適応障害とパーソナリティ障害の改善法【家族ができる対応法もあります】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「先日、旦那が適応障害とパーソナリティ障害の診断をされました。

家族として治療に向き合っていきたいのですが、適応障害とパーソナリティ障害の違いが分かりません。

どう対応していくのが良いのでしょうか?」

「過去にパーソナリティ障害と診断されたのですが、最近では適応障害ではないかとも診断されました。

薬もあまり効果がなく、同じ症状を繰り返す日々が辛いです…

どうやったら改善できるのか知りたいです。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • 適応障害とパーソナリティ障害の関係性とは

  • 適応障害とパーソナリティ障害を併発してる際の改善法

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • パーソナリティ障害の人が適応障害になるワケ

  • 各パーソナリティ障害ごとの適応への効果的な対応

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

適応障害とパーソナリティ障害の違いとは

パーソナリティの違い=適応の違い

適応障害がよく分からないという方は、下記の記事も一緒に読んでみてください。




遺伝的な要素と環境が影響しながら、私たちの考え方や行動パターンが出来上がっていきます。


例えば

親がいつも家にいなくて自分のことを全て1人でやらなければいけない環境で育った子供は、

  • 他人をあまり信用しない

  • 素直に甘えたり頼ることができない

などの特徴を持った大人になりやすい傾向があります。


これも少なからず育った環境が影響していることになります。

これがパーソナリティ(人格)というものですね。


一般的には

18歳を過ぎた頃から固定化されて、

20代前半にはその人のパーソナリティがほぼ完成する

と言われています。


つまり20代前半の時点で怒りっぽくて物に当たるようなパーソナリティを持っている人は、それが自分のパーソナリティのスタイルとして確立されるということです。


パーソナリティの違いは、そのまま適応の違いに関わってきます。


言われてみれば当たり前かもしれませんが、同じ環境下にいても

  • ストレスへの対処法

  • どうやってその環境に適応していくか

などは、性格の違いによって変わってきますよね。


なので、適応障害を考えていく上で、その人がどのようなパーソナリティを持っているかを考えながら対応をしていくことが大切になってきます。

パーソナリティ障害の特徴を解説

パーソナリティ障害は10種類あります。


それらを全て紹介していると記事が終わらなくなってしまうので、今回は5種類に絞って解説していきます。


その5種類とは以下のとおりです。

①回避性パーソナリティ障害

②依存性パーソナリティ障害

③強迫性パーソナリティ障害

④境界性パーソナリティ障害

⑤自己愛性パーソナリティ障害


一度は耳にしたことのある方もいると思いますが、簡単にそれぞれの障害の特徴を見ていきたいと思います。


①回避性パーソナリティ障害

[特徴]

  • 新しいことに挑戦したり、責任が伴うことを避ける

  • 人付き合いは表面的なものが多く、深入りを避ける

  • 実力より下の仕事で満足して、負担が増えるのを嫌う

  • 「自分は能力がないからどうせ失敗する」という思い込み

  • 小さい頃からあまり褒められたことがない


②依存性パーソナリティ障害

[特徴]

  • 「自分は無能だから1人では何もできない」という思い込み

  • 相手の顔色を見て機嫌をとるので気疲れしやすい

  • 自分の代わりに判断、指図してくれる人を周りに置く

  • 小さい頃に親から支配されて言いなりになることが多かった


③強迫性パーソナリティ障害

[特徴]

  • 既存の枠組みやルールに対して強いこだわりを持つ

  • 計画や予定通りに物事を行うことを好む

  • 正論を言いすぎて周りから煙たがられることがある

  • 最もうつになりやすいタイプ


④境界性パーソナリティ障害

[特徴]

  • 「自分の要求を叶えてくれないなら死んでしまう」という考え

  • 親しい関係になると急に依存したり不安定な行動が目立つ

  • 小さい頃に親から見捨てられたり、不安定な環境で育った

  • 気分の変動が激しく、強い不安や自己否定感を持っている


⑤自己愛性パーソナリティ障害

[特徴]

  • 他人に対して共感や思いやりに欠け、孤立を招きやすい

  • 「自分は特別」「自分は他の人とは違う」と考える

  • 自分本位に相手を打ち負かそうとして人望を失いやすい

  • 自分への批判を否定して賞賛してくれる人を好む

  • プライドが高く他人を見下す親に育てられた傾向

自信のなさを補う過程で適応障害になる

それぞれのパーソナリティ障害で色々な特徴があるのですが、どれも根底にあるのは「自分に自信が持てない」ということです。


その自信のなさを補う方法として

回避性パーソナリティ障害の人

➡︎自分が傷つくような失敗を避ける


依存性パーソナリティ障害の人

➡︎他人に頼ることで安心感を得る


強迫性パーソナリティ障害の人

➡︎枠組み通りに約束や計画を忠実に守る


境界性パーソナリティ障害の人

➡︎自分の命を引き換えに捨て身になる


自己愛性パーソナリティ障害の人

➡︎他者を見下したり自分を過大評価する

などが使われているのです。


では、それぞれのパーソナリティ障害において適応を改善していくためにどのようなことを気をつければ良いのでしょうか。


ここからは、プレミアム会員の方限定で

  • 各パーソナリティ障害の人が陥りやすい落とし穴

  • 適応障害を治療する上でのポイント

を解説していきます。

適応障害とパーソナリティ障害を併発してる際の改善法

本人に「自分にも〇〇〇〇がある」と思わせる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の〇〇を受容して自分の〇〇を伝える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

人間的な〇〇〇を大切にし価値観を押し付けない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

いつも変わらない〇〇〇〇で関わる人を探す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

問題を指摘する時は〇〇〇〇〇に言うかに注意

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment