子供の気持ちが分からない…子育てのイライラを乗り切る秘訣をご紹介

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「子育ても何もかも嫌です。

PMSのせいかと思いましたが、1ヶ月以上ずっと子供に対してイライラしています。

気分の落ち込みも激しくてこんなんじゃ家庭崩壊すると思います。

手が空けば子供とスキンシップを取るようにしていますが、なんだかしんどいです。

今までずっと笑顔で育児をしてきたのに、やっぱり子育てに向いてなかったのかなと失望しています。」

とお悩みではありませんか?


子育てがうまくいっているママさんの特徴、ご存知ですか?

  • おおらかで、さっぱりしている

  • 子供に依存しない

  • 世間体を気にせず明るい

  • 子供を信頼していつも見守っている

などなど、メジャーな特徴はすぐ思いつくと思います。


しかし、本当に子供の気持ちを理解できている方は少ないと思います。


子供って親が想像する以上に細かいところまで見てるんですよ。

そのため、おおらかで明るい=理想のママというわけではありません。


イライラした勢いで子供を叱ってしまっても、子供との信頼関係が築けていれば子供の気持ちは理解できます。


今回は子供の気持ちを理解して子育てのイライラを乗り切る方法を徹底解説します。


本記事の内容

  • 話の内容を理解することだけが「話を聞く」ではないですよ

  • 子育てのイライラを減らす、うまい立ち回り術とは


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

話の内容を理解することだけが「話を聞く」ではないですよ

問題行動を起こすのは親の注目がほしいから

  • 「絶対ヤダ!」と言って暴れる

  • 嘘をつく

  • わざと物を壊す

など、子供はたまに行きすぎた問題行動を起こすことがあります。


子供がこのようなことをする理由は、親や周りから注目してほしいからです。

親の愛情がほしいから子供は問題行動を起こして注目を集めようとします。


なので問題行動を改善するには、親の不快と理解が何よりも効果的なのです。


そもそも、「やりすぎること」は子供にとっての仕事でもあります。


成長とともに物を掴んだり口に入れたり投げたりしてみて、いろいろなことを学んでいます。


「ここまでならやっても安全なんだ」

「これ以上やるとキケンなんだ」

という境界を、親に注意されながら少しずつ知っていきます。


▼合わせて読みたい

実は子供の話を聞いていないことが原因

「子供が言うことを聞いてくれない」

「親である私にあまり自分のことを話してくれない」

と悩む親御さんは、実は子供の話を聞けていないことが多いです。


話の内容をただ理解することが話を聞くことではないのです。


もっと大切なのは、子供が「お母さんは自分の話を聞いてくれている」という実感を持てるかどうかです。


例えば、あなたが「最近仕事が忙しくて休む暇がない」という悩みを抱えているとします。


そしてそれをA子さんとB美さんに相談したとしましょう。


[A子さん]

何も言わずに真剣に時間をかけてあなたの話に興味を持って聞いてくれます。


[B美さん]

携帯を触りながらいい加減に話を聞き、時々「無理しないで休めばいいんだよ」とアドバイスをしてくれます。


でもあなたは話を聞いてもらえていると感じられません。


あなたは悩んだ時にどちらに話をしたいですか?


▼合わせて読みたい

子供に興味を持とうと意識することが大切

子供の話を真剣に聞いて、子供に「話を聞いてもらえた」と実感してもらうためには以下の3つのことを行う必要があります。

①注意深く興味を持って聞く

②批判や評価をしない

③姿勢や表情を子供に合わせる


①注意深く興味を持って聞く

「聞いてあげるから話してみなさい」という姿勢では、子供は話してくれなくなります。


子供の話を聞くことと、今やっている作業のどちらが大切かを常に意識することが大切です。


②批判や評価をしない

話の途中でいつも親から批判や評価されると、子供は自分から話したくなくなります。


あなたも友達に「今日〇〇なことがあって…」と話している途中で毎回あなたの話を遮って、

「あなたが悪いよ」

「あなたは悪くないよ」

と言ってくる相手に、次も話したいと思うでしょうか?


人は、話を途中で遮られればその人の話を聞きたくなくなるという心理が働きます。


③姿勢や表情を子供に合わせる

人は高い位置に立っている人と話すと、その相手が権威的に見えて安心して本音を話せなくなることがあるんですね。


姿勢や表情や声のトーンを子供に合わせると、子供は安心して話せるようになりますよ。


子供が親の言うことを聞かないというのは、親子の信頼関係が十分に築かれていないからです。


まずは上記の3つのことを意識して実践してください。


「それでも子供の問題行動が減らずに困っている…」

という親御さんは、これからご紹介する方法を用いて、もっと深い部分の子供の心理を理解してイライラしない子育てを目指しましょう。

子育てのイライラを減らす、うまい立ち回り術とは

〇〇は子供自身に見つけさせ答えさせること

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

叱る前に未来の〇〇〇〇を具体的に想像させる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇な言葉は極力使わないように心がけよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親子の間の〇〇〇の違いを理解して話をする

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「〇〇を教えなければならない」は間違ってる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment