解決法もあるということを頭の片隅に置いておいてくださいね。


▼合わせて読みたい

嫉妬の裏にはこんな気持ちが隠れている

相手に嫉妬してしまうという悩みもよく聞きます。

「あんな傲慢なものの言い方をしておかしい」

「あの人は〇〇なやり方をしてるけどあり得ない」


こんなふうに嫉妬の気持ちを抱いたとき、心の底で「負けた」「自分の方が正しい」という気持ちはありませんか?


そんなことはないと思う人もいるでしょう。


でも実際に嫉妬の気持ちが湧いてきたとき、その人の心の底の底の底にあるのは「自分の方がすごい」という思いなのかもしれません。


嫉妬をやめたいと思うのであれば、まずはそんな気持ちを抱いている自分を隠すことをやめることが必要なのかもしれません。

良好な人間関係の中で楽しく生きるためのヒント

私自身もあまり人と付き合うのが得意なタイプではありませんので、「面倒なことになると嫌だな」と考えて他人と距離を置いてきたタイプです。


そんな中でも、良い意味で他人の目を気にしないようにすると自分が思うように好きに動くことができるようになります。


そうすると不思議なもので自然と自分のことを好いてくれる人や応援してくれる人も集まってきて、自分の心に正直になるほど「嫌な人」は消えていきます。


他人の目を気にしないようにするためにはどうすればいいのかということも含めて、ここから解説していきますね。


怖くなるのは〇〇を思い出しているから

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇ものはない覚悟を持つと自信がつく

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本音はぶつけるのではなく〇〇するもの

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

トラブルの原因は〇〇〇〇のことが多い

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

最初から挑戦せずに〇〇〇のはナシです

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
3 Comments

Add a Comment