適応障害に陥りやすい思考パターンと、症状が長期化した時の過ごし方

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「夫が適応障害と診断されました。

サポートしたい気持ちはあるのですが、どうしても理解できません。

適応障害になってしまう原因などが知りたいです。」

「適応障害で休職してしばらく経ちます。

何もしないのはいけないと思い、最近焦りや不安感が募ってします。

休職中の過ごし方で何かやるべきことなどはありますか?」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして適応障害になってしまうのか

  • 症状が長期化して動けない時にやるべきこと

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 適応障害に陥りやすい思考パターン

  • 適応障害を改善する上で大切な3つのポイント

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうして適応障害になってしまうのか

以前、本ブログで

「適応障害はもともと適応力が乏しい人ばかりがなるものではない。

むしろ前向きで適応力に優れているような人でも適応障害になりうる可能性がある。」

という話をしました。


もっと詳しい内容が知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

症状を悪化させる5つの思考パターン

適応障害になりやすい人は、ある特定の思考パターンを持っていることが分かっています。

それは以下の5つです。


①自分を否定的に評価する

②完璧主義者

③自分は無力だという思い込み

④1つ悪いことがあると全部悪いとみなす

⑤自分と他人の境界線が曖昧


では、順に説明していきます。

①自分を〇〇〇〇評価する

自分を否定的に評価します。

どんなに優れた長所があってもそれを否定的に捉えています。

「自分には価値がないから誰からも愛されない」

「自分のことなんか誰も助けてくれない」

という思い込みが加速することで結果的に行動が萎縮して、本当否定的な結果しか生まなくなります。


②完璧主義者

小さい頃、親から条件付きの愛情しかもらえなかったことが要因で、

「完璧にこなさなければ自分は認めてもらえない」

という思い込みが刷り込まれています。


やるべきことが増えすぎてパンクしてしまうと、

「完璧じゃない自分は無価値だ…」

と思って自分自身をサポートしきれなくなります。


③自分は無力だという思い込み

自分は無力だという思い込みがあるため、すぐに人に頼る癖があります。

  • 過保護な親に頼り続けたり

  • 支配的な親に、自己判断する機会を奪われたり

したことによって、

「自分は対処する能力がないから人に頼らないと生きていけない」

と思い込んでいます。


④1つ悪いことがあると全部悪いとみなす

うまくいかないことが1、2回続いただけで

「もう永遠に良いことなんか起こらないんだ…」

と思って諦めて絶望してしまいます。

目の前の良いことには目を向けずに、悪いことだけを見てしまう傾向があります。


⑤自分と他人の〇〇〇が曖昧

自分と他人の境界線が曖昧です。

相手の主体性を尊重する関わり方ができず、自分と相手の立場を混同してしまいます。


また、事実と自分の感情の境目も曖昧になりがちです。


  • 自分とは無関係のことに対して自分が原因だと思う

  • 自分に原因のあることを周りのせいだと感じる

  • 自分の感情だけで物事を勝手に決めつける

といったことがしばしば起こります。

適応できない人は〇〇が不安定

新しい環境にうまく適応できない人は、人との繋がりをスムーズに持つことが苦手です。

つまり、対人関係で問題を抱えやすいということですね。


愛着が不安定です。


「愛着」がよく分からないという方は、下記の記事にて詳しく解説していますので参考にしてみてください。

ご自身の子供の頃に当てはめて読んでください。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【6歳までがカギ】子育てに大切な『愛着』とは?/
~ Window to the mind ~

この愛着スタイルは、小さい頃の親(または養育者)との関係で土台が作られます。


小さな子供にとって初めて出会う「社会」が親(または養育者)ですので、

その関係に何らかの問題があると、大人になってからも他者との関係でつまづきやすくなります。


対人関係だけでなく

  • 物事の受け止め方

  • 行動パターン

  • ストレスへの耐性、敏感さ

なども愛着スタイルが強く影響していると言われています。

ネガティブ思考が癖になっている方は、下記の記事で改善法を紹介していますので、一緒に読んでみてください。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/クヨクヨ悩むのをやめるには【思い込みを変えよ/
~ Window to the mind ~

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【後編】ネガティブ思考をポジティブに変えるコ/
~ Window to the mind ~


なので、もし現在ご自身またはパートナーが適応障害と診断されている場合、

一度親との関係を見直してみることも、適応障害を根本的に改善・治療していく上で大切なプロセスの一つになりますので、ぜひやってみてください。

ストレスへの反応には3タイプある

不安定な愛着を持っている人は大きく3つのタイプ(安定型、不安型、回避型)に分かれます。


それをさらに細かく分類すると抵抗型と混乱型も加わるのですが、今回は説明は割愛させていただきます。


安定型、不安型、回避型、どのタイプの愛着スタイルを持っているかによって、

  • ストレスに対してどれだけ敏感か

  • ストレスのかかる状況でどう反応するか

が変わってきます。


この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

症状が長期化して動けない時にやるべきこと

現在のストレスへの適応度を知ろう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

生きがい度のセルフチェックテスト

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

変化の多い世の中で適応する2つのコツ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ストレスと向き合うのに役立つ3つの要素

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

適応障害の克服には家での〇〇〇が不可欠

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment