コンプレックスの克服方法。うまく向き合えば劣等感を強みに変えられる

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数42,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「男性の多い職場で、入った当初から見た目でコンプレックスに思っていることを面と向かってからかわれ、ずっと馴染めずにいます。

仕事も長続きしなくて何度も転職を繰り返しています。

性格が真面目すぎて融通が利かず、人の目を見て話せない。

精神的に子どもで働く意味を分かっていないなどの面が災いし、いつも自分から逃げてしまいます…

私は何かおかしいのでしょうか。」

とお悩みではありませんか?


コンプレックスをはじめとしたネガティブな感情を取り除きたい、忘れたいという悩みを抱える人はとても多いです。


上記の悩みの原因は「からかってくる男性社員」で、多くの人はこの悩みの原因を取り除こうとします。


そうなると、男性社員に優しい性格になってもらうか、違う部署に異動してもらうしか方法はありません。


でも他人を変えるのは時間がかかるもの。


そこで今回は「コンプレックスの克服方法。うまく向き合えば劣等感を強みに変えられる」をご紹介します。


しっかりと実行すれば、マイナス10の感情をプラス10に変える効果も期待できますよ。


本記事の内容

  • コンプレックスの悩みをおさえる方法

  • 劣等感を強みに変えるためにやるべきこと


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

コンプレックスの悩みをおさえる方法

視野が狭くなってマイナス面に目が行く

コンプレックスを抱えていて仕事もうまくいかないこの状況が、いつか楽しいものに変わるなんて想像もつかない。


今これを読んでいる人はそう感じているかもしれません。


出口のない真っ暗なトンネルが永遠に続くのではないか?という考えが頭をよぎりますよね。


八方塞がりになっているときは、どうしても視野が狭くなって目の前の苦しさで頭がいっぱいになってしまいます。


たとえば急な山道を登っているとしましょう。


「苦しい…」と下を向いていると、どんどん苦しくなります。


でもちょっと顔を上げて周りを見渡せば、緑に生い茂った木やキレイな花など美しい風景が広がっているもの。


もっと広い視野で物事を見てみるとプラスの出来事も見えやすくなってきます。


苦しい状況にいるときは「ずっと苦しい」と思いがちですが、生活のすべてが苦しさで埋め尽くされている人はまずいません。


視野を広げるだけでも、楽しいことや自分の良さは見つけられるはずですよ♪


▼合わせて読みたい

「人生、楽あれば苦あり」って本当?

コンプレックスを克服するためには、「やってて楽しい」と感じることを思い出すことが大切です。


たとえば私が楽しいと感じるのはランニングが終わったあと。


走り終わったあとは脚に力が入らず、あっという間に疲れてしまいます。


地獄のように苦しいランニングですが私は2年続けています。


どうして続けられるのかというと、走ったあとの気分が爽快で心も体も晴れやかになるからです^^


スポーツの経験がある人なら運動後の気持ちよさはご理解いただけるのではないでしょうか?


楽しいことって、苦しさのあとにやってくることが多いのかもしれません。


その苦しさが大きいほどそのあとの楽しさもまた大きくなる。


お笑い芸人の渡辺直美さんも、過去にインタビューでこんなことをおっしゃっています。


──渡辺さんの子ども時代ってどんな感じでしたか?

「自分の意見を殺すタイプでしたね。
言ったら怒られるんじゃないか? ダメなんじゃないか?って思っていて、結構まわりの言いなりに近い感じだったなと」

──なるべく目立ちたくなかった?

「仲のいい友達の前とかで物まねとかはよくしてたんです。
周りの目が気にならない小学生の頃は替え歌とかもみんなでやったり。
でも、大きくなるにつれてそういうのがダメなんじゃないかって思うようになって──」

渡辺直美、不屈の精神で乗り越えた過去を独白

▼合わせて読みたい

逃げてると自覚できてる時点で1歩リード

  • 「自分は逃げてる」

  • 「何かおかしいのかもしれない」

そう自覚できてるだけで1歩リードしていると私は思います。


相手から自分が気にしていることを言われたとき。


「苦痛」「運が悪い」「なんでいつも」という言葉を別のものに置き換えてみましょう。


「チャレンジ」「チャンス」「滅多にできない経験」「自己成長の糧」などなど。


「今回のことから学んだことは多いね♪

次はきっとうまくいくよ!」


そう自分に言い聞かせることで落ち込んだ気分はリセットされ、回復がだんだん早くなっていくのです。

劣等感を強みに変えるためにやるべきこと

コンプレックスが原因で劣等感を抱えている人は、「なんで自分はダメなんだろう」と自分を責めてしまいがちです。


そうするとうまくいかなかった自分に対してさらに厳しいことを要求するようになってしまいます。


ここからはプレミアム会員の方限定で【劣等感を強みに変えるためにやるべきこと】をご紹介します。


ちなみに私は中学生時代にはデブが原因でいじめられ、高校時代は医学部受験に失敗し、社会人になってからはうつ病を発症しました。


ただ読むだけではなく、自分に適用するならどうするか?ということを考えながら読んでみてください。

やらされてる感をなくすコツは〇〇〇

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇の努力なら意外と苦じゃない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

苦しい時にどれだけ〇〇できるかが鍵

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇や日記で気持ちを文章化する療法

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

実体験から語る〇〇日記の効果と方法

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

コレ!という正解は1つではない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
One Comment

Add a Comment