集団の会話が苦手な人の克服法

   

どうすれば集団での会話にうまく入れるようになるのか知りたい方へ。

一対一だと普通に話せるのに、5人以上になると会話に入れなくなる。

人数が増えると気を遣って自分を抑えて黙ってしまう。

ついでに、何かいい対処法があったら知りたい。 と考えていませんか?

どうすれば集団の会話にうまく入れるのか

察してほしいことを態度で伝えない

「察してほしい」ということを態度で伝えないようにしましょう。

自分が会話に入れなくてイライラしたり寂しい思いをしていることを

態度で伝えようとすると人間関係が壊れます。

察してほしいと思っているときは、自分の気持ちを話すのを恥ずかしいと思ってるときです。


「私のことをもっと知ってよ。もっと注目してよ。

でもそれを表現するのは恥ずかしいし、うまく伝えることもできない。

だから、言わなくてもそれを察してよ。

私は普段はこうだけど本当は違うんだよ。なんでそれを分かってくれないの?」

というように。


これは察してもらいたくないのと同じことになります。

わざわざ察して寄り添って悩みに応えてくれる人はごくわずかです。

自分の意見を積極的に打ち明けてこそ適切な対応がもらえます。

自分の意見を自分なりにきちんと表現できていれば、

自分は自分、他人は他人と割り切ることができるようになります。

そうすると他人は自分を図るための比較対象ではなくなるので

他人の発言を聞いてもイライラしたり避けたりする必要がなくなります。


「察してよ」ということが間違って伝わってしまうのが一番よくないです。

・自分にもっと注目してほしいからわざと嫌味を言ってみる

・自分をもっと知ってほしいからわざと難しい言い方をしてみる

など、自分が思っている通りに相手にも伝わるとは限りません。

伝えたいと思って発したメッセージを受け取った相手がそれをどう解釈するかまでは

コントロールできません。

察してほしいと思ったら態度で伝えるのではなくて自分の言葉を使いましょう。

みんなが公平かどうかをチェック

みんなが公平かどうかをチェックしましょう。

集団の中で飛び出て得をしている人がいると妬みの対象になりやすくなることがあります。

特に女性の集団の場合、この傾向が強いです。

また、努力していないのに得をしている「ひとり勝ち」状態だとさらに非難の対象になりやすくなります。

社会人であれば好きなように自分の人間関係を選ぶことができます。

どうしても苦手だと思うのならば付き合わないことが一番です。

こういう言い方をすると

「グループ内で人によって態度を変えて上下関係を無理やり作ろうとする人がいる」

と言う方がいます。

人によって態度を変える人は上下関係を常に意識していて、

自分が下の立場になることを恐れています。

自分が下のレベルに行かないように他人を利用することもあります。


本当のコミュニケーション能力とは「立場の強い人に従う態度」ではありません。

「態度がデカい=メンタルが強い」ということでもありません。

なので、人によって態度を変えて上下関係を作ろうとしている人の話は聞かなくて結構です。

何を言われても動じないようにし、みんなが公平かどうかを常に気にかけるようにしましょう。

事前に準備しておく

事前に準備しましょう。

なぜなら、不安が減って自信につながるからです。


・自分が話したいこと

・このメンバーと会ったらきっとこういう話題が上がるだろうな

・この話題だと自分はこういう部分に疑問を持つだろうな

ということを事前にメモしておきます。

そして必要であれば下調べもしましょう。

特定の話題に関する知識があるかないかでは入れる会話の量や質に変化が出ます。


もし自分が詳しくない話題で会話が始まって自分だけ入れないという場合。

「普通はこうだよ」と言われたときの「普通」とはその人個人の意見でしかありません。

また、「みんなそう思ってるよ」と言われたときの

「みんな」とはその人の周りの3〜4人にすぎません。

周りの人の常識に実態や根拠はありません。

なので、それに気を取られすぎて自分を見失わないように気をつけてください。


また、自分より経験のある人は度量もあるので、

「どうやって話そう…」「なんて切り出そうから」と悩まずにすぐに相談しましょう。

その際に「こういう質問が来たらこう返そう」というような練習をして準備しておきましょう。

集団の会話に入るときにセットでやるべきこと

一つの価値観だけに埋もれない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

冗談が過ぎる人とは一対一で話す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

情報の交換と情緒の交換のバランス

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment