めんどくさい人間関係を乗り越える秘訣

   

どうやったらめんどくさい人間関係を乗り越えられるのか知りたいという方へ。

同じ部署の同僚や先輩と馴染めずに仕事に支障が出ていて困っている。

いつも凡ミスが多く周りの人からキツい口調で怒られるのが辛い。

めんどくさい人間関係に悩んでる時の対処法などがあれば、ついでに知りたい。 

と考えていませんか?

どうやったらめんどくさい人間関係を乗り越えられるのか

仕事以外のコミュニティを作る

仕事以外のコミュニティを作りましょう。

なぜなら、会社が嫌になる1番の理由は人間関係だからです。

固定化されたコミュニティの中で1つにしか属していないので悩みが大きくなります。

仕事の悩みは仕事仲間と話して解決させればいいかと言えばそうではなく、

自分が普段いるコミュニティとは全く別のコミュニティで仕事の悩みが解決したり

自信を取り戻すこともあります。


「私には会社しかないから嫌なことがあっても同僚とうまくやらなきゃいけない。」

「私には学校の友達しかいないから、合わなくても合わせなきゃ…」

など、自分が認められたいコニュニティが1つだけになってしまうと依存度が高まります。

そして「他人の価値観=自分の価値観」になって、自分の価値が分からなくなります。


複数のコミュニティを持つことのメリットは、

①自分を責めることがなくなる

②固まった価値観から解放される

それぞれの「当たり前」はコミュニティによって違うので、1つのコミュニティの常識が

自分に合わなくても、それが他のコミュニティでは常識であるというケースはよくあります。

「そういう考え方もあるんだな」と軽く受け流すことができるようになります。


固定化されたコミュニティの中で違和感を感じた時に

「私がおかしいのかな?」と心配になることはよくあることです。

しかし複数のコミュニティに属することによって「これって別に気にすることなかったんだ」

と気づくことができます。

3年後を想像する

3年後も同じ悩みを抱えているか、想像してみましょう。

人の悩み事は「未来への不安」と「過去への後悔」で成り立っています。


未来への不安とは、

「このパワハラ上司の元でこの先ずっと働いていけるかな…」

「この部署の残業当たり前って聞いたらここに異動になったら嫌だな…」

などです。

過去への後悔とは、

「あの時先輩ともっと仲良くしてたら早く昇進できたかもしれないのに!」

「資料提出する前にちゃんと確認しておけば上司に叱られることなかったのになぁ…」

などです。


「今」に集中しましょう。

毎日少しずつでもいいので小さな対策を取って悩みの種をずらせば、

別の対策が思いつきやすくなります。

こうしていれば3年後に今と全く同じ悩みを抱えている可能性は低いです。

今を通過点として捉えることができ、気分が楽になります。


悩みが解決することは、悩みの原因がなくなるということではありません。

「悩みだと思っていたこと自体がどうでもよくなる」ということです。

多くの悩みが「考えすぎ」から来ていることもよくあります。

考え事は考えすぎると悩みになり、悩みすぎるとやがて身体を壊します。

考えても仕方ないことは考えすぎないようにすることも大切です。


解決できる悩みは放って置かずにすぐに解決策を練るべきですが、

「絶対に悔いのない人生を送るにはどうしたらいいのか」

「幸せの意味ってなんだろう?」

などのような解決できない悩みは放って置くことが賢明です。

お互いに歩み寄る

悩みの原因になっている相手に歩み寄ってみましょう。

お互いの理解が深まって信頼を強固にしてくれます。


人によって「当たり前」は違います。

自分の常識を相手に説明もせずに、

「〇〇さんはこうするべきだった」「私が上司だったらああいう言い方はしない」

のように相手に期待することはかなりのリスクを伴うとともに、

人間関係をどんどんこじらせる原因となります。

相手が自分と同じ考え方を持っていることはほぼ稀です。

そして相手を変えることはほぼ不可能だと知ることも大事です。


こういうことを言うと「自分ばかり折れて相手に合わせるのは嫌だ」という人がいます。

そういう場合はお互いの意見とはかけ離れた第3の案を提案してみるのもよいです。

勝ち負けにはこだわらないようにしましょう。

相手の気持ちを試すのではなく、相手を理解しようと歩み寄って受け入れてください。

人は自分を受け入れる程度にしか相手を受け入れられません。

理解しがたいような相手の大きなミスや性格を受け入れるためには、

まず自分が自分自身を大きな器で受け入れられていないといけないということです。


自分をあるがままに受け入れることは難しいです。

なぜなら欠点やダメなところがある自分を受け入れることに、多くの人は抵抗があるからです。

自分が相手からどう思われているのかを気にしないことが、

お互いに中間点を探しながら歩み寄ることへの近道となります。

めんどくさい人間関係に悩んでいる時にセットでやるべきこと

相手の好きな部分を考えて話す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他者の期待を背負わない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手を変えようとしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment