【ストレス減らす】もっと良い人間関係を構築する方法【性格診断テスト有】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「人の目を気にしすぎて自分らしく生きられません。

そのためストレスを溜めやすく、体調不良が続いています。

メンタルが強くなりたいです。」

「人間関係がうまくいかないです。

合わない人にイライラしたり、言いたいことが言えません。

円滑な人間関係を構築するコツを教えてください。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうやったら人間関係がうまくいくのか

  • 円滑な人間関係を築く方法

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 性格ごとに分かれる、相手との付き合い方

  • 自分の長所を活かして人間関係のストレスを減らす方法

が分かります。


どうやったら人間関係がうまくいくのか

自分の長所と短所を知って対処する

「あの人が誰とでも仲良くできるのは、生まれつき社交的な性格だから」

「〇〇さんが前向きで明るいのは、もともとストレスに強いメンタルを持ってるから」

と思ったことはありませんか?


確かに、生まれつきの性格を変えることはできません。


しかしどんな性格であれ、

自分がどのような長所や短所を持っているかを知る

ことで、人間関係でストレスを抱えた時にうまく対処できるようにする方法があるのです。


例えば、あなたと同い年のママ友Aさんがいたとします。

あなたとAさんは

  • 子どもも同い年

  • お互いに子育ての経験もゼロ

  • お互い専業主婦として同じ量のタスクを毎日こなす

という状況にあるとしましょう。


ある時、あなたとAさんが子どもを連れてランチに来た時。

子どもが店内でうるさくしてトラブルが起こったとします。


Aさんは一時的にイライラして焦りましたが、

「子どもだし、こういう失敗もあるよね。

次はこういうことがないように気をつけよう」

と考えます。


しかしあなたはイライラして落ち込み、

「はあ。

私のしつけがなってないからだ…

やっぱり私は母親失格なのかな…」

と考えます。


  • Aさんはストレスに対して上手に対処できる性格

  • あなたはこのようなトラブルが何度も起きると心身の不調が現れやすくなる性格

ということです。


もちろんAさんのような性格を持っていた方が、楽しい人生を送れます。

それを手に入れるためには、

「現在の自分の性格にどのような傾向があるのか?」

を知って、その特徴に合わせてどのようなストレス対処法を行なっていくかが重要になってきます。

自分の性格が分かる心理テスト

今回ご紹介する心理テストは「交流分析」という心理療法のうちの1つです。

「自分の性格は自分が1番知っているので、心理テストは結構です」

という方もいるでしょう。


心理テストをやる目的

しかしそれはあなたが自覚している部分であって、

「他人からどう見られているか?」

ということを分かっていないことが多いです。


主観を抜きにして、自分自身の本当の姿を知るのが今回の心理テストの目的です。


心理テストをやって得られるもの

①自分の性格特性を知って、心と身体のセルフコントロールをする

②考え方や行動を改善する

③人間関係を円滑にして、家族・友達・職場の仲間との交流を深める


また、この心理テストの結果から、

  • ストレスを溜めやすい性格

  • 周囲にストレスを与えてしまいやすい性格

などのタイプが分かります。


それでは早速、テストをやってみましょう!



テストの結果はどんな感じでしたか?


自分の長所・短所が明確に分かったと思います。

それが、「他人から見られているあなた」の長所と短所になります。


自分の予想と当たっていたでしょうか?

本記事の後半からは、テストの結果を踏まえて、円滑な人間関係を築くためのコツを4つにまとめてご紹介します。

円滑な人間関係を築く方法

辛い時はあえて泣く時間を確保

「今まで仲良くしていた友人に裏切られた…」

「人目を気にして素の自分を出さないから、輪に入れない…」

と悩んで辛い日々を送っているのであれば、あえて泣く時間を確保しましょう。


ストレスが限界を超えてしまうと、ストレスに過敏になります。

そして、うつ状態やその他の心の不調を引き起こす原因となってしまうからです。


「元気が出なくて何も手につかない」と、不安に思っていることは悪いことではありません。


弱っている時は無理に明るく振る舞うよりも

「辛いから泣いていいんだ」

「こんな状況にいたら何もできないのが当たり前」

と、今の自分を受け入れることが大切です。


もし周りから

「気にしすぎだよ。

あまり考え込みすぎない方がいいんじゃない?」

などと言われたら、

「今の私(俺)にはそんな時間が必要なの」

と考えるようにしましょう。


人は辛い出来事にあった時、自然と涙が出てきます。

これは正常な生理反応です。


それを我慢すれば、今度はそこに新たなストレスが生まれます。

泣きたい時には思い切り泣きましょう。


辛さや悲しみの感情を感じきると、

「人生って悪いことばかりじゃない」

と、別の角度から物事を見られるようになります。

他人の失敗や欠点を許す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

客観的に捉えて自分の行動を振り返る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他人と過去は変えずに自分と現在を変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

聞き上手になるための5つのコツ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment