意見が合わない人との付き合い方

   

上司と意見が合わないときにうまく対処できなくて困ってる…
提案をしても聞いてくれないどころか理不尽に怒り出したり文句ばかり言われる…
どうやったら意見が合わない人とうまく付き合えるのか知りたい!

とお悩みの方向けの記事です。


意見が合わない人とはどうやって付き合ったらいいのか

事前によく調べて準備しておく

事前によく調べて準備しておきましょう。

なぜなら、ちょっとした言い間違いや誤った情報交換が、

そのあとの会話の中で足を引っ張ってしまうことがあるからです。


相手に関する情報を事前に集めておくことで話題の糸口が作りやすくなります。

人は自分に関心を持ってくれる相手に親近感を持つので、

高い評価をしてくれる相手には好意的な態度で接するようになります。

また、同時に信頼感を抱くようにもなります。


例えば、

・この人はどういうことで機嫌が悪くなるのか

・あの人にこういう質問をしたらこう返す

など、あらかじめシュミレーションをして要点をまとめておくのと

そうでないのとでは大きな差が出ます。


意見が合わない人と話しているときは些細な発言でも気に障ってイライラしてしまいます。

しかしそこで一緒になって感情的になってしまっては意味がありません。

常により多くの情報を持っている人が会話をリードすることができます。


なので先に相手のことをよく調べて知っておいた方が気持ちに余裕ができて、

落ち着いて会話を進めることができるようになります。


こういうことを言うと、

「事前に調べて準備するのが面倒くさい。」と言う人がいます。

確かに「なんで私がわざわざそんなことしなくちゃいけないの?」と思いたくなるのは普通のことです。


しかし仕事上の都合や家族など、

どうしてもその人と長期的に関わっていかなければならないという場合、

現実に向き合わないと何の問題解決にもなりません。


相手が自分の気持ちを察してくれて、いつの間にか相手の性格が丸くなって、

問題が解決するということはほぼないです。


問題解決のために何ができるかは自分自身で考えなければいけません。

なので、相手について事前によく調べて準備しておく習慣をつけましょう。

相手の意見は直接否定しない

相手の意見は直接否定しないようにしましょう。


よほど極端な意見でない限り、誰の意見であっても聞くべき部分はあります。

そこに「だからあの人は仕事ができないんだよ。」「部長って本当に効率が悪いな…」

という感情を付け加えるから、

途端に相手の意見が「聞く価値のない意見」になってしまうのです。


こういうことを言うと、

「どうしても意見が合わなくて、相手の言ってることが全く理解できない場合は

どうすればいいのか?」と言う人がいます。


そのときは相手の意見を否定してもいいですが、人格まで否定しないように気をつけましょう。

あくまで相手の主張をよく聞いて主張に対してだけ反論するように心がけてください。


その際、言い方に気をつけて少しユーモアを交えて伝えるようにすると、

相手を傷つけずに自分の思ったことをまっすぐに伝えることができます。

相手の気持ちは分からないと割り切る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

意見が合わないときにセットでやるべきこと

自分と向き合う時間を作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他人の目を気にしすぎない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

影で悪口を言わない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment