自分を責めたくなったら〇〇しよう

   

どうやったら自分を責める癖がなくなるのか知りたい方へ。

苦しいのにさらに自分を責めて追い込んでしまう。

小さな失敗でも激しく自分を責める癖があって、嫌になる。

具体的にどういうことをして治したり克服したらいいか知りたい。 

と考えていませんか?

どうすれば自分を責める癖がなくなるのか

自分を責めることを耐え忍ぶ

一番大事な忍耐とは、自分を責めることを耐え忍ぶことです。

どんなに辛い状況にいても自分で自分を責めることはやめましょう。

自分を責めることは一番自分を粗末に扱うことです。


「あなたはダメだね」と自分に言われてみたら、きっと耐えられないでしょう。

常にそう言われていたら立ち直る気力も湧かなくなります。

自分の居場所は自分で塞ぐのです。

しんどくなったら、「大丈夫だよ」と自分をいたわってください。


ストレスの大半は自分を責めることから生まれます。

「母親なんだから〇〇するべき」

「男なんだから〇〇するべき」

「年上なんだから〇〇するべき」

「仕事なんだから〇〇であるべき」

”〜〜すべき”という基準は人によって違います。

他人の”〜〜すべき”を正しいと思って優先しようとすると、自分を責めることにつながります。

あなた自身の基準があるはずなのでそれに従うようにしましょう。


自分を責めてしまっているときは、改善したり成長したりすることの意識がいかなくなっています。

気づいたタイミングで「どうやったら改善できるかな?」と考えるようにしてみてください。


また、自覚したときにすぐに自分を責めることをやめることももちろんですが、

さらに自分のやったことでいいところを見つけて褒めてみるのもよいでしょう。

これで心がとても楽になって余裕を持てるので、思考や行動によい影響が出ます。

自分の限界を知る

自分の限界を知りましょう。

自分をいたわる際に大事なことは、「自分はどこまで頑張れるか」

その限界を知って超えないようにすることです。

心身がともに悲鳴をあげているとき、小さなミスが立て続けに起きたとき。

遠慮せずに心身を休めることに専念することが大事です。


最近我慢してるなと思ったらそれを伝えるようにしましょう。

言わないと相手は気づかないので今後もずっと我慢し続けることになります。

我慢の限界が来たときに相手に怒りや悲しにをぶつけてもお互いに嫌な思いをするだけです。


自分の限界を超えるところまで頑張ったところで

「あの人は何でもやる人だから」

と相手に思われ、都合よく扱われてしまう可能性があります。

「辛いなぁ。もう無理かもしれない…」と助けを求めることは恥ずかしいことではありません。

自分の限界を知って、限界が来る前に対処することが重要です。


また、「ライバルがいる方が頑張れる」と言って、

いつの間にか仕事の目標が、相手を打ち負かす目標に変わってしまう人がいます。

頑張る理由の一つとしてライバルを持つことはよいことです。

しかし誰にも邪魔されない目標を作ってそれに向かって自分自身をライバルにして頑張った方が、

自分の限界を超える前に気づいてセーブできてよいです。

気持ちではなく行動を改める

気持ちを改めるのではなく、行動を改めましょう。

自分を責めてしまう人の中で、

自分の中でずっと葛藤して気持ちを改めることが努力だと思っている人がいます。

行動は変わってないことが多いです。

そして「こんな頑張ってるのに…」と努力が実らないことに疲れて、また自分を責めます。

気持ちは変わりやすいので行動を変えることに努力を向けましょう。


行動の数は決断の数です。

行動の数が増えて決断の数が増えると、1つ1つの決断のスピードが上がっていきます。

そうすると悩み時間より行動を改めた方が得られることが多いと気づくことができます。

その際、相手に好かれようとして行動を改めることのないように注意してください。

「誰からどう思われたいか」

が動機になっている場合、長続きしません。

あくまで自分の意思で行動してください。


急に行動を改めると、茶化して足を引っ張ろうとする人がいるかもしれません。

そういう人は、

本当は努力しなくちゃいけないことを分かっていてもできていなくて、

身近に実現できている人がいて自分の不安を煽られている、

その気持ちを排除しようとして足を引っ張ろうとしています。


だからといって完璧を目指す必要はありません。

完璧を求めて行動するのが億劫になるのなら、

はじめから60%くらいできればいいや。 という気持ちでやってみましょう。

自分を責めているときにセットでやるべきこと

自分を追い込まない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他人と比べない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

今まで成し遂げてきたことを紙に書き出す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment