不安障害が治らないのはコツを知らないだけ!パニックを抑える対策法

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「不安障害は治らないのでしょうか?

夜中になると不安で泣いてしまいます…

普通に過ごせるようになりたいので、何か良い方法があったら教えてください。」

「不安障害を持っていて、今くらいの季節の変わり目に発作がよく出ます。

薬は飲んでいますが、発作が出ると周りに迷惑をかけて情けないし悔しい気持ちになります。

健康になりたいです。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして不安障害がなかなか治らないのか

  • 発作を軽減して不安障害を克服するためにやるべきこと

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 不安障害が一向に治らない原因

  • 薬に頼らずに根本的に不安障害を治す方法

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうして不安障害がなかなか治らないのか

間違った思い込みが発作を悪化させる

不安障害の中には

  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

  • パニック障害

  • 強迫性障害

  • 広場恐怖

などが含まれています。


現在、薬によって発作を抑えているという人もいるかもしれません。


でもそれは、風邪薬を飲んで咳や鼻水などの症状を一時的に抑えるのと同じことなんですね。


風邪を治すためには、まず体力を回復させて薬を飲まなくても症状が出ないようにしますよね。


不安障害でパニックに陥った時も同じように対処していきます。


本来は不安や恐怖の対象ではないものに対しても、過剰に反応してしまう「間違った思い込み」を直す

ということが重要になってくるんですね。


この「間違った思い込み」というのは

ちょっと心臓がドキドキしただけで

「死んでしまうのではないか…」

と感じたり、


「次の発作がまたすぐにやってくるのではないか?」

と悪い方にばかり考えたり、

というものです。


言ってしまえば脳内のセンサーの誤作動なのですが、不安をどんどん大きくしてしまう反応が癖になっています。


マイナス思考の極端な形ですね。

レッテル剥がしで行動範囲を広げよう

それほど危険ではない場所や状況に対して

「これは危険なものだな…」

とレッテルを貼って、長い年月そのままにしてきている人が多いです。


そのため、特定の場所や状況に対して

「それが本当に危険で怖いものなのか?」

の判断をする前から瞬時に「危険」というレッテルを貼って、その場面を避けるような行動が増えていくんですね。


こういった間違ったレッテルを剥がすためには、

  • ある場面に対するあなた自身の接し方がどういうものなのか

  • 今まで自分が貼っていた「危険」レッテルは実は正しくない

ということを発見して理解する必要があります。


不安障害でパニック発作を起こしやすい人は

  • 快速電車に乗って遠く離れた目的地まで行くこと

  • スーパーのレジを待つこと

などに恐怖を感じることがあります。

跳び箱の前で体がすくむ子供に似ている

例えば、みなさんも小学生の頃に体育の時間に跳び箱の練習をしたと思います。


現在、ご自身のお子さんがやっているという方もいるかもしれませんね。


一人で快速電車に乗ることを避けたりスーパーでのレジ待ちを避けたりする行為は、

「五段積みの跳び箱の前でなぜか体がすくんでしまう子供」

とよく似ているんですね。


他の子供に比べてジャンプ力が劣っているわけでもないのに、跳べないことを恐れているのです。


まず大切なのは一段の跳び箱で練習を始めることです。

それがクリアできると本人の自信につながります。


次は二段積みの跳び箱、その次は三段積みの跳び箱を跳ぶことによって、だんだんと体が跳び箱を越える時の感覚を身につけていきますね。


そうすると

「今までに抱えていた不安は間違っていたんだ!」

ということに気づくことができるのです。


これと同じように、快速電車で途中下車せずに目的地にたどり着くというゴールを設定したら、

「まずは1つ隣の駅まで普通電車で行くこと」

から始めれば良いですよね。


不安障害の症状は、ある日突然パッタリとなくなるものではありません。


長距離レースというよりもアップダウンのある長い山歩きに似てるんですね。


だからこそ今から改善に向けて努力を始めないと、5年経っても症状は良くなりません。


むしろ予期不安や広場恐怖が強くなって、うつ病に移行する可能性が高くなりますよ。


不安への耐性がつけば行動範囲も広がって、それだけ自由のある幸せな人生が歩めますからね。

発作を軽減して不安障害を克服するためにやるべきこと

特定の状況に自分を〇〇〇レベルを上げる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

目標達成には〇〇〇〇ステップが大原則

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

最低週3回その場面に直面して恐怖に〇〇〇

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

その場しのぎの不適切な考え方を変えるコツ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

同じ状況に遭遇した時に〇〇の正体を考える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment