【前編】あなたが知らずに持っている考え方の癖とは【修正法教えます】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

インスタグラムでこのような投稿をしました。


「他人から批判的なことを言われると、ひどく落ち込みます。

『自分は人から好かれない』と考えてしまうことが多いです。」

「相手の態度に敏感です。

すぐに『自分が何か悪いことをしたのではないか』と勘ぐって深読みしてしまう癖があります。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • 私たちが持っている考え方の癖とは【7種類をご紹介】

  • それぞれの考え方の癖の修正法

という内容で解説していきます。


以前、本ブログで「クヨクヨ悩むのをやめるには【思い込みを変えよう】」という記事を更新しました。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/クヨクヨ悩むのをやめるには【思い込みを変えよ/
~ Window to the mind ~

まだ読んでない方は良かったらチェックしてみてください。

本記事を読み進めていくにあたって、ぜひセットで読んでいただきたい記事です。


私たちが持っている思い込み(考え方の癖)にはいくつかの種類があります。

多くの人はそれに気づいていません。

そのことから負のループにハマり、抜け出せなくなっている方がたくさんいます。


本記事を読むことで

  • 自分がどの種類の考え方の癖を持っているか

  • どうやって修正していくことが望ましいのか

が明確に分かるようになります。

あなたが持っている考え方の癖【7種類あります】

ネガティブ思考は疲れてる時に悪化

人はある気分に陥っている時、その気分と一致するような記憶を思い出しやすくなる。

そしてあたかも「いつもそう」であるかのように思い込む。

傾向があるという話を以前しました。


(※詳しい解説は、「クヨクヨ悩むのをやめるには【思い込みを変えよう】」のプレミアム会員ページにて読むことができます)


このような思い込み(考え方の癖)は、

  • 仕事、育児などで疲れている時

  • 体調が悪くて弱っている時

  • 嫌なことが重なって余裕がない時

により顕著に現れるという、悪い性質を持っています。


以下に紹介する7つの考え方の癖のうち、当てはまりそうなものはいくつあるか考えてみてください。

7種類の考え方の癖 一覧

  1. 些細なことを大きく広げて考えてしまう

  2. 自分の関係ないことまで自分に原因があると考える

  3. 根拠がないのに焦ってネガティブに考えてしまう

  4. 事実ではなく自分の感情を元に、勝手に状況を判断する

  5. 「正しいか、悪いか」「敵か、味方か」など極端な判断をする

  6. 「~すべき」「~しなくちゃダメ」という考え方をする

  7. 自分の欠点を過大評価し、成功を過小評価してしまう


本記事では前編として、①~④の考え方の癖の特徴と修正法を詳しく解説していきます。

※⑤~⑦の解説は後編として下記の記事で解説しています

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【後編】ネガティブ思考をポジティブに変えるコ/
~ Window to the mind ~

些細なことを大きく広げて考えてしまう

例えば、今いる人間関係(学校の友達、ママ友、職場の同僚など)の中で1人との関係が悪くなった場合。


まるで

  • みんなから嫌われたかのように考えたり

  • 1つの出来事から
    「いつもこういうことばかり起こる…」
    「きっとこの先も同じことが起こるだろう」
    と考えてしまう


その他にも、職場で企画書のミスを数ヶ所指摘された場合。

まるで

  • 企画書全体にダメ出しをされたり

  • 今までの自分の努力を全て否定されたかのように考えてしまう

自分の関係ないことまで自分に原因があると考える

例えば、朝会社に着いて仲の良い同僚に挨拶をしたら、返事がそっけなかった時。

「あれ?私(俺)何かしたっけ?」と考えてしまう


相手の返事がそっけなかったのは、

  • 午後にプレゼンを控えて緊張していたかもしれない

  • 家庭でトラブルがあって頭がいっぱいになっていたのかもしれない

など色々な理由が想定できます。


そのような自分以外の要因には目を向けず、

「この間私(俺)が言ったあの言葉、あの時は笑顔で話していたけど、本当は怒っていたに違いないな…」

と深読みしてしまいます。

根拠がないのに焦ってネガティブに考えてしまう

例えば、先日ランチをしたママ友からメールの返信がこない時。


以前紹介した「下向き矢印法」で考えてみると以下のようになります。

ママ友から返信がない
   ⬇︎
「私は〇〇さんを怒らせたのかもしれない」
「きっと私は嫌われたんだなあ」
   ⬇︎
「どうせ私は人から好かれないから」

という極端な考えが頭に浮かんでしまいます。


この考えにはっきりとした根拠はありません。

それなりの根拠があってそう考えているように思っている方が多いのですが、実際には

「自分の思い込みの正しさ」を証明するために勝手に頭の中でシナリオを作っているだけ

ということがよくあります。

自分の感情を元に、勝手に状況を判断する

例えば、パートナーとうまくいかず口論になった時。


「こんなにイライラするのだから、きっとよくないことが起きるに違いないわ」

「私(俺)がこんなに辛い思いをしてるのだから、相手は悪い人だ」

などど、事実ではなく自分の感情やその時の気分で判断を下してしまいます。


特にもともとネガティブ思考を持っている人は、「不安・怒り・焦り・悲しみ・落ち込み」などの感情が生じやすくなっています。


その感情を生み出す ” 材料 ” として、さらに根拠のない考えを頭の中で巡らせるので、もともと持っているネガティブ思考を助長することになります。

それぞれの癖のどうやって修正していくか

否定された部分だけに注目する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

頭の中で円グラフを作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

思い込みを証明する証拠を集める

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
One Comment

Add a Comment