母子家庭で子供の自己肯定感を高めるコツ【テクニック公開します】

   

この記事を書いている人
– Writer –


東京都出身の心理カウンセラー

3年間心理学を独学後、社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

インスタグラムでは37,000人、有料ブログでは月間16,000人の方々の心の支援を行なっている。

「夫婦問題」「子育て支援」「自己成長」を中心に悩みの対処法を発信している。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「母子家庭の子供は、一生劣等感を持ちながら生き続けなければならないのでしょうか?

離婚して女手一つで子供を育てていますが、学校での問題行動が絶えません。

子供たちには辛抱することしか教えてやれず不憫な思いをさせてきたことを悔やんでいます。

子供の人生において、経済的・精神的にその行く末が不安でなりません。」

「離婚後、子供に父親を会わせた方が良いのでしょうか?

何度か面会をさせていたけど、元夫の昔と変わらない態度にイライラしてしまいます。

子供から会いたいと言わない限り、そっとしておいても大丈夫なのでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


本記事の内容

  • 子供が何歳になっても「ありのまま」を受け入れよう

  • 一人親として子供の自己肯定感を高めるためにやること


本記事を読むことで

  • 父親と会うのを嫌がる子供への対応法

  • 離婚後から子供の問題行動が目立つ時の対応法

  • 一人親でもできる子供の気持ちへの寄り添い方

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

子供が何歳になっても「ありのまま」を受け入れよう

すべては母性と父性のバランスにかかってる

まず初めにお伝えしたいことは、母子家庭だからといって子供がうまく育たないことはないということです。


子供を育てるには母性と父性が必要だと言われていることから、心配になるシングルマザーの方って結構いるんですね。


ですが、たとえ母子家庭であっても、母性と父性をバランスよく与えていけば子供は健全に育っていきます


ポイントとしてはたっぷりと母性を与えた上で、必要に応じて父性を与えていけばOKです。


  • 母性とは、子供のありのままを受け止めて認めること

  • 父性とは、社会のルールや責任を教えること

という感じです。


例えば、お母さんから十分に受け止めてもらっている子供の場合。


自分が常に周りの大人たちに優しく受け入れられる経験をしているため、自信がついて他人を受け入れる力も自然と身についていきます。


なので、幼稚園や小学校などの集団生活におけるルールなどを教えてあげると、それをすぐに受け入れてしたがってくれるんですね。


▼合わせて読みたい

信頼関係なくして、子供は言うことを聞かない

ですが、たっぷりの母性をもらっていない子供にいくら社会のルールを教えても、それを受け入れようとしないことが多いです。


むしろ友達を叩いたり、物を壊したりなどの問題行動を繰り返すようになります。


というのも、自分が親から十分に受け入れられていないので自分の存在に自信が持てないからなんですね。


現在お子さんの反抗的な態度が目立つという場合。


まずは子供のありのままを受け入れることに徹してください。


時間をかけて母性だけを与える
   ⬇︎
子供と信頼関係が築かれる
   ⬇︎
幼稚園や小学校でのルールを少しずつ教えていく
   ⬇︎
子供の飲み込みが早くなる

という良い循環になっていきます。


このように、母性(ありのままを受け入れる)と父性(社会のルールを教える)のバランスを保つことが大事です。


これらがきちんと与えられていれば、たとえあなた一人で子育てをすることになったとしても子供は健全に育っていきます。


▼合わせて読みたい

親以外の大人と接する時間で価値観が広がる

そしてもう一つ心がけてもらいたいことは、いろんな人の手を借りて子供を育てるということです。


あなた自身のご両親や頼れるご近所さんがいれば心強いですね。


もし引越しなどで環境が変わってその当てがないという方は、

  • 子育て支援センター

  • ファミリーサポートセンター

のようなサービスを利用をしたり、

  • 身近なカウンセラーに相談をする

  • 専門家のアドバイスを参考にする

などの方法もあります。



ここで一つ、分かりやすいように少し極端な例をあげてみますね。


親御さんの中には

「今は大変で苦しくても、もう少し頑張りなさい。

それが必ず将来のあなたのためになるからね。」

と、子供の将来の幸せのために現在の幸せを多少なりとも犠牲にしてもいい、という気持ちで子供と接している方もいます。


ですが祖父母の場合は、今自分の目の前にいる孫を幸せにしたい気持ちでいっぱいです。

時には孫を喜ばせるためにあなたのしつけを邪魔する時もあります。


ですが、子供はそのようなふた通りの愛情を得ることでうまく育っていくんですね。


大切なのは、子育ての手を借りる人とあなたの間に信頼関係があることです。

親がそのような第三者と親しくする姿を見て、子供は人間関係を学んでいきますからね。


ここからはプレミアム会員の方限定で、

  • 元夫と子供との付き合い方

  • 離婚後の子供の問題行動への対応法

を通して、子供の自己肯定感を高める方法について詳しく解説していきます。

一人親として子供の自己肯定感を高めるためにやること

父親に会わせる時は子供の〇〇を最優先する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

あなたと違う〇〇をする父親に戸惑うこともある

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

子供の〇〇〇を守るためにプライドを捨てる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇い時間を過ごせば子育ては大丈夫

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇した時は素直に気持ちを子供に伝える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment