嫌と言えないときの対処法

   

嫌と言えないときにどうやったらうまく誘いを断れるようになるか知りたいという方へ。


何かを頼まれると嫌と言えなくて、誰にでもいい顔をして疲れてしまった

人に嫌われるのが怖くてなかなか誘いを断れない


嫌と言えないときにどうしたらいいか、何か対処法があればついでに知りたい。 と考えていませんか?

どうやったら誘いが断れるようになるのか

感情を押し殺していないか確認

相手と話しているときに、

どのくらいの頻度で自分の感情を押し殺しているかを確かめてみましょう。

この回数が多いほど、自分が無意識に相手に合わせてしまっていることが多いです。


「付き合っておかないと悪いかな?」「誘いに乗っておかないと嫌われるかな?」

と考える必要はありません。

誘いを断ることは悪いことではないからです。


「行きたくないから行かない」のではなく、

「他の用事があるから行けない」というふうに考えましょう。


こういうことを言うと、

「嫌なのか嫌じゃないのかすら、分からなくなってきた」という人がいます。

感情を押し殺し続けた結果、感情が湧かなくなることがあります。

それはどこかで「自分は嫌なことをされても仕方ない」と思って、

本当の気持ちを抑制しようするからです。

このような考え方は嫌なことや人をより引きつけてしまいます。


「自分さえ我慢して誘いに乗っておけば大丈夫だ」

というやり方は意味がありません。

相手が自分の気持ちをいつか察して動いてくれることを期待していても状況は変わりません。

なので我慢をして耐え抜いても問題は解決しないのです。


自分がその人に対してどのくらい頻繁に自分の意見や感情を押し殺して

付き合っているかをよく観察し自分の本当の気持ちに気づくところから始めましょう。

完璧主義をやめる

完璧主義をやめましょう。

なぜなら、自分を追い込むことにつながるからです。 


「職場の雰囲気をよくするためにも、誰一人として不快な気分にはさせられない」

「場を盛り上げるためにも、ネガティブな発言は避けたい」

と考えることが多い場合、空気を読みすぎて完璧主義になっている可能性があります。


あなたが誘いを断って相手が嫌な気分になったり文句を言ってきたとしても、

それはあなたの責任ではありません。

頼みごとや飲み会の誘いなどは、双方の意見が一致してはじめて成立されるものです。


完璧主義になりがちなときというのは、自分に期待しているときでもあります。

完璧を目指そうとすればするほど完璧からは遠ざかっていきます。

自分に厳しくなると同時に相手にも厳しくなります。


「同僚の頼みは必ず手伝うし、会社の飲み会も必ず参加する。」というルールを

自分の中で作ってしまうと、他の誰かがやってないところを見るとイライラしてしまいます。

「私は我慢して嫌とも言わずに頑張ってやってるのに…」と、自分を責めることにつながります。

なので全てを完璧にこなす必要はないということを心に留めておきましょう。

重要な人を見極める

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

嫌と言えないときにセットでやるべきこと

自己嫌悪に陥らない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手を変えようとしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の意見を気にしすぎない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment