【後編】嫌いな人と会ってもイラッとしたり傷ついたりしない心の作り方を教えます

   

この記事を書いている人
– Writer –


東京都出身の心理カウンセラー

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「職場ではとりあえず好かれも嫌われもしない、当たり障りのない対応を目指して毎日やっています。

仕事をしに行ってるのに仕事に集中できずミスをするようになり、疎外感も感じます。

それが異様に疲れて、プライベートの人間関係までめんどくさくなってきました。

職場にいても家に帰っても逃げ場がなくて、うまくやっていかなければなりません。

また穏やかな人間関係を築くことってできるんでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


「自分が我慢してでもいいから、相手から嫌われたくない」

「とりあえず相手に合わせておけば大丈夫」

と言っている方がいますが、そのやり方だと一生人間関係で悩むことになります。


これは多くの方が誤解していることなのですが、

「相手に合わせるからといって、その相手と良好な関係が築けるわけではない」

という事実を皆さん知らないのでしょうか?


相手に合わせなくても人間関係をうまくやっている人はいますし、ハッキリと自己主張をしても想像しているような最悪なことが起こることはありません。


今回は、嫌いな人との関わり方について解説していきます。


本記事の内容

  • その都度、自分をどう見せるかを変えていけばOK

  • ”嫌な人”と上手に関わるための穏やかな心の作り方


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

その都度、自分をどう見せるかを変えていけばOK

面倒なのに避けられない付き合いで心が消耗

あなたは普段からいろいろなコミュニティの中で生活を送っていると思います。

  • 親しい友人関係

  • ご近所さんやママ友付き合い

  • 親戚

  • 職場の同僚や上司

など、必ずしも自分から望んだわけではないのに「加わらざるを得ない」コミュニティもあります。


例えば、友人やママ友同士というのは対等な関係ですので、遠慮なしに無神経な発言をされることも多いです。


距離が近いからこそ何かにつけて比較の対象にされるし、妬みなどのドロドロした感情も当然、生まれやすいです。


そのほかにも親戚やご近所、職場の人間関係など、「面倒だけど避けられない」付き合いをしなければならないこともあります。


そういう集団の中には必ず

  • 「変わった人」

  • 「自己主張の激しい人」

が存在するんですよね。


あの人を立てればこの人が立たない、などの面倒なパワーバランスも生じてきます。


「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、誰かが我慢しなければならない関係は長続きしません。


▼合わせて読みたい

社会のどの組織にも必ず存在する”嫌な人”

ドロドロの人間関係に悩んでいる時は、相手をタイプごとに振り分けてパターン化して対処すると良いですよ。


本記事は後編になりますので、前編をまだ読んでいない方はこちらからお読みください。


面倒な人というのは、以下の2パターンに分かれます。

①理不尽タイプ

②暴力タイプ


①理不尽タイプ

あなたに非のないことや覚えのないことに対して突然怒ってきます。


自分が味わった恐怖や不安や無力感を、自分より弱い人に味わせるのが好きなタイプです。


こういう人は会社にも病院にも大学にも、どんな組織にも存在します。

ある意味弱い人間だと言えます。


②暴力タイプ

ひたすら暴言を吐いて、あなたが傷ついているという反応を見せるまで、攻撃を緩めません。


他人を壊したい、傷つけたいというタイプの人は一定の割合で存在します。


それはどうしようもないことなので、早めに見極めてあなたから避けるしか方法はありません。


▼合わせて読みたい

超・多重人格になることを恐れてはいけない

嫌な人と向き合わなければいけない場合は「相手と自分の感情に境界線を引く」ことが大事です。


相手も興奮しているのでそれに巻き込まれないように気をつけなければなりません。


例えば、あなたは興奮している相手を上から冷静に見下ろして、

「あなたの感情と私の感情は違うんです。

だってあなたと私は別の人間だから。」

というふうにキッチリと線引きをします。


こういうことを書くと

「多重人格みたいで怖いし、そんな冷たい人間にはなりたくありません」

と思う方もいると思います。


でも私たちはある意味で多重人格です。


  • 会社で見せる自分

  • 親友の前で見せる自分

  • 家族の前で見せる自分

それぞれ違いますよね。


多重人格だといくつかの人格が三角形とか六角形とかを作っているので、角が目立ちます。


ですが超・多重人格だと角が多くなって円に近づいていくので、角が目立たなくなります。


つまり、相手に合わせてその場その場で自分の見せ方を変えていけば良いのです。


ドロドロの人間関係で苦労する人はこれができていません。

まずは「いい人」をやめましょう!


そして今からプレミアム会員の方限定でご紹介する、様々な攻撃への適切な対応の仕方を学んで実践すれば、嫌な人と上手に関わる心(マインド)が出来上がります。

”嫌な人”と上手に関わるための穏やかな心の作り方

〇〇つもりはないことをはっきり意思表示する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手からの皮肉や愚痴をピタッと止める〇〇一言

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇して褒めることで貴重な時間を節約しよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

避けずに、より〇〇の高い別の話題へ誘導させる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の〇〇を満たすことを最優先にしてはいけない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment